あっ~、やっちゃった!!

2017・06・23


ポッキンと。



21日は、全国的に大荒れの一日。
思わぬ被害が続出した模様です。
当地は、夜半から明け方にかけてかなりの雨量がありましたが、畑にとっては恵みの雨となりました。

久しぶりのお湿り 「一息ついた~」 って、思っている事でしょう。

棚つくりのミニトマトたちも、やっと肥料過多からの暴れもおさまってきた様子です。
脇芽を摘み、摘葉、支柱へ誘引も怠りなく。

ところがです。
「あっ~。」 思わず大きな声が出ちゃいました。
大事な頂点の芯を 「ぽっきん~」

1-IMG_3818.jpg

2-IMG_3819.jpg

芯を止めてしまったら、伸びようがないではないですか!!
棚までもう少し。
頑張って伸び上るのを願っていた子達なんです。

それも、今年楽しみにしていた品種 「桃ほのか」ちゃん。
ピンクのトマト。楽しみにしてたのにな~。
1-IMG_3828.jpg

残念です!!


いよいよ、トマトも本格的に収穫が始まりました。

3-IMG_3834.jpg

4-IMG_3835.jpg

3-IMG_3821.jpg

何時だったか。
テレビで放映していた 「美味しいトマトの見分け方」
トマトの表皮の下に現れる「放射線状のすじ」が出ているトマト。

落葉床の畝の大玉トマトに、かなりの確率で出ているのです。

嬉しい期待が持てそうです。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あ、惜しいこと!

でも、大丈夫!

脇芽を利用して新替えしてみたらどうでしょうか?

ん?脇芽は既に切り取った後?

どこからか出てくると思うんですが・・・

他のトマトは大豊作ですね。

干ばつ気味の天候が幸いして、

さぞかし濃厚な味の美味しいトマトなんでしょうね♪

片手にキュウリ!!

ポッキンの原因は、横着をしたのです。
キュウリの収穫後、通りがかりに 「あっ、伸びてる」と、手を伸ばしたのでした。大切な仕事はもっと真剣味をもって 。反省です。

トマトの育ちは、菜園を始めて以来一番良いように思います。
窒素の効きすぎの暴れもなく、カルシュウム不足の尻ぐされもなく、このまま行けば10果房?。なんて欲張った考えを起こしてしまいそうです。
第1果房着果後に消石灰を株元に置き、先日成長点あたりが貧弱になったので追肥を施しました。
この畝で、来年もトマトを栽培してみるつもりです。
落葉床の効果は、1年目より2年、3年目の方が良いとの事。
ナス科の連作可能と出ていました。

昔の農法恐るべし!!

お味の方は、最近の長雨で落ちるかもしれませんね。
品種によって、お味はずいぶん違いますもんね。

でも、とっても楽しみです。
MYブログ来訪カウンター
プロフィール

むぎわらくんちゃん

Author:むぎわらくんちゃん
私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR