FC2ブログ

Entries

トマト苗定植

2017・04・20



トマト苗ごぼう抜き!!



2月17日 プラグトレイに種蒔き後、踏み込み温床で育苗。
3月15日 プチプチ温床内へ移植。

第1果房が咲き始め、草丈も50㎝位のひょろ苗に育ってきました。
  (故 井原豊さん「ビックリ教室」トマトの寝かせ植え栽培参照)

今日は、落葉床、納豆菌液散布後透明ビニールマルチで寝かせていた畝に定植です。

1-IMG_3295.jpg

3-IMG_3300.jpg
ごぼう抜きにした苗、土に埋める部分の葉っぱを切り落としました。

4-IMG_3302.jpg
殆ど真横に寝かせて植え付けました。
植え付けた上を踏みつけて鎮圧も。

5-IMG_3306.jpg
黒色寒冷紗で、遮光しておきました。
明日には、トマト苗が頭を持ち上げて来ると思うのですが。

ごぼう抜きにした苗は、樹勢が抑えられ初期生育が穏やかになるとの事です。
寝かせて埋めた茎の節々からは、根っこが発生し根量が増え生育が良くなるという事です。
毎年、実生の購入苗は寝かせ植えを行っていますが、このひょろ苗がどう成長するのか楽しみです。

第1果房の花には、トマトトーンをひと吹き。確実に着果させたいのです。





スポンサーサイト

コメント

[C1091] 生命力

現代農業の記事はとても参考になります。
なんといっても現場での実践ですからね!

種から育てるときには細心の注意が必要なはず。
しかし、本来の生命力を引き出せば
それこそ立派に丈夫に育つんですからね。

移植時に貧弱と思われる苗を畝間などに捨てたりしますが、
2~3日後に行ってみるとちゃんと生きてたりします!
丁寧に植えたものが枯れたりしてるのに不思議ですよね。

結局、「良かれ」と思ってやってることが
実は作物にとっては「ストレス」となっているんでしょう。

作る楽しみが沸々と湧いてきます(^^♪
  • 2017-04-20 22:22
  • マコロン
  • URL
  • 編集

[C1092] 育てる楽しみ!!

ゴマ粒ほどの種から、双葉が出て本葉が広がり条件さえそろえばぐんぐんと育って行く。
そのお手伝いをしているわけですが、その過程がとっても楽しみです。
今年の果菜類の苗は、予定本数の半分は種蒔きで行ったので、上手く適期に苗が出来上がるのかと心配でした。
国華園に頼んでいる苗たちはまだ届いていないのですが、自家育苗のトマトは、先に定植の運びになってしまいました。
少し早い分、色々な気遣いが必要になりました。
手探り状態での育苗でしたが、何とかものになった様で嬉しいです。
知識がないという事は恐ろしいもので、なにに注意を払えばよいのか?何が大切なのか?あれこれ試行錯誤の育苗でした。
 回を重ねるごとに、経験から得るものもあることでしょう。

マコロンさんのブログ記事からも、いろいろ勉強させて頂いております。感謝です。
  • 2017-04-21 22:32
  • 麦わらくんちゃん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mugiwarakunchan.blog.fc2.com/tb.php/1041-cf41a462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

Extra

MYブログ来訪カウンター

プロフィール

むぎわらくんちゃん

Author:むぎわらくんちゃん
私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR