FC2ブログ

Entries

夏野菜も終わりに。




畑も、次作の為の土作りをする時期になりました。

マクワウリの青十六、ゴーヤも撤去です。

マクワウリをジャムにしては?


煮詰めるのに時間がかかりましたが、こくのあるジャムに仕上がりました。

ゴーヤは佃煮に。



さとう、醤油、酢を煮たて、湯通ししたゴーヤを煮詰めました。
カツオ節が無かったので、干しエビを仕上げに。
干しエビの風味が効いて、かえってよかったかな!

スポンサーサイト



完熟!!

2019.08.21


やっぱり、コロッとでした。



ころたん。
完熟すると、つる首から「コロッ」と離れましたね~。
追熟しなくてもチョー甘い。
ただし、食感は少し固めかな?

重量は、1キロとちょっと。
1株に20個もなってくれて、上等な出来ですよね。

IMG_7804-001.jpg

IMG_7805-001.jpg


なんと!!
2番なりのころたんが、受粉もしないのに2個着果していたんですよ。
しばらく見ない間にでっかくなっていました。

新しいつるが覆いかぶさるように伸びています。
切り落として、明るくしてやりましょうね。

IMG_7810-001.jpg

IMG_7809-001.jpg






ネギの定植

園芸ボランティア先の畑では、主にニンニクとキクイモを栽培してますが、じゃがいも、玉ねぎ、さつまいも、太ネギなどの野菜も栽培しております。

仮植えしていた太ネギの苗が、かなり大きくなってます。
早く定植しなきゃあ~。
畑の準備などで、遅れてます。

今日、早朝から始めた。
一人です。


苗を掘り上げ選別して。
一年生揃い。
加湿に弱いので、立てかけたネギの根っこが隠れるくらい土をかけて、乾燥予防にパークかけておきます。
新ねがでるまで待ちましょう!
秋には、何度か土寄せをして軟白部分を作ってやります。

「美肌一本ネギ。」下仁田ネギの遺伝子をもった「ネギ奉行」

昨年は、有機の八百屋さんにも大人気でした。

軟弱苗

少し早いかな?って種まきした苗達が、定植できる大きさになったようです。
あまりの暑さに、寒冷紗を掛けての育苗だった為かしら、軟弱苗になってしまいました。
キャベツ、白菜、ブロッコリー系です。



明日は雨模様のようだから、寒冷紗はかけないで来ました。
ガンガン照りになるようだと、活着するまで大事にしてやらなくてはね。
このフニャフニャの苗達、頑張れるか心配です。

切ってみました

昨日の夕方、送り火を焚きました。

お供えにと、少し早どりしたころたんを切ってみました。

どうかな~?



香り良し、味よし。
大成功‼️

離層が出来て、つる首がコロっと取れて収穫したころたんは、もっとジューシーな筈です。

後、16個。
日頃、お世話になっている方に食べていただきます。

黒ニンニク

もう何年になるかしら?
栽培したニンニクは、殆ど黒ニンニク作りに使います。

2釜目が出来上がりました。
簡単なんです。
炊飯器で8日ほど保温して置くだけ。
ただ、匂いが物凄いので外に置いてます。



ジャンボニンニクでも作ってみました。
ホワイト種のニンニクようなねっとり感が無く、少しシャキシャキ感があります。
甘さは、ジャンボニンニクの方が優ってる?
美味しいです!

台風10号来襲!!

2019・08・14

台風対策



猛烈な台風10号が、西日本に上陸して来るとの事。
昨年の台風21号の記憶がよみがえってきます。
朝から強い風が吹き始めていました。
まだ強風域にも入っていないのにねえ。

ミニミニハウスが吹き飛ばされないように!!
ビニールが吹き上げられないようにと、ネットで抑える工夫をしてみました。
これから収穫のころたんが、育っているんですもんね。

IMG_7799-001.jpg

IMG_7803-001.jpg
夕方には、ビニールをすべて下ろしてきました。
日中、閉め切ったら蒸れてしまいますもんね。
暴風雨圏内に入る明日が心配です。

IMG_7796-001.jpg
植え付け適期のタイニーシュシュ(白菜()、よか丸)(キャベツ)などの苗も避難です。

IMG_7800-001.jpg
まだまだなり盛りだったなすも、強剪定です。
強風に耐えられるように。

IMG_7801-001.jpg
雄花雌花が咲き始めたトウモロコシ。
倒れないように、支柱で支えてやりました。

きゅうり、ニガウリなども強風に振り回されてお終いになることでしょう。

どうぞ、大きな災害が起きませんようにと祈ります。




お盆のお供え物

今日は13日。
お供え膳を作り迎え火をたきました。

道を間違えてないように帰って来て下さいね。



初収穫のころたんもお供えしました。

ころたんの収穫

2019・08・12


お盆のお供えに!



受粉から56日目。
ころたんを収穫することにしました。
まだ、つる首の離層は出てないようだけども。
こんなに、ワクワクしながら育ちを楽しんだのは初めてです。

「初めて手掛けたネットメロン! うまく育ったよ」
って、仏前にお供えしました。
ちょうど、お盆ですもんね。

IMG_7787.jpg
IMG_7792.jpg

重量を計ってみると、1050グロムありました。
これで美味しかったら言うことないんだけれどね~。
1週間ほどおいて、切ってみましょう。

楽しみ‼ 楽しみ‼


畝間に水を!

2019・08・10


畝間に水をためて!



最高気温が37度にもなると、息苦しいほどの暑さです。

畑の子たちも、日中はぐったりしてます。
暑さ対策にも限度がありますよね。

水を欲しがる里芋、なす、黒豆には、畝間に水をためてやってます。

IMG_7779.jpg
IMG_7786.jpg
樫の木の剪定くずを里芋の畝間に敷き詰めて乾燥防止に。
6月に敷き詰めた生木の枝葉も、12月ごろにはバーク堆肥並みになってきます。

IMG_7781.jpg
黒豆
IMG_7783.jpg
なす

IMG_7785.jpg
メロンと秋トマトのミニミニハウスにも日よけネットを。
通路に水を撒いて、乾燥対策です。

IMG_7784.jpg
タイニーシュシュ(白菜)、よか丸(キャベツ)のポット苗は、黒寒冷紗を2重にかけて、厳しい日差しをカット。

14日~15日頃、台風10号が西日本に上陸するとのことです。
「どうぞ、お静かに通り過ぎてください。」と願うばかりです。

まだかなあ!

2019.08・08


ころたんの収穫適期?


ミニミニハウスの中のころたん達。
ぼつぼつなんでは?

収穫適期は、受粉後45~50日なんだそうです。

最初の受粉日が6月16日。
その後、19日、23日、24日と続きます。

16日の子が今日で53日です。

まだかなあ~?
IMG_7773.jpg

IMG_7769.jpg


IMG_7770.jpg
つる首のところに、離層が現れるとのことですが。
お尻の部分も、結構分厚くなってきましたが。
まだ、メロンの香りはしてません。

色は写真の色合いに近いですよね。

ころっ。
と、落ちるのを待った方が良いのかなあ?

悩んでいます。




秋野菜苗のポット上げ!

2019・08・04


留守にするので!!


少し早めに秋野菜をプラグトレイに種蒔きしてます。
小さめながら、本葉が2~3枚に育ってます。
2日ほど留守にするのだけど。
この子達?、どうしておいてやったものか?
37度もなる猛暑の中です。

ポット上げして寒冷紗の下で過ごさせれば大丈夫なんでは?
IMG_7746.jpg

白菜(タイニーズシュシュ)
IMG_7758.jpg

キャベツ(よかまる)
IMG_7757.jpg

スイートフラワー、アレッタ、白軸ケール
IMG_7756.jpg

マツチャン(韓国かぼちゃ)
IMG_7755.jpg

まだ少し早いかなと思いつつ、作業をしました。
これなら、水やりの心配もなく留守にできるでしょう。

頑張っててな!!

太ねぎの定植

2019・08・01


病気持ち&太りすぎ



何のことだと思います?

太ねぎの苗のお話です。
毎年、種まきは3月下旬、苗の定植は7月下旬としています。
今年のねぎの苗は、めちゃメタボになちゃって!
それも、べと病が発生して、なかなか治まりません。

梅雨明けを待っていたら。
なんと、今日も最高気温36度。
当分続くようです。

仕方がないので、思い切って植え替えを行いました。
IMG_7738.jpg

IMG_7739.jpg

IMG_7740.jpg
9M畝2本。
美肌1本ネギ、ネギ奉行(下仁田と1本ネギのかけ合わせ品種)
古い切りわら、落葉を植え付け溝に敷き詰めました。

もう少しで食べられるほどの大きさです
大きければいいという問題ではないんですよね。
無事に活着してくれればよいのですが。

さあどうなりますか?









Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

Extra

MYブログ来訪カウンター

プロフィール

むぎわらくんちゃん

Author:むぎわらくんちゃん
私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR