FC2ブログ

Entries

トマトの着果!

2019・04・27


順調です。


今年育苗したトマトは、大玉トマト(麗夏、桃太郎、桃太郎ゴールド)、中玉(シンディースイート、シンディーオレンジ)
ミニトマト(こくうまチェリー)の6種類です。
1月16日種まき、2月5日ポット上げ後、踏み込み温床内で育苗してきました。
鉢ましをしながら第1果房が咲いた4月7日、畑に定植しました。
毎日、温床内の気温に気を配りながらの育苗でした。

でも、今日のように北西の風が強く、気温が低いと早植えした苗が傷んでしまうのではと気がもめます。

赤ちゃんトマトがついたシンディーオレンジさん。
IMG_7385.jpg

IMG_7388.jpg

2本仕立てのミニトマトのこくうまチェリー。
第1果房の下の脇芽を伸ばして4本仕立てにします。
IMG_7383.jpg

ハウス内の桃太郎。
IMG_7389.jpg

IMG_7392.jpg
今年で4年目の連作です。
第1果房が付き始めたころから暴れ始めました。
トマトトーンで強制着果させ、葉先をちぎったりしたところ何とか収まりました。
ハウス内なので、水を絞って育てています。
露地植えより少し早く収穫ができそうで楽しみです。

秋に落葉をどっさり埋め込んで、落葉床にしているせいか連作障害は今のところ出ていません。
全て実生の自家苗なんです。
果菜類の中で、一番ご機嫌が取りにくいのがトマトさんです。
今年はどうかなあ~。

放課後デイの子供たちが楽しみに待っています。
頑張りましょうね。







スポンサーサイト



夏野菜の育ち!

久しぶりに、記事をアップしました。
まあ。なんという事でしょう。
追記の編集
の欄に本文を書いてしまいました。

追記を読むをクリックして下さい。
よろしくお願いいたします。

続きを読む

枝豆の定植

2019・04・12


枝豆の根切り植え


豆類大好きなんです。
枝豆はもちろんトウモロコシ、落花生、黒豆、インゲン豆、シカク豆・・・・・・・。
収穫後すぐに糖度が下がり始める豆類。
作付していればこその美味しさなんですよね~。

早生枝豆の苗が定植適期になりました。
IMG_7303.jpg

収量が増えて甘くなる!!
枝豆の根切り植え栽培を試してみることにしました。

根鉢を3分の1に切り詰めて植え、細根を増やす。
細根には根粒菌が良くつき、水分やリン酸成分をよく集める。


IMG_7309.jpg
IMG_7310.jpg
IMG_7314.jpg
さすがに、バッサリとは切り詰めることができませんでしたがね~。

IMG_7315.jpg
まだ朝晩は冷え込みますね。
ビニールトンネルをかけてやった方が良かったかな?


2月に早植えしたトウモロコシも、ビニールトンネルにつかえる様になり外しました。
一番手。
IMG_7300.jpg

2番手。
IMG_7301.jpg

アワノメイガの発生する前に、収穫できるのではと楽しみにしています。
収穫直後のトウモロコシ! めちゃ美味しい!

最終鉢まし作業

2019・04・09


踏み込み温床内では!


トマトの苗も順調に育ってきました。
もう、花をつけ始めています。

第1果房が咲いてきたら、定植するつもりでいます。
でも、まだ気温が安定しないので、外気温に晒されるといじけてしまいそうです。

さあ、どうしよう!!

根鉢も一杯になっているようだし。
もう一回り大きいポットに、鉢ましして4月下旬まで待ちましょうね。

IMG_7288.jpg

IMG_7289.jpg

IMG_7294.jpg

IMG_7295.jpg
つるなし奴

鉢まし後、また温床に戻しました。
連休まで待っててや~。




しょうがの植え付け

2019・04・06


里芋と抱き合わせ植え!


里芋を3月13日植え付け、地温アップのため透明ビニールでマルチをしています。
しょうがを植え付けるため、マルチを剥がして見るとかなり温まっていました。
サトイモの位置を確認。
すでに、根っこが伸び始めていました。

里芋は、かなり深くに植え付けます。
しょうがは浅めです。
位置をずらせば競合することなく、里芋の葉陰でしょうがが良く育つのです。

今年も上手くいきますように!
IMG_7279.jpg

IMG_7278.jpg


IMG_7280.jpg

IMG_7284.jpg











苺の垂直栽培

2019・04・05


はじめの一歩!



春らしい日差しの一日でした。
果菜類の畝つくりも、もう少しで終わります。
野菜によって、元肥の種類、量、深さを加減しながら元肥一発方式で畝を作りました。
大体において、地温を上げるため透明ビニールをかけて寝かせています。
定植時に黒マルチに変えるつもりです。


やっと。
イチゴの葉っぱが10センチほどに伸びたので、ひもで挟んで葉を立てる工夫をしました。

葉を立てることで、オーキシンが根にまっすぐ降りていき、根の伸長を図る。
細根の先端で作られるサイトカイニンやジベレリンの活性が高まり地上部の成長が良くなる。
エチレンの生成量も増え、うどん粉病の心配がなくなる。

と言う事なんだそうですが、さっぱり理解できませんです。

IMG_7273.jpg

IMG_7277.jpg

IMG_7275.jpg

成長が進んで、伸びてきたランナーもすべてを垂直に吊り上げるそうです。

植物は、新芽が出るとそのだけ根を出すので、ランナー(新芽)すべてを残すと根の量が増える。

こんな栽培法は初めてです。
他の野菜、ダイコン、トマト、ナス等などにもこの垂直栽培がおこなえるようです。
春大根で試してみようかな?



トマト&苺の花

2019・04・02

可憐な花たちです。

真冬並み?
冷たい日が続きます。

ハウスやトンネルの中では、野菜の花たちが可憐な姿を見せてくれ始めました。

IMG_7258.jpg

IMG_7259.jpg
大玉トマト桃太郎。
少し肥料が効きすぎて幹が太くなり暴れ気味ですが、第1果房を着果させれば何とかなるでしょう。
今日は、トマトトーン(ホルモン剤)をシュッとひと吹きしておきました。


初めて手掛けたイチゴさん。
この寒空のなか、可憐な花をたくさんつけ始めています。
IMG_7266.jpg

IMG_7265.jpg

さてこれからが、手掛けたいと思っている垂直仕立て栽培の始まりです。
野菜達が体内で作り出す食物ホルモンを最大限に生かす。
まずは、葉が茂り始めたらひもを張って茎を上に起こすことから始めましょうか。
ランナーが出てきたら、それも上に上にと誘引し垂直に伸ばします。

さあ、どうなるんでしょう。
お楽しみです。

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

Extra

MYブログ来訪カウンター

プロフィール

むぎわらくんちゃん

Author:むぎわらくんちゃん
私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR