FC2ブログ

Entries

すごいなあ!!

2019・01・30


発酵熱!!



今日で1週間。
予備発酵から、枠に踏み込んでの期間です。

暖かい日差しの中、厳重に保温していたシート類を剥がして見ました。
なんと、65度、落葉も菌糸で真っ白。

思わず 「大成功」 って叫んじゃいました。

IMG_6934.jpg

IMG_6938.jpg

これから、温度が30度まで落ち着くまで待って種まきしたプラグトレイを置きます。
もちろん、トマトさんたちもです。

IMG_6939.jpg
畑の土を5センチほど載せました。
穏やかな温度が届くはずです。

IMG_6940.jpg
醗酵で落葉が沈んだ分のかさ上げに、稲束を並べてみたのですが?
いいのか悪いのか?
落葉の床が低いと、側面にさえぎられて太陽光線が届きにくくなるんではと思ったのです。

IMG_6941.jpg
こんな感じかな?

IMG_6943.jpg
しっかりと覆いをして、しばらく様子を見ることにしました。

適温を待って種をまきましょう。
キャベツ、コールラビ、小物野菜類が最初かな?






スポンサーサイト

干し野菜

2019.01.29


干しイモ&切り干し大根

時間のある日のお仕事は?
干しイモや切り干し大根つくりで~す。

寒さが厳しいこの時期は、野菜がとっても甘くなります。
体が凍らないように、糖分を作るんですって。
「賢いなあ!」 って、いつも思っちゃいます。

我が家のサツマイモの保存は、一番暖かい場所。
冷蔵庫の上です。
新聞紙にくるんだイモを段ボール箱に詰めて上げてます。
紅はるかや安納芋は、今まで置くと、ねっとりとした甘みになるんです。
まして、干しイモにすると絶品なんですよね。

IMG_6920.jpg

IMG_6918.jpg

明日は、お客様です。
お茶うけに出しましょう。

IMG_6932.jpg
そして、ダイコンも甘くなりますよ。
でっかくなり過ぎた大根を選んで切り干しにしました。

友人からプレゼントされたこの干し網。
優れモノですね~。
風が通るので、ざるで干すよりも早く乾きます。
そして、虫予防にもなりますもんね。
重宝してます。

「そんなこと誰でも知ってる。」 って?
ですよね~。

私、田舎でやってた方法。
箕に並べて干してたんです。
でもね、大量にやる時はいいんですよ!!



ヤーコン収穫!

2019・01・27


えっ、ヤーコンにネコブセンチュウ?



寒さに強いので、畑に置いたままにしていたヤーコンです。
早く掘ってやらないとね。

驚きました。
これってネコブセンチュウだよね。
それも、イモにまでも。

IMG_6927.jpg

IMG_6926.jpg

IMG_6924.jpg

今まで、長い事ヤーコンもさく付けしています。
ほんのりとした甘さで、ナシのようにシャキシャキした食感で美味しいのです。
プラグオリゴ糖が多く、健康食材なんですよね。

でもね~。
この畝にも、ネコブセンチュウが出たとなると・・・・・・。
対策を考えなくてはね~。

困ったなあ!!

2019年春作作付予定表

2019・01・25


今年の春作予定表



寒い時期の仕事です。
種の整理や、植え付け予定を立てるのも楽しみなものです。
実際には、予定通りにはいかないことが多いです。

s.png

今年も、病気の出やすいなすやトマト予定畝は落葉床にしました。
昨年も、なすに半身萎凋病が1本、ネコブセンチュウが1本でました。
かなり、土作りには気を使っているつもりなんですがね。


踏み込み作業

2019・01・24


踏み込みました。




昨日、予備発酵を確認した落葉を踏み込みました。

覆いを外すと、湯気がほわ~んと。
温度は、場所によってまちまちでしたが低いところでも40度でしたね。
内側の方では、菌糸が白く発生していました。
順調な証です。
醗酵のにおいが充満してます。 ”いい香り”です。

IMG_6906.jpg

IMG_6907.jpg

本当は、コンパネ一杯にしたかったのだけど!
落ち着くと、少しかさが下がりますもんね。
ちょっと足りなかったな~。
IMG_6908.jpg

保温素材で覆い、醗酵を待ちましょう。

いよいよで~す。


予備発酵 52度!

2019・01・23


上出来じゃん!



嬉しいな!!

19日に手掛けて4日です。

ビニールなどを剥がして見ると、ゆけむりがほわ~ん!!
温度計を差し込むと、グングン上がり52度を指しました。

上出来です。

IMG_6899.jpg

IMG_6900.jpg


明日は、コンパネの枠の中に踏み込みましょう。
藁で防寒用の囲いを作りました。
IMG_6898.jpg
この中に、予備発酵をした落葉を踏み込んで、温床を作りの仕上げです。

トマトさんたち、もうすぐお引越しだからね。
ほんわかと、暖かいよ~。


発芽しました。

2019・01・21


ちょっと、徒長気味です。



1月16日、プラグトレイに種蒔きしたトマト4種、なす2種、ブロッコリーの芽がいっせいに発芽しました。
早いもので3日、高温を必要とするなすが少し遅れて。
嬉しい~です。
でもでも、ぴよ~んと間延びしてますね~。
でも、発芽がそろっただけでも、良しとしましょう。

IMG_6858.jpg
麗夏(れいか)、桃太郎ゴールド
IMG_6847.jpg
こくうまチェリー(ミニ)
IMG_6846.jpg
シンディースイート、シンディーオレンジ(中玉)
IMG_6849.jpg
白なす、庄屋大長
IMG_6845.jpg
ブロッコリー

夜間の温度が高かったの?
大体20度で推移。
昼間は、お日様が当たると30度にもなっています。
IMG_6855.jpg

畑の踏み込み温床が出来上がったら引っ越ししましょうね。
ほんわかと居心地よいと思うよ!!

冬の窓辺では!!

2019・01・20


シクラメン



今日は大寒。
外は久しぶりの雨、乾燥注意報の日々でしたからほっと一息ですね。

今年のシクラメンは、真っ赤なフリルが見事です。
友人からのクリスマスプレゼントで、超うれしく大事にしています。
私、花の中ではシクラメンが一番好きなので~す。

シクラメンさんは、居心地が良いらしい出窓で見事に咲き誇っています。
見てやってくださいな!
IMG_6817.jpg


IMG_6814.jpg

外では、ガーデンシクラメンも。
寄せ植えの色合いが気に入ってます。
IMG_6826.jpg


窓辺で冬越しの子たちも元気です。
多肉ちゃんたちです。
アルバムにリンクしております。
多肉ちゃんたちの文字をくりっくして、ご覧になってくださいませ。


予備発酵!

2019・01・19


踏み込み温床作り



今日の気温は12度とか。
ポッカポッカの穏やかなお日和で、気持ちの良い畑日和でした。

ぼつぼつ、苗立て用の温床を作りましょう。
今年も踏み込む前に、枠外で予備発酵を行うことにしました。
予備発酵をすることで、踏み込んだ時の醗酵むらが起こらないそうです。

大量の落ち葉。
友人知人も、手伝っていただき大量の落ち葉が集まっています。
本当におかげ様です。
IMG_6802.jpg

もみ殻、米ぬか、油粕、尿素が発酵の助っ人です。
IMG_6801.jpg

混ぜ混ぜ!!
お水もたっぷり!!
IMG_6803.jpg

IMG_6804.jpg

IMG_6807.jpg

保温のために、プチプチなどの保温資材で覆います。
農ビでしっかりカバーして出来上がり。
4日ほどで60度くらいまで醗酵してくれると嬉しいんです。
木枠に積み込みかえて、温床の出来上がり!!

結構、時間がかかりましたね~。
くたびれました。







2019年 初種き

2019・01・16


果菜類&葉物類



20日は大寒!!
この冬最強の寒気が下りてくるそうです。

定植時まで暇のかかる果菜の種まきをの始めました。
とまと、なすの苗は、第1果房の花が咲き始めたら畑に定植します。
発芽適温は20度から30度まで。
あんか、発泡スチロールの箱2重に、日当たりのよい窓辺に透明ビニール。
20度前後を保っているようです。
目が離せない日々になる予感!!
IMG_6778.jpg

IMG_6784.jpg
トマトは、F1こくうまチェリー(ミニ)、F1麗夏(大玉)、F1桃太郎ゴールド、シンディースイート、シンディーオレンジ(中玉)
なすは、揚げてトルコ(白なす)、庄屋大長

今月末には、踏み込み温床を手掛けるつもりです。
温度が上がってきたら、引っ越しさせてやりやりましょう。


そして畑では。
小物野菜の種まきを行いました。

不織布、農ビ0.5、黒マルチなどを利用しての初種まき。
サラダ小松菜、ルッコラ、サニーレタス、サラダレタス、パリパリりレタス、こかぶ。

少し早かったかな?
IMG_6785.jpg

IMG_6788.jpg

種の準備

2019.01.14


種の準備!



今年の種カタログも送られてきました。
先日、大阪へ出たついでに寄った四天王寺参道にある種屋さんでも気にいった種を購入してきました。 
(余談ですが、この赤松という種物屋さんは、四天王寺が参詣者でにぎわっていた当時からの創業だそうです。)

冷蔵庫のあまり種も出して検討です。

IMG_6777.jpg

IMG_6756.jpg

楽しみな時間です。







冬野菜も少なくなって!

2019.01.13


冬野菜も終盤です。



今日は穏やかなお日和でした。
終日畑仕事でした。
収穫の終わった畝を打ち返し寒ざらしに、5本目の落ち葉床もつくりました。

畝に残っている野菜たちをを紹介します。
冬野菜の笑顔

上記の「冬野菜の笑顔」の文字をクリックしてください。
動画編集アルバムにリンクしております。

編集ソフトkizoaを使っての初めての試みです。
間違っているところも多々ありますね~。
お許しあれ。

春支度!

2019.01.12


畝つくりやらして!!



鏡開きも終わりましたね~。
畝も空いてきたことだし春作の準備をぼつぼつとです。

時々収穫に訪れる友人が、是非鍬を使ってみたいと言う事でやってきました。
「一度、やってみたかったのよ!!」 と、張り切っています。

左手でしっかり鍬の柄を握り、右手は緩く握って前後に自由に動くようにね!!
ひと畝をお願いしました。
IMG_6723.jpg
「やれるかなあ?」
ドキドキしながら頑張ったそうです。

その間に私は?
ねぎの収穫後の畝に、石灰窒素を混ぜ、水をたっぷり、透明ビニールをマルチしました。
ねぎの軟白の為、もみ殻やわらくずが大量に混じっています。
春までに分解を促しておきたいのです。
IMG_6721.jpg

IMG_6727.jpg
左の畝1本は、友人が2時間ほどかけて打ち返した畝です。
頑張りましたね~。
後で、筋肉痛が起こるんでないかと心配です。
「またやらしてね!!今度は種まきに来るわ」 って。

小物畝。今年初めての種まき用です。
発酵鶏糞、苦土石灰、ヨウリンを少々。
種まき後、不織布べた掛け、不織布と厚手の農ポリの2重トンネルでの栽培になります。
IMG_6728.jpg

新しいパソコンでの発信です。
同じメーカーとはいえ、あれこれと戸惑うことが多く苦戦しています。



初仕事

2019・01・05

落葉床作り!



穏やかな年明けでした。

畑の初仕事は、大量の落葉で今年も落葉床作りです。
何の予定も入ってない4,5,6日。
頑張ります。

4日。
白菜後、ナス予定畝。
畝の心土まで掘り上げて、落葉をたっぷりと踏み込みました。
畝間の位置から30センチも掘ると粘土層が現れます。
粘土層の耕盤も少し掘り上げ、落葉を投入後畝に戻しました。
IMG_6699.jpg

5日。
今日は、2本の畝を手掛けました。
ミニミニハウス内のトマトの残渣をかたずけ落葉床に。
IMG_6703.jpg
大霜が2日続いた時、慌てて防寒対策をしたのでしたが、無加温のミニハウスではやはり耐えられませんでしたね。
今年は、5月下旬には種まきし、早く収穫が出来るようにという反省点が見えました。

IMG_6705.jpg
トマト連作畝にもかかわらず、掘り上げた根っこは細根が畝に伸びていました。
伸びやかな育ちぶりでしたからね~。

IMG_6708.jpg
もみ殻燻炭(もみ殻半分できそこない)、落葉、米ぬか、水をサンドイッチにして踏み込みました。
6月、トマト苗を定植する頃には、十分発酵も終わっている事でしょう。
3回目の連作になるので、少しでも良い状態の畝にしておきたいのです。

IMG_6710.jpg
春先から、踏み込み温床で作った果菜類の苗の育成場所として使います。

明日はもう1本落葉床の畝を作ります。

1月の終わりには、踏み込み温床を手掛けます。
その落葉も残しておかなくてはね。

今日は筋肉痛!
年には敵いませんです。








息子からのプレゼント

2019・01・05


防犯カメラ!

新年あけましておめでとうございます。
今年も元気で畑を楽しめる事を願っての年明けです。

31日。名古屋の息子たちが 「おばあちゃんの畑のお守りにと」 ソーラーパネル式の防犯カメラを設置してくれました。
野菜を送ってくれるお礼だそうです。
IMG_6675.jpg

IMG_6677.jpg

IMG_6680.jpg
これで、不埒な侵入者も無くなってくれるかな?


お夕飯はご馳走でしたよ。
IMG_6683.jpg

IMG_6682.jpg






Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。