FC2ブログ

Entries

ミニトマトの棚仕立て!!

2017・05・28




ピンときた記事!!




「あっ、これ面白そう!!」 ちょうど、ミニトマトの苗も余っている事だし。

1-IMG_3590.jpg

有りあわせの資材を使って棚を作りました。
その前に、ミニトマトを植えるための床つくりを済ませています。

1-IMG_3558.jpg
アップルゴーヤを作り始めて3年になります。
その棚つくりの要領で頑張ってみました。
一人でやったものだから、4時間近くかかって何とか完成です。

2-IMG_3559.jpg

1-IMG_3570.jpg
もう、苗の段階で第一果房が咲き、摘み取ってしまいました。

2-IMG_3571.jpg
棚に到達するまで枝葉も果房もかき取って草丈を伸ばし、その後は放任し天井に誘引してミニトマトを結実させるのだそうです。

そして、ぶどうのようにミニトマト位の房が「ぶら~、ぶら~」と。
なるかな~?



スポンサーサイト

ニンニクの収穫

2017・05・25




ニンニク収穫体験に!!



昨日の事です。
くんちゃんブログを見て下さっている友人3人、「収穫体験させて!!」 って。

1-IMG_3573.jpg

2-IMG_3575.jpg
「ニンニク、でっか~い」「とまとはまだね~。」「アッ、キュウリは1本ずつある!!」「カリフローレ、こんなん初めて」
「トマトの呼び接ぎ、どうなってるの?」嬉しい質問です。

わいわいがやがや。 
収穫を楽しんで戴きました。

そして、今日から本格的な収穫です。
お天気回りに取り入れてしまわなくては。

1-IMG_3586.jpg

2-IMG_3589.jpg
今年は、今までに無く大きなにんにくに仕上がりました。
大満足のできです!!

メロンに雨よけを!!

2017・05・25


メロン床の上に雨よけを!!


今年は、何が何でもメロンを収穫するつもりでいます。

天気予報では、昨日の夕方から雨。

材料は、準備していました。
昨日は朝から、「さあ、頑張るぞ」

資材の購入は出来るだけやめるつもりでいます。
手持ちの有りあわせの資材を使って・・・・。

1-IMG_3513.jpg

1-IMG_3523.jpg
短めの支柱を打ち込み、ビニールトンネル用のポールをインシュロックで固定しました。
上に農ビのトンネルを掛けたのでしたが、もう少し幅広を使った方が良かったようです。
有りあわせのネットを被せて、暴風対策です。

1-IMG_3524.jpg

2-IMG_3526.jpg
バナナメロンが、孫ズルに着果を始めています。
床上げに使った波板を乗り越えて、広がって行く事でしょう。

幅100センチ程は、雨が直接当たらないようにはなったはずです。
地下から上がってくる水分は、今までの工夫でしのいでくれるとよいのですが。

この後、梅雨明けの頃が勝負です。


あなた、アマガエルさんだよね?

2017・05・23



クローバー混植の玉ねぎ畑で!!



今日もまた、ギラギラの上天気です。

玉ねぎも随分倒れてきたことだし、収穫することにしました。
畝上に抜いて並べていると、カエルがたくさん飛び出してきます。
「え~。あなたって雨がえるさんだよね?」
シロツメ草と玉ねぎの草溜りの中、居心地が良かったみたいです。

それにしても、玉ねぎ色?
そら、そちらの子は緑色よ。

1-IMG_3505-001.jpg

3-IMG_3511.jpg

畑の脇に、クローバーが生い茂っています。
その種が入ってきて、玉ねぎの畝にも芽生えてきました。

自然農法では、草との共生で栽培されてるんですよね。
残してやってみよう~・・・・・・。

収穫後は打ち込んでしまうつもり、クローバーにも根粒菌があったのだっけ?
玉ねぎの後は、7月に黒豆の予定です。


グリーンエッグズッキーニ

2017・05・22



私って、子だくさんなの!!



毎日、5月とは思えないような暑い日が続いています。
この高温乾燥状態の気候があっているのかしら?

グリーンエッグズッキーニさんは、増産の日々です。

1-IMG_3502.jpg

2-IMG_3503.jpg
開花受粉後、3日程で収穫適期になります。
それも、美味しいとの評判です。

私、まだ食していないんですが・・・・・。


いよいよ、チョッキン!!

2017,05,21



呼び接ぎの上部で、チョッキンと。




4月28日、呼び接ぎの為ミニトマトと大玉トマトをくっつけて定植。
5月11日、呼び接ぎを行う。
5月21日、呼び接ぎの上部でミニトマトの方を切断。

ミニトマト(ピッコロ)に大玉やフルーツトマトを呼び接ぎしましたが、5株の内3株か成功かも?

画像を2度クリックして下さい。大きくなります
2-IMG_3493.jpg

1-IMG_3491.jpg

3-IMG_3494.jpg

4-IMG_3495.jpg

今のところ、通常植え(完全寝かせ植え)の育ちに比べて、遅れています。
通常植えの大玉トマトは、4果房まで開花。
呼び接ぎ大玉は2果房まsで開花です。

今後、ミニトマトの根っこの援助を受けて、ぐんぐん育って行くのかな?
お楽しみ!!

メロンの袋栽培手直し

2017・05・20


またまた、手直し!!



今日、大阪府立環境農林水産総合研究所 新棟オープニング記念一般公開のイベントで、家庭園芸セミナーも開催されると知り、参加してきました。。
夏野菜の育て方、苗作りの体験(プラグ苗をポットに移植)の講義でしたが、短時間の為、端折った内容でがっかりでした。
プラグトレーのミニトマトの苗は、「さすが、プロの苗!!」見事に揃った生育ぶりに感動。
「TTM106」 トマト黄化葉巻病に耐性のある苗を2本戴きました。

4-IMG_3480.jpg2-IMG_3466.jpg
1-IMG_3465.jpg3-IMG_3468.jpg


で、本題です。

ポットの用土のお話の中で真砂土が出てきたのです。
真砂土の説明では、粘土質の多いものがあり水はけ、通気性が悪いとの事でした。
ピートモスやパーライトの混用で使うとの事です。

先日、メロンの袋栽培で定植した℉1キューピット。
真砂土を単品で施用してます。
やばいんでないの?

パーライトと腐葉土を混入することにしました。

1-IMG_3481.jpg
2日前に定植したメロンの根っこ。 新しい根っこが伸び始めています。

2-IMG_3484.jpg
スコップで掘りだし、パーライトと腐葉土を適当に混入し苗を植え戻しました。

3-IMG_3485.jpg
これで安心です。

近いうちに、何とか工夫して雨よけをかけてやるつもりです。




メロンの袋栽培

2017・05・19



メロンの袋栽培



昨年のメロン栽培の失敗で、水はけを良くするためにいろいろ試行錯誤を試みております。

ある園芸書の 「スイカの砂袋栽培」 の記事からメロンにも応用できるのでは?
やってみる事にしました。

1-IMG_3446.jpg

2-IMG_3450.jpg
メロン予定畝に20㎝ほどの穴を掘り、腐葉土、過リン酸石灰、少々の発酵鶏糞を投入後、
底を抜いた袋に真砂土を入れました。(根を伸ばし始めるあたりに腐葉土を二握り程入れてます)

3-IMG_3451.jpg
ブクブクつけをした苗を植え、今後一切水やりをしないそうです。

水位が高い水田転用地です。
波板を使ってかなり高畝にしましたが、尚且つ袋の高さ分をかさ上げしたことになります。

4-IMG_3455.jpg
2月20日種蒔き後育苗したバナナメロンが、子蔓4本が摘芯するほどに育ってきています。

5-IMG_3456.jpg
バナナメロン2本、 接ぎ木F1キューピット2本

美味しいメロンが食べれますように!!






購入苗の育成!!

2017・05・17



あまりにも小さな苗なので!!



今年の果菜類の苗は、作付予定の半分は種蒔きし育苗しました。
手に入りにくい品種のみ、国華園の通販を利用したのです。
先日、いつになく遅い配達、それも随分幼い苗が送られてきたのです。

仕方がないので、一回り大きいポットに植え替え第1花が咲くまで育苗することにしました。

1-IMG_3426-001.jpg

1-IMG_3444.jpg

自家育苗に使った、プチプチ温床が役に立ちます。
接ぎ木ナス「F1 あのみのり」は、定植するまでにしばらくかかりそうです。

まあ、仕方ないね。

トマト支柱立て!!

2017・05・15


トマトの支柱立てを!!


トマト定植後、保温と西風を遮るためにビニールトンネルを半分だけ被せていました。
ずいぶん大きくなり、第3果房の花も咲き始めました。

そろそろ、支柱を立ててやらなくっちゃ~ね。

2-IMG_3428.jpg

3-IMG_3430.jpg
F1 ミニトマト けっさく

4-IMG_3431.jpg
大玉トマト れい夏

5-IMG_3437.jpg
トマトを痛めないよう気を付けながら、支柱に沿わせました。
しっかりうち込んた杭にぴんとロープを張り、支柱を結わえました。

余談です。
杭を打ったり棚を作るのが、年と共にに億劫になってきています。
5月の連休の一日、名古屋の息子が畑仕事を手伝ってくれました。
やって欲しい事を、色々準備してお願いしました。
助かりました。

野菜の花

2017・05・13



グリーンエッグズッキーニ



春夏野菜には、それぞれに可愛く美しい花を咲かせます。
ダントツに美しいのは、大輪の花を付けるズッキーニかな?

写真の上でクリックを2度。大きくなります。
1-IMG_3392.jpg

1-IMG_1827グリーンエッグズッキーニ
もうぼつぼつ収穫適期のグリーンエッグズッキーニちゃんです。


これも美しい。むらさきインゲン、黄色インゲンの花。
3-IMG_3395.jpg

2-IMG_3394.jpg
お味は?
初めての栽培です。

通常の緑色と3色セットです。
三色いんげん豆。
カラフルで楽しいお料理になるのでは?


失敗かな?

2017・05・11



トマトの 「呼び接ぎ」



呼び接ぎの技をトマトに応用。
2株のトマトを地上部で1本につなぎ合わせる。
2株分の根で集めた養水分で1株分の果実が育つという事のようです。
当然、旺盛に育つので果実の肥大は早くなり、量も多く収穫できるとの事。

野生に近く作りやすいミニトマトに、大玉トマトを呼び接ぎすれば元気に育つという事ですよね。

呼び接ぎ用の為に、ミニトマト「ピッコロ」を種蒔きしました。
お相手の大玉は、ホーム桃太郎、福寿、フルーツトマトを購入。
温床で育苗し、トマト用畝にぴっちり並べて定植しました。

1-IMG_3403.jpg
40㎝ほどに育った呼び接ぎ用トマト。

2-IMG_3405.jpg   
融合材、紙テープ、カッター

3-IMG_3407.jpg
ナイフで、長さ4,5㎝、巾約1.2㎝、深さ0.3mmに切り、2本の切り口をぴったりとつなぎ合わせる。

4-IMG_3413.jpg
切りあわせた部分をテープで巻き、融合材をテープの上から塗り付ける。
大きめのピンで挟んで固定しました。

ところがです。
何とか、仕上がったのでしたが、教本を読み返してみると結合する部分の切り取る深さが足りなかったのでは?
呼び接ぎの効果が出ないのでは?
非常に気になり始めています。

3~4日後には、ミニトマトの方の茎を切り落とし、呼び接ぎした上で1本にする予定です。

はたして、「病気抵抗性の誘導」と呼ばれる現象が現れるかどうか。
何をどう観察すればよいのか?

益々気になり始めました。




明日は雨かな?

2017・05・08



ナス苗定植



予報では、明日午後から雨になるとの事。

プチプチ温床内では、ナスやピーマンの蕾が付くほどに大きく育ってきました。
ぼつぼつ、畝に定植をと思いながらも、このカラカラ状態ではね~。

明日の雨に期待して、やっちゃえ!!
1-IMG_3388.jpg
大苗に育ったナス。スコップで掘り上げました。

2-IMG_3389.jpg
ロッサビアンコ2本。 ℉1黒王なす3本。

3-IMG_3390.jpg
ピーマン苗。 
また明日。

踏み込み温床で苗立てをした、サツマイモの蔓も植え時を迎えました。
これも雨を待ちたいのです。



暫く見ぬ間に!!

2017・05・07



は~い。 お久しぶり!!


5月の連休は、名古屋の孫のアイスホッケー試合の観戦にて、4日程留守にしていました。
リンクサイドで見る肉弾戦は、見ごたえがあり面白かったです。
残念ながら、対戦した大学の力量には敵わず大敗してしまいましたが、また秋に向かって頑張るそうです。


今日は、帰宅後すぐに畑に出てみました。
期待していた雨も雀の涙だったらしく、カラカラに乾燥しています。

でも、ちょっと見ぬ間に何もかもがぐんと成長していました。

01-IMG_3369.jpg03-IMG_3371.jpg
04-IMG_3373.jpg02-IMG_3370.jpg
05-IMG_3374.jpg06-IMG_3377.jpg
07-IMG_3380.jpg08-IMG_3382.jpg
09-IMG_3383.jpg10-IMG_3385.jpg


ニンニクの芽、スナップ豌豆、卵ズッキーニを収穫して。
なんにして食べようかな?

明日からは、細かい手入れをしてあげますからね。
待っててや!!



Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。