FC2ブログ

Entries

メロン床手直し続き

2017・04・29


メロン床仕上げ


今日は、強い風の一日でした。
行燈を外したばかりのズッキーニちゃんが、軟弱に育っている事もあって葉っぱがかなり痛んじゃいました。

今日の仕事は昨日の続き、メロン床のかさ上げ作業。
残っているだけの赤玉土ともみ殻を蒔き、中高の畝に仕上げました。
透明ビニールで覆いました。

1-IMG_3356.jpg

2-IMG_3359.jpg
バナナメロン(自家苗)2本、F1キューピットメロン(購入苗)2本の予定。
定植後、藁を敷き詰め伸びて来る蔓を波板の外へも誘引するつもりです。
出来たら、畝の上だけでも雨よけをしたいな。

4-IMG_3361.jpg

3-IMG_3360.jpg
トウモロコシの雄花が覗き始めました。
ニンニクの芽も伸びています。
収穫期もちかくなりました。

この調子だと、今年もまあまあの出来かな?
嬉しいわ。



スポンサーサイト

メロン床手直し

2017・04・28



畦板利用でかさ上げを!!


今日の午後の仕事、メロン床の手直しです。

先日、水はけ改善に良いのではと、メロン予定地に川砂を混ぜ床つくりをしました。
Mさんより、地下水位が高い場合、それくらいではだめだろう。
板などを使って畝を高くした方が良いのではとのご指導を戴きました。

この畝の下には、昨年秋の落葉を大量に投入した落葉床でもあるのです。
納豆菌液散布後、透明ビニールをかけて地温も上げていました。
冬から春先までの間に、太陽熱で畝内の水分が蒸発してかなり乾燥しています。

1-IMG_3351.jpg

2-IMG_3353.jpg
廃材をもされた後の炭をバケツ3杯、腐葉土、鹿沼土を混入。

3-IMG_3354.jpg
畝の周りを溝を切り、波板をぐるりと差し込んで、かさ上げした畝床を作ってみました。

もう少し、高く出来るとよかったな。

改善策はまた明日。
今日は一日畑仕事で、疲れちゃいました。

呼び接ぎ

2017・04・28



呼び接ぎの技をトマトで!!



トマトは、夏野菜一番人気ですよね。
でも、雨よけなしの路地栽培では、けっこう気難しく苦労する野菜です。

庭木や果樹の栽培で広く行われている、呼び接ぎの技法を使ってのトマト栽培の記事を見つけました。
草丈45くらいに育ったら、どちらの株も根元に近い茎をナイフで削り、その面をピッタリ合わせテープで巻いておくと2~3日で接合。
根が2株のトマト苗が出来上がるという訳です。
生育の悪い方を、結合部のすぐ上で切れば2株分で集めた養水分で一株分の果実が育つ。
又、逆もありで、地上部を2本にすれば1本の根っこで違った品種のトマトを収穫。

ミニトマトは、丈夫で作りやすい品種です。
今年は、呼び接ぎの為にミニトマト「ピッコロ」の苗を5本用意しています。
お相手は購入苗の桃太郎、福寿、スイートミニイエロー、フルーツトマト。
全て実生です。

1-IMG_3346.jpg

2-IMG_3347.jpg

3-IMG_3349.jpg

ミニトマト「ピッコロ」の苗にぴったりと添わせて、お相手の苗を植えました。
根鉢を浮かせ気味の浅植えにします。
まだ風が冷たいので、風よけ雨よけのビニールトンネルを裾をすかせてかけています。

しっかり根つき、草丈が45㎝以上になったところで、呼び接ぎの作業に取り掛かるつもりです。



鉢上げが面倒なので。

4-IMG_3350.jpg
キャベツ、コールラビ、チンゲン菜、ルッコラ、バジルの苗が育ってきました。
暖かくなったので、大丈夫なんでは?
鉢上げも面倒なので、畑にじか植えをする事にしました。


米ぬかの追肥

2017・04・26


里芋の畝間に米ぬかを!!



今日は、久し振りに本降りの雨になりました。
畑の作物たちも一息ついた事でしょう。

農業誌に、ある篤農家の有機元肥の効かせ方の記事がありました。

里芋栽培における魚粉と米ぬかの肥効について。
米ぬかは定植直後に畝間に施用し管理機をかけ半月後に土寄せするとの事。
追肥としての利用です。

私も、以前より生の米ぬかも施用しています。
里芋には、定植の1~2か月前に元肥一発で米ぬか、過リン酸石灰、発酵鶏糞を3セットで溝施肥として使っています。
里芋の収穫は秋、じわじわと効いていく米ぬかの追肥が最適なのでは?

1-IMG_3332.jpg
収穫時に出る作物の残渣を畝間に置いています。
半がわきの残渣の上から米ぬかを振りました。
その内、残渣も分解され堆肥となってくれることでしょう。
透明ビニールマルチを梅雨前に撤去、その後土寄せをしようかと思って居ます。

座布団のような大きな葉っぱを目指して!!



昨日、大阪府泉南市の信達宿の藤を見に行ってきました。
紀州の宿場町として栄えた信達(しんだち)宿の梶本家の一本藤。
藤の花の房約4万との事で、この時期に毎年一般公開されています。

2-IMG_1767.jpg
足場が組まれ、上からの眺め。 藤の花の絨毯でした。
1-藤の花
保存会の皆様がお世話されているとの事ですが、見事なふじの様に圧倒されました。












メロン予定畝に川砂を!!

2017・04・24


本当はいけないんだけれど。



私の作付している畑は水田転用地です。
南北の畝、南側の3分の1くらいは地下水位が高いらしく水はけが良くありません。

その一番水はけの良くないあたりに、メロンを作付する予定を組んでいます。
さ~て? 川砂を混ぜてみたらよいのでは?

近くの石川の河川敷に砂を取りに行くことにしました。
本当は、勝手に取ってはいけないんだそうです。
「ちょっとぐらい、勘弁して下さいね」とばかり、自電車で2往復してきました。
ちょっと重くて、危なかったな~。

1-IMG_3320.jpg

3-IMG_3329.jpg

4-IMG_3330.jpg

落葉床、納豆菌液散布後透明ビニールで寝かせていた畝です。
4袋の砂を混ぜ高畝に。4本分の床を作りました。
バナナメロン2本(自家苗)、F1キューピット2本(購入苗)の予定。

昨年、路地でも栽培可能というネットメロンを、収穫直前一晩で駄目になった事を思い出します。
今年は、畝の上だけでも雨よけの何かを作ろうかな~。
かなりの量の落葉を踏み込んでいる落葉床の効果にも期待をかけているのです。

美味しいメロンが食べれますように!!

頑張ったね。

2017・04・21



むっくりと!!



”定植後、水はやらない”  と、いう事なので植え付け後の水やりなしで帰ってきたものの、気になっていました。
畝はかなり乾いていたからです。
しかも、ごぼう抜きにぬいた大苗は、根っこが切れて少なくなっていたのです。

1-IMG_3310.jpg
素晴らしい生命力です。
中には、葉っぱが萎れているのもありましたが、むっくりと起き上ってました。
よく頑張りました。感動です。

2-IMG_3312.jpg
大玉トマト「けっさく」。 トマトトーン散布済みの印を下げています。

4-IMG_3316.jpg 3-IMG_3315.jpg
2-IMG_3314.jpg 1-IMG_3313.jpg

肥料袋の行燈の中では。
カボチャ、キュウリ、小玉スイカ、ズッキーニが、気持ちよく育ってきています。




トマト苗定植

2017・04・20



トマト苗ごぼう抜き!!



2月17日 プラグトレイに種蒔き後、踏み込み温床で育苗。
3月15日 プチプチ温床内へ移植。

第1果房が咲き始め、草丈も50㎝位のひょろ苗に育ってきました。
  (故 井原豊さん「ビックリ教室」トマトの寝かせ植え栽培参照)

今日は、落葉床、納豆菌液散布後透明ビニールマルチで寝かせていた畝に定植です。

1-IMG_3295.jpg

3-IMG_3300.jpg
ごぼう抜きにした苗、土に埋める部分の葉っぱを切り落としました。

4-IMG_3302.jpg
殆ど真横に寝かせて植え付けました。
植え付けた上を踏みつけて鎮圧も。

5-IMG_3306.jpg
黒色寒冷紗で、遮光しておきました。
明日には、トマト苗が頭を持ち上げて来ると思うのですが。

ごぼう抜きにした苗は、樹勢が抑えられ初期生育が穏やかになるとの事です。
寝かせて埋めた茎の節々からは、根っこが発生し根量が増え生育が良くなるという事です。
毎年、実生の購入苗は寝かせ植えを行っていますが、このひょろ苗がどう成長するのか楽しみです。

第1果房の花には、トマトトーンをひと吹き。確実に着果させたいのです。





久しぶりに!!

2017・04・17


パセリ&人参の間引き菜パンケーキ



今日は、低気圧の接近による嵐の予報が出ていました。
暴風対策にと畑へ。
これからの野菜達への被害が少ないようにと願います。

午後からゆっくり。
久しぶりに、例によって野菜のパンケーキも作りました。
今日の素材は?
パセリと間引き人参。

1-IMG_3291.jpg

3-IMG_3294.jpg
左人参、右パセリ。
人参の方に軍配が上がりました。
人参の甘みと風味が美味しかったです。
パセリの方は、独特の風味は無くなっていました。


スナップ豌豆初収穫

2-IMG_3292.jpg



ゆりかもめ(カブ)

2017・04・16



応募して、当たっちゃいました。



「やさい畑 春準備号」 菜園むき夏野菜今年の注目品種 種&;苗プレゼントに応募しました。

春~秋と長くまける根こぶ病に強いコカブ。 「 ゆりかもめ」 が送られてきたのです。
めったにしない事なのに。 当選ですって、嬉しいわ~。

1-IMG_1723.jpg

1-IMG_3290-001.jpg
草勢はおとなしく、立性との事なので、少し過密気味に2粒ずつ丁寧に蒔きました。
明日は、風雨が激しいとに予報なので、不織布をべた掛けして帰ってきました。

カブの優しい味わいは、そのまま生でも良し、サラダ、即席漬け、酢の物にと大好きな野菜です。
上手く育ちますように!!





スイカの鞍つき栽培!!

2017・04・14


スイカつくりに挑戦!!



今年は、久し振りにスイカを作付する事にしました。
今まで何度か栽培した事はあるのですが、満足のいく結果にならないので 「スイカはやめた」 と。

ある園芸書に、面白い記事を見つけました。
栽培環境を少しでも原産地(熱帯アフリカの砂漠からサバンナ)に近づける方法。
「鞍つき」で土を高く盛り上げた分、根が長く伸び、それに対応して地上部の生育も良くなるということらしいです。

1-IMG_3276.jpg

1-IMG_3267.jpg3-IMG_3270.jpg
4-IMG_3271.jpg 5-IMG_3272.jpg
6-IMG_3273.jpg

幅90、長さ120、高さ20、深さ20の鞍つきを作る予定。

作土と心土のガラ土を掘り上げ、落葉、もみ殻、腐葉土、ガラ土の順に埋め戻し、畝の高さ20センチの鞍つき
に仕上げました。
出来上がってみると畝幅70、深さ30になりました。

透明ビニールで地温を高めておきます。

さあ、ここまでくると
 「俵型スイカや、黒スイカも作ってみたいな~」って、欲が出るんですよね~。

カボチャも適期に!!

2017・04・13


ロロンと夢味



踏み込み温床の中も窮屈になってきました。
カボチャの葉っぱは、ぐんぐん大きくなってきます。

明日からは、気温も上がってくるみたいだし畑に出してやる事にしました。
ラグビーボール状になる「ロロン」と白い肌の「夢味」。
画像を2度クリックして下さい。大きくなります。
1-IMG_3262.jpg

2-IMG_3263.jpg
施肥後、地温を上げる為の透明ビニールマルチの畝です。
根鉢も綺麗に根っこが回っていて、いい感じ!!

1-IMG_3264.jpg2-IMG_3265.jpg


堆肥袋の行燈を掛けまわします。
寒さや強風よけ。伸び上って袋からはみ出るまで外さないでおきます。
廃物利用の優れものなんです。

えっ~。 間違っていない?

2017・04・10


蔓有リ? 蔓なし?



何故か?エンドウ豆と相性が悪いらしくって、ご近所の菜園仲間のようにうまくいかないのがエンドウ豆なんです。

でも今年。
スナップ豌豆の伸びが悪いんですよね~。
何でかな~? 久留米豊(えんどう豆)の方は、わりとのびやかに育ってるんだけどな~?

昨日、「はっ」 と思い当たりました。

スナップ豌豆は、残り種を種蒔きしたのでした。
夏播き用に購入した残りです。
「蔓なしスナップ豌豆」だったはずです。

1-IMG_3249.jpg
久留米豊。 今年は割と健やかな育ちです。

2-IMG_3250.jpg
スナップ豌豆。花は咲き始めています。
蔓の伸びが半分くらい。 

仕方ないね~。うっかりです。
収量は、やはり蔓有の方が多いでしょうね。


少し早いけど!!

2017・04・08


ズッキーニの定植


踏み込み温床の中では、果菜類の成長が早まってかぼちゃ系は本葉が4枚展開しています。
まだ少し早いのではと思いつつ、ズッキーニ(グリーンエッグ)を定植しました。

2-IMG_3244.jpg

3-IMG_3245.jpg
2月24日、納豆菌液、腐葉土、発酵鶏糞を混ぜ込み、透明マルチで被服していた畝。
株間60㎝。肥料袋の行灯をかけました。
強風や寒さから守ってくれます。
けっこう塩梅が良いみたいですよ。

4-IMG_3251.jpg
プチプチ温床内。
トマトの苗に、小さな花芽が見えてきています。
花が咲いたら定植のサインです。
1-IMG_3242.jpg
踏み込み温床内。 (今日の日中、気温24度、地温20度)
温かい日が続いて、育ちが早まりました。

4月下旬に定植しても、気温の変化に神経を使うのです。
「あなた達、ゆっくり大きくなってね。 よろしくです。」






アレッタ

2017・04・07



アレッタの葉っぱ!!



今年初めての栽培アレッタ。ケールとブロッコリーの交配とかで青汁用です。
昨年の秋から、アレッタの葉っぱ、果物、ヨーグルト、甘酒、きな粉、豆乳、牛乳など、気の向くまま適当に投入したジュースを
毎朝作りました。
その都度、お味はまちまち。 まずい時もあり、「お薬、お薬」って。

ぼつぼつ終わりです。

このアレッタの葉っぱ、スムージーの材料に便利だったので、撤去後の細かいのも収穫してきました。
茹でて冷凍保存。
春野菜までのつなぎです。

2-IMG_3240.jpg

3-IMG_3241.jpg


応神天皇陵をお守りする誉田八幡宮の桜。
左近の桜も満開でした。
静かな境内を散策、春を満喫してきました。
2-IMG_1709.jpg

1-IMG_1721.jpg


春本番の陽気に!!

2017.04.04


青菜類の種蒔き!!



桜の花も咲き始め、やっと春らしい気温になってきました。
もう、霜の心配もしなくっていいかもね。

果菜類の畝作りも一段落。
今育苗中の苗達、5月の連休頃に植え付けできるように育ってくれるとよいのですが。

今日は、青菜類の種蒔きを行いました。

1-IMG_3236.jpg

2-IMG_3237.jpg

3-IMG_3238.jpg

地温を高めるため透明ビニールをべた掛けしていた畝に、穴あけ器で植穴をあけました。
種蒔き後不織布でべた掛け。
強風、虫の産卵よけにもなり、生育も助けます。


硝酸カルシューム

2017・04・03


イモにも追肥!!



ジャガイモ植え付け時には、石灰は土壌PH をあげてソウカ病助長するものとされ、使わないものとしていました。
愛読書の現代農業に、硝酸カルシューム追肥によってカルシュームを吸わせることで、中心空洞や軟腐病も抑えられ、品質が向上するとの記事が出ていました。

今年はこれも試してみる事とし、肥料屋さんにお取り寄せをお願いしましたが、20キロ入り。
20キロですか~。 まあ、いいか!! 他の野菜にも使ってみる事として。

3-IMG_1683.jpg 2-IMG_1685.jpg
施用のポイントは、芋の肥大期の畝間ではなく畝の上にやり、なるべくイモのそばに溶ける石灰を置く事なんだそうです。
マルチを剥がし、畝上の土に混ぜ込みました。
もう、細いストロンが伸び始めています。

中心空洞は、芋が大きくなると出来やすいと感じています。
大きくてお肌のつるっとしたべっぴんさんが出来ると嬉しいな!!

1-IMG_1688.jpg
この10年、畑にいると多くの知り合いが出来ました。
柴犬の正ちゃん。
お母さんのお喋りの済むのをおとなしく待っていてくれます。





にょっきりと。

2017・04・01



宇宙芋の芽!!


昨日から本降りの雨。
畑もカラカラ状態だったので、しっとりと潤ったことでしょう。

久しぶりにゆっくりと過ごしています。

今後の種蒔きは?
うん? え~。
保存していた宇宙芋。 新聞紙の中で、にょっきりと!!

2-IMG_3221.jpg
芽を伸ばしています。
早急に、畑に埋めてやらねばね。

1-IMG_3216.jpg
アピオスの種イモ。この子達もぼつぼつ。

種の整理もして。

次作の種蒔きも行いました。
チンゲン菜、コールラビ、キャベツ、ルッコラ、バジル、パセリ。
ほんの少しづつの種蒔きです。
1-IMG_3224.jpg






Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

Extra

MYブログ来訪カウンター

プロフィール

むぎわらくんちゃん

Author:むぎわらくんちゃん
私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR