FC2ブログ

Entries

えっ。雄花が!!

2016・04・29



トウモロコシの雄花が覗きました。



今日は、北風が強く吹き気温も17度とか。
「寒~い。」 
北海道では、雪が降っています。
トンネルやキャップを被せているとはいえ、果菜類たちは寒いだろうな~。
サツマイモの苗も活着したばかり。

今年は、気温の変動が激しいです。


IMG_1166.jpg


そして。
びっくりは、トウモロコシの雄花が出てきたのです。
これも早~い。


IMG_1163.jpg

IMG_1164.jpg
近いうちに、もう一度追肥をやりましょう。
スポンサーサイト



良いのか悪いのか?

2016.04.28



枝豆とレタス類の混植!!




ほんと、レタスには虫が寄り付きません。
キャベツ(アオムシ)との混植がおすすめとか。

では、枝豆のカメムシにはどうかしら?

IMG_1129.jpg
枝豆を定植した周りに、サニーレタス、サラダレタスの苗をぐるりとね。
さて、効果あり、なし?





多肉植物・あれこれ。


最近、良くご訪問戴いている方のブログに触発され園芸店を覗いてみると。
うつくしい、可愛い多肉さん達が並んでいました。

私も。 つい手が出ちゃいました。 
手入れも楽そうだし!!

使わなくなった篩いの網のなかに。
今日は雨だから、窓際に置きました。 

IMG_1160.jpg

「ダルマ月兎耳」 なんて読むのでしょう?
一番のお気に入りです。(一番手前)

IMG_1162.jpg

赤エンドウ豆でお赤飯

2016・04・28



初物・赤エンドウ豆でお赤飯



今年初めて栽培の赤エンドウ豆。
「炊飯器で豆ご飯、まさにお赤飯のようになって、めちゃ美味しいよ」 って。
菜園仲間より、種を戴きました。

スナップ豌豆、久留米豊、赤豆エンドウの3種類を蒔きましたが、赤豆が一番早く収穫できました。


IMG_1111.jpg

IMG_1112.jpg
豆は小粒で、剥くのもめんどいな~と思いましたが。
なんと、甘~い。塩をほんの少し入れただけです。
お手軽で美味しくて、大好評でした。

でも、残念ながら今年は3株のみ。
来年はもう少し植える事にします。

サツマイモの増収栽培法栽培

2016・04・27


種いものじか植え栽培に初挑戦!!


昔、【家の光」という農業雑誌がありましたね。
その本の昭和5年の投稿記事から再現された芋の植え付け方が掲載されていました。
又、別の雑誌にも「いも大全集」一株増収術の記事があります。

苗とりした後の種イモをそのままに使い、増収を計るというものです。

踏み込み温床で苗とりした芋を使ってやってみる事に。


IMG_1145.jpg
掘りだした種イモ。
この株から苗を取り、挿し苗をします。


IMG_1150.jpg
品種は安納芋。
少し判りずらいかも知れませんが。噴火口状にした山の中に芋を植え付けています。
蔓を8本程残し、ぐるっと這わせるとか。
親芋の養分をもらって旺盛に蔓が伸び、30個以上のいもが期待できるそうです。

IMG_1148.jpg
手前の方は、種イモをじか植えして始めました。
透明マルチとトンネルを掛けて地温を高めましたが、踏み込み温床よりも芽出しが随分遅れました。
品種は紅はるか。


又、透明マルチを掛けました。
どのような育ちをするのかと、わくわくです。

頭を、くいっとね!!

2016・04・26



寝かせ植えのトマト苗は?





今朝、様子を見に行くと、夕べ植え付けしたトマトさん達。
皆さん揃って、90度頭を持ち上げていました。
元気です。


IMG_1141.jpg



双子ちゃんの赤玉ネギ & ニコニコ植えの極早生玉ねぎ

早植えした赤玉ネギの半数が双子になり、とう立ちしました。
IMG_1137.jpg

ひとあな2本植え(ヒョロヒョロ苗) 2本ともに立派に育ちました。
IMG_1139.jpg
この方法、 結構いただきかも!!

トマト苗の定植

2016・04・25



トマト6種類



4月中旬に注文苗か届き、一回り大きいポットに植え替えてビニールトンネルの中で養生させていました。
トマト苗に花が咲きはじめました。
移植の適期です。
最低気温も10度を上回ってきたことだし、もういいよね?


IMG_1130.jpg
IMG_1131.jpg


IMG_1132.jpg
IMG_1135.jpg
今年の苗は全て実生なので、寝かせ植えにしました。
明日になれば、頭を持ち上げて来るはずです。

昨年は、尻ぐされ病が多発してがっかりでした。
今年は、畝作りの時に牡蠣殻石灰とカルシューム資材を混ぜています。

なんてったって、野菜のI番人気はトマト。
今年はお願いね。



ネット張り作業

2016・04・24


キュウリネットと豆ネット




今日は、3か所のネット張りをしました。
もうぼつぼつネットを張ってやらなくては、絡まる所がなくて可愛そうです。


IMG_1121.jpg

IMG_1123.jpg
仕上げるのに殆ど一日かかりました。

「キュウリネットと豆ネットが逆じゃない?」
菜園仲間からのご指摘です。
昨年の使い古しを利用した分が確認不足でした。
絡まったりしたのをほぐしたりして、大変だったのよ。

「え~。ショック!!」苦労して張ったのに。
やり直しなど考えられませんです。
「まあ、何とかなるでしょ」

IMG_1128.jpgIMG_1124.jpg
IMG_1125.jpgIMG_1126.jpg
IMG_1127.jpgアップルゴーヤ、キュウリ、アピオス
スナップ豌豆、千石豆、宇宙芋

後日、シカク豆、ナタマメを種蒔きします。





2016・04・22


千石豆&いも苗の植え付け



今回の千石豆の発芽は上手く行きました。
2層式用土の赤玉土の中に、豆の皮を残して双葉がぷっくりと上がってきた時は嬉しかったですね~。


IMG_1113.jpg

IMG_1114.jpg

IMG_1115.jpg


そして、紅はるかと安納黄金の苗は。

IMG_1117.jpg

IMG_1120.jpg
採取した苗がまだ少し短かったので船底植えで無く斜め刺しになりました。
根が出て、活着するまで新聞紙を掛けて置きます。
新聞紙は、苗が伸びて来て自然に破けてくるまでほっときます。

ショウガの芽出し&サツマイモの苗

2016・04・21


しっかり出ました。



今日は、久しぶりに本降りの雨になりました。

踏み込み温床の端っこに芽出しをしていたショウガ。
しっかりとした芽が出ています。
お芋の苗もたくさん伸びました。

昔から伝わっている技法恐るべし。
来年は、もう少し広めに作って果菜類の苗立てにもと思って居ます。


IMG_1103.jpg

IMG_1105.jpg
里芋とゴーヤの棚の間に、植え付け畝を用意しました。
昨年は何故か不作。今年こそはぷっくりとしたショウガを掘り上げたいものです。
今話題の酢ショウガを作りたいで~す。



サツマイモの苗
IMG_1106.jpg

IMG_1109.jpg
紅はるかと安納黄金

採取は12時から~14位の間。(晴天続きで同化養分を蓄えた時間帯)
一度萎れるまで置いて挿し木(親から離れた事を自覚するので、発根が早いとか)
園芸書からの学びました。
面白いな~。

トウモロコシの育ち

2016・04・19


成長良!!



2月18日・・・・・深溝播き・不織布透明ビニールトンネル
3月31日・・・・・通常蒔き・黒マルチ透明ビニールトンネル

2月播種の分は、あわのめいが発生時期よりも早く収穫できるのでは?



IMG_1098.jpg

IMG_1097.jpg


畑からの帰り道。
作業小屋の軒下でき始めてい咲る藤の花。
撮らせて頂きました。 いい香りを振りまいていました。


IMG_1101.jpg

今年もアップルちゃん!!

2016・04・18


ゴーヤの柵作り



今年も、アップルゴーヤを注文しました。
アップルゴーヤセット  3本 1890円
エメラルド、グリーン、白の三色セット。

今日は、支柱を打ち込むだけでもと、朝一番に来て頂きました。
棚になる部分は蔓が伸びてからでも間に会います。


IMG_1092.jpg
「怖っ!!」 見てるだけでも怖いです。

アップルちゃんは、堆肥袋の行燈の中で少しずつ伸びて来ています。
ゴーヤにとっては、まだまだ寒いですよね~。
行燈ではなく、ビニールトンネルの方が良かったかな?


ひる前から、冷たい雨が降ってきました。
昨日の暑さは何だったの?


IMG_1094.jpg
スナップ豌豆とアスパラガスを収穫。
茹でただけ。 お昼に戴きました。
甘かったです。

土中緑化の枝豆の定植

2016・04・17


土中緑化栽培の枝豆苗



今日は天気予報通り、10時頃から猛烈な風が吹き始めました。
おまけに気温が高Iので、まだ幼い苗達が熱風に揉まれているのではないかと気がかりです。
南から西寄りの風で、ビニールトンネルが多少風よけになっているみたい。
何とか無事でした。

雨の降る前にと、昨日の夕方定植した枝豆です。


IMG_1078.jpg
3/25 17個播種。 9本が育ちました。

IMG_1080.jpg
断根!!
どの根っこを切ればよいのか?


IMG_1083.jpg
長~く伸びている主軸?を切りましたが、これでいいのかな?
根量がもさっと増えて来るとの事ですが。


IMG_1084.jpg
摘芯して2本仕立ての苗を、一か所2本ずつ定植しました。

はたして、増収なるか?

土中緑化。摘芯。断根の3点セットです。


そして。千石豆の発芽。

IMG_1088.jpg
4/9種蒔き 2層の用土で無事発芽したようです。
今後、豆類はこの方法で蒔く事にします。

双子ちゃん栽培!!

2016・04・16



極早生玉ねぎ双子ちゃん栽培のその後は?



極早生玉ねぎの収穫もぼつぼつおしまい。
穴あきマルチに2本植え、マルチなしの畝に2本植えでは、生育に大きな違いが出てきました。



IMG_1063.jpg

IMG_1053.jpg
2本の苗が勝ったり負けたり、扁平になったりしましたが、生育はすこぶる良でした。
極早生で保存が効かないので、収穫がずれ、かえってよかったようです。

冬の間の、地温の差でしょうね~。

地温といえば、透明マルチ利用の里芋です。
発芽が早い!!


IMG_1061.jpg

驚いた~。

2014・04・14


芽出し防止のために放射線!!



今年は、サツマイモの苗作りを挑戦しています。
安納黄金、安納紅、紅はるかの3種類。
初めてにしてはまあまあの出来で、もう少しで挿し木が出来そうです。

もう一つが、種イモのじか植え栽培です。
種イモは新聞紙にくるみ段ボール箱にいれ、冷蔵庫の上で冬越しをさせています。
この子達は間違いなく発芽しました。
じか植え栽培で鳴門金時もやってみようと、デパートで買ってきた芋が一向に発芽する気配がないのです。
菜園仲間の話です。 「紫外線を浴びさせているらしいよ」
「え~、ほんとに~。」

ネットで調べてみると、じゃが芋の芽出し防止に放射線を照射すると出ているではありませんか。
紫外線ではなく放射線だったのですね。
「え~、これもほんとに~」 ビックリポンです。

じゃあ、サツマイモもこれかしら?


IMG_1050.jpg
右、鳴門金時(購入) 左、紅はるか(自家用)
紅はるかは、根っこもいっぱい出て新芽も出始めましたが、購入芋はそのまんまです。


IMG_1052.jpg
くぼみの底に植え付け、透明ビニールで地温をアップ。
8本のいも蔓を延ばして栽培の予定です。

鳴門金時は、レモンに煮して食べちゃいました。美味しかった。

トマト&なすの鉢上げ

2016・04・14

一回り大きいポットへ



今日は、真夏日を思わせる暑さでした。

踏み込み温床で養生させていた苗達も、やっと根鉢から根っこが覗いてきています。
一回り大きいポットに植え替えをしました。
トマトとナスの苗は、第一果房の花が開くまで育てたいのです。


IMG_1049.jpg
赤玉土と市販の用土の2層で植え替えをしてみました。


IMG_1057.jpg

IMG_1059.jpg
かぼちゃの畝に同居させて貰いました。
農ビのビニールトンネルの中で、しっかりするまで育てます。
5月の連休あたりで定植出来たら嬉しいな。


なんてったって、夏の果菜類を育てるのが一番楽しみですもんね。

苗の養生と植え付け準備

2016・04・11

軟弱苗の養生と植え付け準備



今年は思いの外、苗が早く配送されてきました。
暑いくらいの日があったかと思えば、今日明日は寒いくらいで霜注意報も出ています。

自家育苗のキュウリやかぼちゃは、もう植え付け適期になりました、。
購入苗の中でも、アップルゴーヤセットとメロンは植え付けた方が良いような。

とまと、ナスなどはもうしばらく育苗して、がっちり苗を目指します。


IMG_1037.jpg
キュウリ
IMG_1040.jpg
IMG_1041.jpg
行燈仕立てのニガウリ

IMG_1042.jpg
踏み込み温床の中では、トマトたちが安納芋さん達と同居です。


IMG_1043.jpgIMG_1044.jpg
IMG_1045.jpg☝左・・トマト用
☝右・・ナス・ピーマン用
共に、牡蠣殻石灰、骨粉全面施肥
畝間にこめぬか、過リン酸石灰等

左・・・地ばいマロン2本。

千石豆

2016・04・10

千石豆


友人からの依頼です。
「子どもの頃から食べていた豆で 「はな豆」と言って、 すごく香りの良い豆なの。」
田舎に帰られた時、親せきから種をもらって来て下さいました。

地域によって呼び名も違い、
富山県では、千石豆。
伊勢を中心に、三重、岐阜、愛知でも千石豆。
石川県では、加賀の蔓豆、ダラ豆。
そして、 福井でははな豆。

それぞれ自家採取をしながら伝わって、伝統野菜として売りだされているようです。


IMG_1028.jpg
豆の形からしてユニークで可愛い。

IMG_1026.jpg
これも豆だから、2層の用土で種を埋めましょう。
肥料けのない赤玉土を上層に。


IMG_1030.jpg
豆の向きは?
大豆系はへそを横向きにだから、こうかな?
収穫は、夏から秋のようです。
若取りしすぎると風味がなく、遅れると硬くなるそうです。
収穫が難しそう。

どのように生育して行くのか楽しみです。

ぼつぼつ、苗の定植!!

2016・04・07


注文苗が届きました。


今年は少し少なめです。

サツマイモの苗育成のため作った踏み込み温床での育苗をお試しましたので。


IMG_1017.jpg
温室育ちの軟弱者って感じです。
この子達は、植え付け適期になるまで養生して頂きましょう。


そして、昨日。
夕方、帰宅してから、自家苗かぼちゃの定植をしました。
「北の紅」 2本。
昨年の残り種、 レンジでチン。 お薦め品種です。
「飛騨かぼちゃ」 2本を発注しています。


IMG_1011.jpg

IMG_1014.jpg
かぼちゃは、堆肥袋を利用した行燈仕立てで過ごさせるのですが、今年は農ビの大きめのトンネルです。
購入苗の養生をさせるのにご一緒させるつもりです。

枝豆土中緑化のその後は?

2016・04・04


綺麗な緑色の双葉!!


枝豆の土中緑化栽培の様子です。

3月25日 種蒔き。 
3月30日 丸一日日光浴、不織布と用土を取り除く。
      その後、うっすらと用土を増して育苗。

4月4日 綺麗な緑色の双葉の間から、本葉が覗き始めました。
でも、種蒔きした17個中、まともに育ったのは9個でした。
途中で腐ったり、上手く双葉が開かなかったりしたのです。

目どまり半分では、成功したとは言えませんね。

IMG_0993.jpg
出始めた本葉を摘芯し、2本仕立てにするつもりです。


発芽したスナップ豌豆

IMG_0994.jpg


やはり踏み込み温床には敵わない?

2016・04・02



サツマイモのじか植え栽培


3月31日
3月5日に火山の噴火口の底に植え付けしたじか植え栽培のサツマイモ。
様子を見ようと掘りだしてみると、一向に動く気配がありませんでした。

透明べたかけマルチでは温度不足だったようです。
地温を計ると12度。
これではだめだと、幅広の農ビをトンネルかけし、あんか代わりのペットボトルを8個。

4月2日
このところの気温の上昇もあって、地温20度に上がっていました。
ちなみに、踏み込み温床の地温は25度に下がったままで変動がありません。
凄いな~。昔から受け継がれている技法、恐るべしです。
発芽に必要な地温が、ずーと保たれているんです。


IMG_0906.jpg

IMG_0907.jpg


ちなみに、踏み込み温床内のサツマイモの様子。
IMG_0911.jpg

大変です。

2016・04・02


アピオスの発根発芽!!


今日は朝から気温がぐんぐん上がり、汗が・・・・・・・・・。

芋類の保存穴の中に、一人ぼっちのアピオス(マメ科の芋)が気になっていたのでした。
酸性土壌を好むアピオス。 
「ピートモスを買って来るまで待っててね~」という訳で取り残されていました。

掘りだしてみると、白い根っこがニョキニョキ。

IMG_0916.jpg

IMG_0914.jpg

IMG_0917.jpg
使い古しの穴あきマルチを利用して、ピートモスを混ぜ込んでいた畝に植えました。
秋には、癖になりそうなお味のアピオスが収穫できるかな。
結構好評なんです。お楽しみに~。

この畝には、ネットが必要な種類を予定しています。
アピオス、春まきスナップ豌豆、はな豆、シカク豆。
アピオスもマメ科なので、4種類ともマメでした。

おたふく豆の摘芯

2016・04・01

おたふく豆の新芽を食す!!


今日は朝から雨でした。
春の雨にしては結構冷たく感じました。
昨日は、春のシャワーを感じて貰おうと、トンネルをはがして帰ったのでしたが寒かったのでは?
かえって、ちじこまっちゃったかな?


おたふく豆も花盛りとなりましたが、春になると新芽(柔らかい)に真っ黒なアブラムシが付きます。
ねばねばの黒い粘液を出して群がリます。

多発する前に、新芽を摘み取ってしまいます。


IMG_0894.jpg
IMG_0904.jpg

柔らかい芯の部分を食べましょう。
2月頃だったか? 一株8本立てに摘芯した時、摘心した新芽を食べた事があります。
オイルでさっと炒めて、だし醤油をほんの少し、七味唐辛子を一振り。
ほろ苦くってシャキシャキ感あり。
結構いけました。



野菜の花の好きなHさん。

青空に赤いエンドウの花も素敵です。

IMG_0899.jpg
IMG_0903.jpg

IMG_0897.jpg

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

Extra

MYブログ来訪カウンター

プロフィール

むぎわらくんちゃん

Author:むぎわらくんちゃん
私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR