FC2ブログ

Entries

ぼかし肥を!!

2016・02・29



またまた、悩めるぼかし肥。



初挑戦ぼかし肥作りです。
14日に仕込んで以来15日目です。
発酵不足のまま熱が上がらなくなってしまいました。
原因は温度不足? 切り戻しの頻度?

温度計を差し込んでみると25度。

「そうだ。踏み込み堆肥が発酵中。あの中に置いてみたら?」


IMG_0466.jpg
では早速、土嚢袋に詰め替えて。

IMG_0467.jpg
発酵途中の踏み込み温床の上へおきました。
温度を計ってみると60度。
「下からほんわかと温まっていい気持ち。」って事にならないかしら?


IMG_0468.jpg
今日は、また冬将軍の到来で寒いです。
しっかりカバーをしておきました。

どうなるかな~?
スポンサーサイト

発芽いろいろ!!

2016・02・27


ビニールトンネルの中では!!




私の悪い癖でと言おうか?性分と言いましょうか。
少し春めいてくると、種蒔きがしたくなっちゃうんです。

3月のお彼岸頃になれば、何もしなくってもちゃんと発芽してくれます。
まだ寒いこの時期では、農ビのビニールトンネル。それも不織布と2重掛けをしなければなりませんで~す。

今日は、どんなかな~と覗いてみました。

ほら、可愛い双葉が。

IMG_0456.jpg

IMG_0457.jpgIMG_0458.jpg
IMG_0459.jpgIMG_0460.jpg
IMG_0461.jpgIMG_0462.jpg

カールパセリ以外は可愛い双葉の勢ぞろい。
殆ど古種だったのにね~。


墨汁入りのあんか入りのトンネルの中、トウモロコシさんは?
IMG_0464.jpg
頑張りました。

踏み込み温床&ぼかし肥作り

2016・02・26


その後?




ぼかし肥作り   2月14日
踏み込み温床  2月23日

途中経過。
ぼかし肥は、このところの気温が低いせいか? 発酵止まってしまったようです。
踏み込み温床は、今日で3日目。順調に温度が上がっています。

IMG_0453.jpg

IMG_0454.jpg
70度まで発酵熱が出ていたのに、温度が下がってしまいました。
2週間経過しましたが、まだアンモニア臭が強烈です。
色も茶色。ぼかしの白っぽい色とは程遠いですね~。
発酵促進剤を、混ぜて再発酵を狙います。
明日から、暖かくなるとの予報です。何とかなってほしいです。



踏み込み温床は?
IMG_0440.jpg

IMG_0442.jpg
23日に仕込んで、初めて様子を見ました。
65度まで温度が上がっていました。
30度くらいまで温度が落ち着いた所で、芋を伏せ込む予定です。

じゃが芋の植え付け

2016・02・24


またも、深みぞ植え!!


じゃが芋にも、萌芽の早い遅いがあるようです。
キタアカリや男爵は早生。アンデスも萌芽は早いような?
シャドークイーン、ピルカは中晩生のようです。

早めの植え付けで、根をがっちりと張らせることが収量アップにつながる。
某園芸書に、寒い時期の植えつけ方 「根岸流覆土術」の記事を見つけました。
種イモの凍結や霜害を防いでくれるようです。


IMG_0434.jpg

IMG_0433.jpg
キタアカリとアンデス。
じゃが芋畝に20センチ程の深さの溝を切り、30センチ間隔で種イモを。
その種イモに、こんもりと土を被せてしっかりと押さえました。
厚い覆土が、種イモを霜害から守ってくれるとの事です。

20日程たち、覆土を割って芽が地表に出てきたタイミングで、芽が隠れるくらいの厚さで、ふんわりと土を被せます。
2度目の覆土。これがみそですかね~。


IMG_0438.jpg
今日は、余りにも寒さが厳しいので透明マルチをべた掛けしました。
溝を掘っている分、空間が空いて保温効果があるのでは?
芽が出るまで、時々覗きに行かなくっちゃ~ね。
お天気の良い日は、かなりの温度になるはずです。


さ~て。お天気次第ではマルチを剥がしたり、穴を開けたり。
今後は、毎日の気温のチェックをしなくては。


踏み込み温床作り!!

2016.02.23

踏み込み温床作り!!




昨年のサツマイモ 「紅はるか、安納芋、安納黄金」 
紅はるかは、蒸しても焼き芋にしても上品な美味しさ。
安納と安納黄金は、干しイモでめちゃ美味しい。
芋大好き人間。
では、苗を作ろうじゃあないの。って発奮したのです。

この踏み込み温床。前々からやってみたかったのです。
果菜類の苗立ても可能になりますしね。


IMG_0428.jpg
IMG_0427.jpg
堆肥つくりの枠を利用しました。

IMG_0430.jpg
 野菜の残渣(干し残渣&生)、屑わら、米ぬか、発酵剤、水。

IMG_0431.jpg
残渣、屑わら、米ぬか等、水をサンドイッチにして踏み込んでいきます。
5~6層踏み込みました。


IMG_0432.jpg
最後にもみ殻を敷き詰め、被いをして光線や雨が入らないようにします。
本によると、だいたい1週間くらいで発酵熱が落ち着いて来るらしいです。
30度くらいまで下がって来たら、芋の植え付けを始めます。


「今日は、大仕事になるんじゃあない?」
と、腹をくくって始めたのでしたが案外早く出来ました。

上手く発酵してね。お願いよ!!

種ジャガ芋

2016・02・20


今年のじゃが芋・5種類



発注していたじゃが芋の種が届きました。
芋のお買い得福袋 5種類  2.5㌔  880円。
定番の「男爵」「キタアカリ」「アンデス」
カラフルポテトでは、「シャドークイーン」が入っていました。
ホッカイ97号 「ピルカ」 は、初めて見る品種でした。
ネットで調べたところ、メイホウと十勝コガネの掛け合わせで作られた品種との事です。
メークインに似た少々粘質の芋。煮崩れがしにくいのでしょうね。


IMG_0419.jpg
今年は、早植え、早だし分にアンデス赤とキタアカリを。
遅植えを男爵、シャドークイン、ピルカをと考えています。

明日はさっそく、浴光育芽を行う事にしましょう。

ぼかし作りその3

外に出したぼかしが、温度が低くなってきました。さあどうしよう?
寒いんだから、お布団を!

今日は暖かくなってきました。

バッチリ。
70度近くまで上がっていました。
あー良かった。

今日は一日お百姓で~す。

2016・02・18

大霜の朝は上天気!!


夕べはえらい寒いと思っていたら、今朝は大霜でした。
10時前だというのに、場所によってはまだ土が凍っています。

今日は一日のつもりです。
まず、種蒔き。


IMG_0408.jpg
IMG_0409.jpg
透明マルチに穴を開けて、春まだ早い時期での種蒔きです。
小松菜、水菜、サラダ用レタス類、辛み大根等など、ちょっとずつです。


IMG_0412.jpg
不織布と農ポリの二重かけ保温です。
3月4月の野菜のはざかい期に重宝します。



そして、里芋用の畝も準備しました。
透明べた掛けで、地温を上げるつもりです。


IMG_0413.jpg

今日は頑張りました。
腰が曲がってお婆ちゃんになってしまいました。

トウモロコシの種蒔き

2016・02・18


今年も溝底蒔き!!



今日は、あらかじめ地温を上げる為に透明ビニールを掛けて置いた畝に種蒔きしました。
墨汁入りペットボトルを湯たんぽ代わりにしている畝です。
作付帳を見ると、昨年も20日に種蒔きをしていました。


IMG_0402.jpg
あんかを使うと3日で発根します。
今年の一番手・トウモロコシは、ゴールドラッシュ。
二番手は、ホワイトコーンのF1シルバートップ。
ホワイト種は初めて手掛けます。生でも美味しいとか?


IMG_0404.jpg

IMG_0405.jpg
2条畝の中央に墨汁入りペットボトルを並べました。
植え溝は、10センチ程の深さに掘って、底に種を蒔きました。
もみ殻燻炭で覆います。


IMG_0406.jpg
不織布と透明ビニールの2重掛け。
ペットボトルのおかげで、上手い具合に植え溝に空間が出来ました。
かなりの気温上昇が望めます。

昨年は、5月下旬収穫でした。
アワノメイガの発生も見られず、2本取りが出来たと記憶しています。


豆好き、芋好き。今年も上手く出来るといいな~。

ランの開花

2016・02・16


原種に近いラン!!



亡き母から株分けしてもらったランです。
もう10年以上になるかしら。
毎年、咲いてくれます。
開花したばっかりの時の色合いが大好きです。


IMG_0397.jpg

IMG_0396.jpg
リビングに春をもたらしてくれました。

ぼかし作り・その2

2016・02・16


ぼかし作り・その2


ぼかし作り、今朝で丸2日目。
だいたい、2日で発酵が始まるとの事で開けて見ました。
湯気がほわ~ん!! なんか香ばしい香りがしています。
温度計を差し込んでみると60度。 やったね!!
最初の難関突破です。

第1回目の切戻しを行いました。

IMG_0390.jpg
IMG_0391.jpg

夕方近く帰宅すると、家中に芳しい臭い?が立ち込めていました。
これでは、ちょっと~。
防寒対策をして外に出しましたが、発酵が遅れるかもしれませんね~。
ちなみに、温度計を差し込んでみると70度に上がっていました。

IMG_0399.jpg
さあ、どうなるかしら?

宇宙芋

2016・02・14



宇宙芋!!





別名エアーポテト。
これも、カタログで気になって居ました。

「植えてみる?」 友人から戴きました。
ネットで調べると、結構面白そうです。
食べ方もいろいろ。


IMG_0374.jpg
昨年は、なたまめが道行く子ども達に人気でしたが、これはどんな反応を見せてくれるか楽しみです。

ぼかし作り

2016・02・14

ぼかしつくり!!




以前から、追肥にぼかしを使ってみたいなと思っていました。
某園芸書春号に詳しく掲載されて、俄然やる気がむくむくと!!

基本材料は、腐葉土、発酵鶏糞、米ぬかですが、魚粉や燻炭、カニが殻、バットグアノ等用途に合わせた作り方もできるようです。
初めての事で、凡庸性の高い基本の配合にしました。


IMG_0368.jpg
プラスティックの衣装ケースに、同量の基本材料を入れて丁寧かき回しました。

IMG_0369.jpg
少しずつ水を加えて、水分が全体に行き渡るように混ぜる。
手で握った時、はらりと崩れるくらいの水分量が良いそうです。
少しべチャッとしすぎたかな?


IMG_0371.jpg
気温が低いと発酵しない。我が家で一番暖かい所、リビングに鎮座です。
上手く発酵してきたら、臭いんでは?と少し心配です。
微生物は、紫外線に弱いので薄暗い処(遮光)におく。
50度くらいに温度が上がって来たら、切り返しを行う。
2週間くらいで出来上がるとの事です。

畑の堆肥場で、落葉、残渣、切りわら等での堆肥つくりは良くやっています。
発酵熱や切り返しの知識はありますが・・・・。
はたして、上手くぼかしになってくれるのか?
夏の果菜類やメロンが、甘く美味しくなるように使ってみたいのです。

早植えには透明マルチを!!

2016・02・12



透明マルチと墨汁入りペットボトル



もう、三寒四温の時期が来たのでしょうか?
今日から3日ほどは気温が高いとか。
周りでは、じゃが芋の植え付けが始まっています。
まだ早いのでは? と思いつつやはり気になります。

暇を見つけて、里芋、じゃが芋、トウモロコシ、小物野菜用の畝を作りました。
そこで、透明マルチで地温を上げてて置く事にしました。

某園芸誌に、黒色ビニール袋に水を入れ条間に並べて置き、トンネル内の温度を上げる記事が載っていました。
黒色が太陽熱を吸収して、夜間放出して冷気の緩和になっているという事でした。
トウモロコシの早植えに使ってみよう。
と。ビニール袋は扱いにくいのでペットボトルに墨汁を垂らして並べる事にました。


IMG_0359.jpg

IMG_0360.jpg
透明マルチの場合、空間がある方が保温効果があるとの事です。
昼間、ペットボトルを触ってみるとかなり暖かくなって居ました。
今度の寒波が過ぎた頃、芽出しをしたトウモロコシを種蒔きするつもりです。
不織布のべた掛けもした方が良いかもね。


IMG_0362.jpg
IMG_0363.jpg
じゃがいも、小物野菜の畝。
畑が、マルチやらトンネルでだんだん白くなって行きます。


これから、忙しい季節の到来です。

戦後70年「魂のヒストリー」冊子

2016・02・08

「魂のヒストリー」 冊子完成。


「わあ~。立派な本!!」
先生の教室に積み上げられた本を見て、思わず歓声を上げました。

昨年の7月から始まった、助成金事業の冊子作りでした。
傾聴をさせて戴く中で、戦後70年たった今でも、戦争体験をリアルに語られる高齢者の方がた。
このような体験談をもっとしっかり聴き取って、次世代を担う若い人々に語り継いでいきたいという
思いから始まった事でした。
NPO法人kunこころの宮 長原先生を中心に8名のボランティアが力を合わせて作り上げた冊子です。


IMG_0346.jpg

IMG_0344.jpg

IMG_0345.jpg
見て下さい。
戦争の辛いお話ばかりの中に、ほんわかと柔らかい絵と先生のパステルアートがちりばめられ、戦争体験の本とは
思われない位優しい雰囲気の本に仕上がっていました。

これから、如何にして多くの子どもや若い方達に手の取って貰えるかが課題です。


IMG_0341.jpg
紙芝居も4つ。手作りです。
3月13日には、紙芝居上映会を取り入れたお披露目会を行います。

私も、「軍需工場での日々 ~16才の私~」 を読み聞かせることになっています。
昔、息子たちが小さい頃に童話などを読んだやった事がありますが。
さあ、大変です。

春の息吹!!

2016・02・07


モズさん!!


畑にも梅の花とフキノトウが咲き、春の気配です。

IMG_0324.jpg

IMG_0321.jpg

今年もモズさんが来てくれました。

IMG_0319.jpg

今朝は、少し雪がちらついていました。
じゃが芋の畝作りをしていると、梅の木にモズさんがきました。
掘り起こされたミミズを、狙っているのでしょう。
何度もゲット。
目がいいのね~。感心しました。

エンドウ豆の育ち

2016・02・05


暖冬と寒波



今年のエンドウ豆。
家庭菜園にかかわらず、専業農家さんでも伸びすぎた枝葉に猛烈な寒波で傷んでいます。
低温と猛烈な風で凍みてしまった新芽。


IMG_0284.jpg


最近の様子。

IMG_0302.jpg
IMG_0281.jpg
株元から、新しい脇芽がたくさん伸び始めました。
この子達を、上手く育てたら多くの収穫が望めるかも知れません。
頑張ってや~。

豆類は、なんと言っても採りたてが命です。

作付準備

2016・02・04


立春・・作付の準備を!!


日差しも少し長く、少し強く感じられるようになりました。
嬉しいですね。

一番初めは、里芋とじゃが芋の畝作りです。
春先の葉物野菜も、ビニールと不織布を2重掛けして種蒔きしたいし。
ぼつぼつ始めました。


IMG_0303.jpg
里芋床。
もう少し寒ざらしをした後、有機肥料を割り肥えでいれて、透明ビニールをべた掛けしておきます。
地温を上げるためです。
3月初め、里芋種を逆さ植えの予定です。



リーキと太ねぎ。
2月いっぱいで、収穫を終えるつもりです。
今年も満足のいく出来具合かな?
嬉しいわ~。


IMG_0299.jpg
IMG_0300.jpg

IMG_0297.jpg
リーキ(西洋ネギ)と太ねぎ。
リーキも、ヨーロッパのどこの国だったかな?
スーパーで見かけたのと遜色ない太さに育ちました。

IMG_0304.jpg
さて何にして食べようかな?
リーキを1本刻んでオリーブオイルで炒め、生パスタにペペロンチーノロッソで絡めました。
結構いけましたね~。ワインともバッチグー。
リーキはネギとは別物です。
スープや煮込み料理によく合うらしいです。

おたふく豆

2016・02・03


うあ~。脇芽が!!
 




久しぶりです。
今日は一日畑で過ごせます。

ちょっと気になっていたのが、おたふく豆です。
「伸び上っているよな~。」

おたふく豆は、6~7本仕立てで育てます。
ぐんと立派な樹勢を保たないと大きな鞘が付かないのです。


IMG_0280-001.jpg
IMG_0287-001.jpg
IMG_0293-001.jpg
脇芽までが育っていました。
結局、半分ほど取り除き、8本残しました。



これ、食べてみようかな?
おたふく豆の新芽、美味しそうです。

豆苗が売られてるんだから、これも豆じゃん。

IMG_0294-001.jpg
ザクザクと切りごま油で炒めて、だし醤油を少し。
シャキシャキとして、少しほろ苦い味でした。
ボイルしたソーセージに添えて、美味しかったで~す。

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。