FC2ブログ

Entries

じゃが芋の実!!

2015・06・30


じゃが芋の種を見たい!!




じゃが芋は種ジャガを植えて収穫します。
今まで、種取りをしようなんて思った事がありませんでした。
「種を採ったら、芽が出るのかな?」

どんな種?見た事無~い。


P6300359.jpg
実の熟すのを待っていましたが、なんだかじゃが芋の枝の元気がありません。  
枝を持ち上げると 「ぽろっ」 って実がこぼれました。
残った子達も、完熟するまでもたないかもね。
実は、赤くなるのか?黄色くなるのか?
見たいよね~。


P6300361.jpg
横半分に切ってみると、ゼリー状になった果肉に沢山の種が。
ちょっと舐めてみよ。ほのかに甘酸っぱい果物のような味がしました。
「毒にはならんでしょう?多分ね。」 と、後で思いました。
スポンサーサイト

丹波の黒豆摘芯

2015・06・30


黒豆&ピーナツ!!





黒豆の枝豆 & 茹でピーナツ。 めちゃ大好き!!
秋の収穫に向けて栽培を始めてます。


P6300352.jpg
P6300353.jpg
豆の実が双葉になって出てきました。
本葉が出てきた処で摘心をし、脇芽を延ばして2本立てに仕立てます。
倍の収量を狙っての事。
大豆の枝豆も美味しいけれど、粒のでっかい丹波の黒には敵いません!!



P6300357.jpg
そしてピーナツ。ピーナツの花も可愛いでしょう。
花が終わると、枝からストローのような管を延ばして土に刺さり、その先にピーナツがなります。
摩訶不思議な育ち方。「よく出来てるな~」って思います。
香ばしいピーナツも美味しいけれど、掘ったばかりの茹でピーも大好きです。


P6300354.jpg
またまた、これもお試です。なす、ピーマンの間作。(某園芸書に載っていました)
横に広がらせて育てるピーナツは、夏の乾燥防止の役目と、マメ科の根っこに着く
根粒菌の窒素をナスやピーマンに補給するというお役目をになって居ます。
ナスの株間をかなり取ったつもりでしたが、ピーナツにとって少し日光不足かな?
ナスの摘葉をしながら凌いでいますが、少し間延びした育ちになっています。

元肥一発!!ナスの育ちも今のところ順調です。

ゴーヤの棚・ひさしの継ぎ足し!!

                                     2015・06・28

ゴーヤの蔓がいっぱいに!!





夏野菜の育ちも、それぞれに元気な様子。
ゴーヤも、棚を超えそうです。
竹を使って継ぎ足してみました。


P6280022.jpg

P6280025.jpg
棚の下で、アップルちゃんがぶらぶらとなり下がる様子を見るのが楽しみです。

P6280024.jpg
このところの雨で、急速に肥大が進むと、アップルちゃんがうりざね顔になってきました。
この双子ちゃんは、嫁入り先が決まっているのですが、アップルとは言えなくなりましたね。

どうしよう!!

健気だねえ!!

2015・06・28




カマキリの赤ちゃん!!



昨日の朝の事です。

裏庭に、おはぐろトンバがひらひらと。
「うわ~。この辺りでも、育って居るんだ」
嬉しくなって、カメラで追っかけましたがなかなか難しい~。

腕に何かがもそもそ。


P6270384.jpg

P6270390.jpg
キンカンの葉っぱに移してやると。
なんと、雨粒を 「チュー」って吸ったのです。
感動しましたね。なんと健気な事よ。
生きなきゃならないものね。頑張ってるんだね~。
(少しピンボケは、ご容赦を!!)


私も頑張ろ!!


おまけ

P6280401.jpg
今年初収穫のかぼちゃ。
  長ちゃん (3㎏) 
  北の紅  (昨年の残り種、ホクホクととっても甘~い品種。)
1週間くらい置いて、お味見のおすそ分けをしましょう。

自然農法!!

2015・06・27


水田中耕作業・「ころばし」



今時、珍しい風景です。
田植を済ませて苗が少し育って来た頃、除草のための中耕作業です。
このような道具を使っての、作業は見かける事が無くなりました。

田植えの終わった後、除草剤を一回蒔くだけで稲刈りまで草が生えて来ない農薬を
入れるのだそうです。(何だか怖いような)


P6270397.jpg

P6270396.jpg

私の畑の道路を挟んだ向かいの田圃で、自然農法を頑張っておられる方です。
写真を撮らせていただきました。

昔、父母が米作りをやっていた頃には、「ころばし」と呼んでいましたが、1条づつ泥をかき混ぜて
除草のために押して歩くのです。
泥の中を、稲を痛めないように気を付けて押して歩くのはかなりな労働です。
縦と横。何回かやっていたのでは?
私たち子ども達も、少し大きくなると手伝いをしたものです。


今は、全ての行程を機械化して楽になっていますが、全てを手仕事でやっていた頃は、
田植えは、1年で一番大変な時期でした。
学校も、田植休みがありましたものね。

マクワウリの花盛り!!

2015・06・25


今年のマクワはひ孫蔓に?



メロンはなかなか難しいので、マクワウリ系統を2本ほど植えています。
今年は、少しはりこんで 「F1王銀」 を注文。
「高糖度だけれど後味爽やか、歯切れもシャキッとで最高」 ですって。

子蔓を摘芯して、孫蔓に雌花の付くのを待って居ましたが、雄花ばかりでなので、
孫蔓を摘芯してひ孫蔓を出させました。


P6250027.jpg

P6250024.jpg
雄花
P6250023.jpg
雌花
四方八方に広がった蔓に、沢山の花が咲いていました。
今日は、良い天気で良かった。
雨続きだと受粉が出来ないものね。


P6250025.jpg
株の根っこの辺りに、着果したマクワが5個程育ち始めています。
特徴の縞が現れ始めていました。

昨年は、つる割れ病が出て、一気に枯れてしまった苦い思いをしています。
頑張って収穫まで持ってくれると嬉しいのですがね。

ズッキーニ着果!!

2015・06・22



私、かぼちゃの父さんの花粉で・・・・・。





ズッキーニは、雄花確保のため2本以上。 その1本が病気になり撤去。
かぼちゃのように蔓が伸びないズッキーニは、雌花に対して雄花が少ないのです。

先日、雄花が無いので、かぼちゃの雄花で受粉したズッキーニが大きく育ちました。

やはり、同じかぼちゃの仲間。
今後もそうしましょう、かぼちゃの雄花は毎日いっぱい咲くものね。


P6210357.jpg
取り遅れ気味ですね。
あっという間に大きくなるのです。

ゴーヤ・3兄弟?

2015・06・22



今年のゴーヤの勢ぞろい!!





国華園購入苗の白色 「アップルゴーヤ」。(520g 少し小ぶりです)

昨年のアップルゴーヤ自家採取 「グリーンちゃん」。(480g)
従来のゴーヤ購入苗。従来ゴーヤ(350g 少し早採り)


P6220365.jpg

P6220366.jpg

自家採取種の苗2本を植えました。

種取りをしても多分駄目だろうと思いながら、どういう風なゴーヤが出て来るのか?
虫による交配で普通のゴーヤの花粉が交じってかもしれないと思いつつ、楽しみにやってみたのでした。
I本がアップルゴーヤ、もう1本がこのグリーンちゃんになりました。
アップルゴーヤの遺伝子を貰ってかゴーヤのいぼいぼが大きく肉厚です。
長さもずんぐり型、色も灰色がかった渋い色で艶があります。
お味は?苦味が少ないのでは?

この子は、今日お嫁に行ちゃいました。

次の子でお味見しましょう。


これ以上は落ちないで!!

2015・06・21


蜂谷柿の生理落下!!



渋柿の蜂屋柿。一昨年1個。昨年13個。さあ今年は?
干し柿大好き。 「今年は、沢山実を付けたぞ」 って楽しみにしていたんです。
ところが始まりました。、生理落下が。
「もう、これ以上落ちないでよ」
いや~。もう10個も残っていないのでは?

今年は、我が家の柿で沢山作れると思っていたのに。
ショック!!


P6210352.jpg

P6210354.jpg

P6210355.jpg
渋柿とはいえ、葉っぱがでっか過ぎますね。
1月にやった寒肥の効きすぎかな?
肥料屋さんで有機のいい肥料を見つけたのです。
遅くまで肥料分が残ったのかもしれません。
また、一つ勉強しました。

アップルゴーヤ初収穫!!

2015・06・20


果菜類の収穫が!!


梅雨も、本番を迎えて湿度100%に近いかな?
畑を覗く度に、雑草たちも元気に背伸びをしています。

カボチャやキュウリ等にうどんこ病、べト病なども現れ始めていますね~。
太ねぎの苗にも何やら。

果菜類も本格的に収穫が始まりました。
今日は、アップルゴーヤを初収穫してきました。


P6200348.jpg
透き通るような白色のべっぴんさん。初なりです。
重量を計るのを忘れましたが、1キロはあったかな?
後ろのゴールド桃太郎もかなり大きかったな~。
今日の野菜類は、全部孫送りです。


P6200345.jpg

P6200346.jpg
ニガウリ棚に届き始めました。
棚の下で、アップルちゃんがぶ~らぶらとなり下がる様子が楽しみです。
今、成っているアップルちゃんは、全て購入苗分。
自家採取の2本。I本が白色アップルかな?と見ています。
やはり、雌花の付きも悪いような気が?
思い過ごしかな?


P6200347.jpg
トマトも着色し始めて収穫がはじまりました。
お味も、まあいけるかな?ってところです。

ズッキーニ!!

2015・06・16


雄花がない!!



この処、かぼちゃの受粉のため、7時頃には畑に行きます。
かぼちゃは、3種類。子蔓にかぼちゃが沢山着果し肥大し始めています。

今朝は、ズッキーニにも雌花が2個さいていました。
が、雄花が咲いていません。
ズッキーニも、かぼちゃの種類、「え~い、かぼちゃの花粉を付けてやれ。」
という訳で「長ちゃん」の花粉の登場となりました。

さてさて、どうなることでしょう?

(トマトトーンは、トマトで使いきってしまいました。)

P6160360.jpg

P6160361.jpg


P6160365.jpg
カラスによるトウモロコシの食害。
アワノメイガの被害は、ずらし蒔きで比較的少なかったのですが、油断すると
こういう事に。

私が食べます。

大玉トマト栽培の悩み!!

2015・06・14


トマトの環境制御!!





家庭菜園での栽培で、一番面白くて、難しいのがトマトと思って居ます。
みんなの一番人気もトマトですもんね。

毎年、味の良い大玉トマトを、せめて7果房まで収穫できるようにと、いろいろ考え工夫
して栽培しているつもりですが、なかなか思うようにはなりません。

某園芸書、7月号にトマトの生理障害「尻腐れ果」についての記事がありました。
「あー、今年はやはりかん水量の不足だった~」
5月の高温乾燥。おまけに水はけを良くしようとの高畝。かん水なし。
尻腐れ予防にと、それなりにカルシューム分の施肥もやっていました。

肥料は、根から吸われた水の流れにのって、植物体内に取り込まれる。
そして、チッソやカリウムなどは古い葉から新しい葉に容易に移動することができるが、
カルシュームは出来ないため、カルシューム欠乏は、蒸散があまり行われない果実、花、新葉
等に起こる。


納得しました。 効果的な3つの対策。
今からでは少し遅いかもしれないけれどもやってみましょう。


P6130350.jpg
今年は、実生苗にはあまり症状が出ないで、接ぎ木苗に多発しています。
中玉、ミニトマトには現れないのです。栽培が優しいと言われる所以はここからかな。
でもね~。トマトは、やはり大玉が美味しいですものね~。

黒ニンニク完成

2015・06・14


黒ニンニク作り。大成功!!



抗酸化作用トップのにんにく。
出かける事が多いと、食べた後の匂いがちょっとね。
せっかく作付しても、にんにくオリーブ油を作る程度でした。

黒ニンニクだったら、あまり気にしなくても毎日摂取できそうです・


P6140356.jpg
小さな炊飯器でしたので9玉。保温状態を7日間。
上手く出来上がりました。

友人は、黒ニンニクをはちみつに漬けて保存したところ、「とろ~と、めちゃ美味しい」 そうです。
毎日一粒ずつ。元気が出るかな?

この処、体調があまり良くありません。(パソコンを開けるのも辛かった。)
3日前には、気分の悪さと血圧の急上昇(180近く)で、眼科と内科の病院のはしごをしました。
以前の緑内障発作と同じ症状でしたので、眼圧かな?と思ったのです。

結果は、ドライアイだったようです。
ヒアルロン酸の目薬をさし続けて、症状がなくなりました。
血圧も下がってきたのです。

みんな連動しているんだ~。
驚きました。





食用ほうずき!!

2015・06・11


懐かしい形!!




今、周りの田圃では、田植えの真っ盛りです。

田植えも、みんな機械でやられてあっという間に終わりますが。

P6110387.jpg






初栽培のほうずきを覗いてみると、懐かしい形の実が膨らんでいました。

昔、田舎で遊んだほうずきと育ち方が違うようです。
あのほうずきとは、別物かな?


P6110373.jpg

P6110382.jpg
ほうずきの花

P6110376.jpg

良いのか・悪いのか?

2015・06・10



キャベツの切株再生作り?



勝手に名前を付けました。
「キャベツを収穫した切り株から再生してくる芽をもう一度収穫しよう」
愛読書に実践されている方の記事を参考にしてやってみました。

 (そうだ、切り株キャベツの赤ちゃんの写真をアップしたことがありましたね。)
5月23日でした。

P5230021.jpg

今、こんな状態。双子ちゃんです。
随分大きくなりました。

P6100370.jpg
古い外葉を残そうかずいぶん迷ったのです。
赤ちゃんも随分大きくなった事だし、外葉が虫か病気か傷んできたのでもぎ取りました。

もう一度追肥をした方がいいかな?
もともとミニキャベツなんだけれども、せめて一握りぐらいのキャベツになって欲しいものです。



今日のおまけ。

P6100366.jpg
一握り位の大きさになりました。

P6100364.jpg

P6100365.jpg
トマトも熟れ始めました。

お試収穫!!

2015・06・10




トウモロコシ&枝豆の熟し加減は?



お試し収穫をしました。
あまり未熟でも熟しすぎても!!
一番美味しい時期で食べたいのが豆です。
だから、収穫適期が本当に短いのです。

まだ寒い2月下旬から準備、アワノメイガの発生時期に当たらないようにと。
おかげで、今収穫のトウモロコシには、嫌なあの虫は付いていないようで綺麗です。

大成功、 嬉しいな。!!

P6100368-001.jpg
嬉しい事に、今年は一株で2本取りが出来そうです。

P6100372.jpg
お昼ご飯にいただきました。
枝豆は少し早いようでしたが、トウモロコシはいいかな?

近いいうちに宅急便で!! 勿論孫にで~す。

里芋には雨!!

2015・06・09



今日は本降り!!




梅雨らしくなってきました。
この雨、里芋たちは喜んでいる事でしょう。
梅雨明けまでに、しっかりとした枝葉を作っておく事が収量に関わるとの事です。


P6070351.jpg

P6070352.jpg
5月の乾燥で伸びが悪かった里芋も、ぐんと背伸びをしてくれることでしょう。
頑張ってね。

私たち劣等生なの!!

2015・06・08


初なり!!



ゴールド桃太郎。みどりちゃんんのアップルゴーヤ。曲がりきゅうり。
私たち初なりは、何故か劣等生です。

ゴールド桃太郎は、尻ぐされの後遺症。
みどりちゃんは、自家採取の原種帰り。
曲がりきゅうりは早くも肥料不足?おかしいな~。


P6080363.jpg

なかなか思うようにはいきません。

ササユリ!!

2015・06・07


ササユリ!!



奈良・大宇陀町・滝谷菖蒲園の花々です。
希少品種になっているササユリが咲いていました。
里山の豊かな自然を生かした中に、季節を通して花が咲くようです。


昨日のニュースで、奈良の大神神社の境内で、ササユリ保存のため栽培している様子が
放映されました。そのササユリは、何輪も咲いていましたが、山では1輪づつでした。


P6060288.jpg

P6060296.jpg
サムネイルでアップしています。ぽちっとクリックして下さい。


P6060300.jpgP6060280.jpg
P6060305.jpg  P6060301.jpg
  P6060304.jpgP6060310.jpg  
P6060309.jpgP6060267.jpg
P6060273.jpgP6060270.jpg


ニンニクの芽その後!!

2015・06・07



ニンニクの芽!!



ニンニクの芽を付けたまま残しておいたニンニク。
茎が枯れてきたので収穫してみました。

にんにくの花?花ではなかったように思うのですが。
茎の根元にニンニクの球根が出来るのですが、球根の肥大を助けるために
「ニンニクの芽は早めに摘み取る」といっていました。
園芸書には、「とうが立ってくるので早めに摘み取る」と書いています。
とうが立つという事は、蕾を意味します。


P6070350.jpg

P6070356.jpg
ニンニクの芽?の外皮を剥いた所。

P6070361.jpg
もう一枚、薄皮を剥くと「赤ちゃん」?
蕾の中には、ニンニクの赤ちゃんだった?
花でなく、種で無く、球根?
面白~い。 ミステリーですな。
これ、植えてみようかな?

黒ニンニク!!

2015・06・06


抗酸化食品・黒ニンニク



今年のにんにくは、香川県産の暖地向き品種を植え収穫しました。
黒ニンニクを作りたくって少し余分に作付していました。

ご近所さんから、炊飯器をお借りして。
2合炊き。少し小さめのため8個しか入りません。
保温状態で、一周間で出来上がり。
何度かに分けてですね。


すっごく、美味しいのです。


P6060312.jpg

P6060316.jpg

サツマイモ 安納黄金!!

2015・06・05



新品種・安納黄金!!



私、サツマイモも大好き。
昨年は、べにはるかの焼き芋にはまりました。

サツマイモは、残肥の多い私の畑ではつるボケ状態になり、芋も美味しくないので
作付は止めていました。
でも、買ってみるとめちゃお高い!!
で、今年は作付けをとなった訳です。

作付けにあったって、作付用畝には、水はけよくするために川砂を投入。
無肥料で、骨粉と過リン酸石灰を混ぜこみ準備しました。
苗は、安納芋10本、べにはるか10本を購入。
5月の高温乾燥のなか、新聞紙や黒寒冷紗で日よけして何とか生育し始めています。

畑のご近所さんが、安納黄金というめちゃ甘芋の苗を立てているとの事。
戴きに行きました。


P6050258.jpg
奥が安納芋。手前が安納黄金。

P6050259.jpg
植えこんだ芋の頂点から、芋の蔓が出ています。

P6050260.jpg
2本頂きましたこれを挿します。

サツマイモの保存は難しいのですが、新聞紙でくるんだ芋を段ボールに入れ
冷蔵庫の上に置くと腐らないで保存できます。
来年は、苗作りにも挑戦するつもりです。
楽しみだな~。

防鳥ネット!!

2015・06・05



カラスよけネット張り!!




カラスは賢い!!
苺、とまと、スイカ、トウモロコシには、カラスよけをしないと無残な事になってしまいます。
美味しくなった時を、どうして知るのかな~?
負けているわけにはいきません。
知恵比べです。

四方に支柱を立てて、ぐるりと腰巻風に。
屋根には、釣り用の釣り糸を。


P6050255-001.jpg

P6050257-001.jpg
トマトの時期が終わったら、この始末が又大変なんです。
収穫前は、ルンルン気分で設置しますがね。

ちなみに今年の本数は30本。
ミニ系3種。小玉系2種。黄色の桃太郎など大玉系です。
育ちの差もありますが、まあまあの出来かな?
と、思っています。

果菜類の赤ちゃん!!

2015・06・04




赤ちゃんは可愛いね!!



5月の連休前後に定植して、約一か月で収穫がぼつぼつと始まりました。
なんだかんだと、気のもめる事ばかりですが、一年で一番うれしい時です。
それに引き換え、冬野菜はあまり感動がないですね。
ダイコン、ハクサイが大きくなってもあまり嬉し~いとは。
こんなこと言うと、ちょっと可哀想かな?


20150604果菜類の赤ちゃん
コラージュにしました。
画像をポッチとクリックしてね。大きくなった画面をもう一度クリックしてね。
大きくなります。


おまけ

P6040270.jpg
これも可愛いね。雨が降って姿を見せてくれました。

P6040288.jpg
じゃが芋の実。
トマトに良く似た実を付けます。

そろそろ、色つきそうです。

2015・06・03

トマトの様子!!



やはり、今年も樹勢が良すぎて暴れました。
摘葉したり、トマトトーンで着果を促したり、カルシュームの葉面散布等といろいろ
手をつくして、第4~5果房まで来た辺りで落ち着きました。


P6020262.jpg

P6020263.jpg
今年尻腐れ病(カルシュームの吸収不足)は、接ぎ木の桃太郎に多く出ています。
実生の方に出ていないってのは何で?
「接ぎ木は病気に強く育てやすい」 って言うのではなかったの。
カルシューム不足だから病気ではない、技術の問題? かな。

また今年もいろいろありますようで。え~ん。 

アップルちゃんのために!!

2015・06・03


ニガウリの棚を!!




今朝は、恵みの雨がたっぷり降ってくれました。
これで、夏野菜達も素直に育ってくれることでしょう。
異常な高温乾燥で、いじけそうでしたものね。

昨日、今年もニガウリの棚つくりをお願いしました。
雨の降る前で良かった。


P6020256.jpg
購入苗アップルゴーヤ2本。 自家採取の苗2本。長ニガウリ2本。
子蔓3本立て、摘芯済。
孫蔓が庇を覆うほど伸び上ってくれるのを期待しています。


P6020257.jpg
庇に届く前に、アップルちゃんの雌花が子蔓に、そして着果しています。
少しならし過ぎかな?巨大な実を願うなら摘果した方が良いような?


P6020258.jpg
自家採取のアップルちゃん。
白色で無く 「緑っこちゃん」 になりました。

アワノメイガ

2015.06・01

アワノメイガ発生!!



トウモロコシにつく害虫・アワノメイガが発生し始めました。
雄花が出始めると卵を産み付けるのです。
トウモロコシの実を食い荒らすにっくき害虫です。


P6010308.jpg
2番手のトウモロコシ。
雄花が咲き始め、トウモロコシの雌花も見え始めています。


P6010305.jpg
P6010306.jpg
雄花の食害のある処を探してみると、アワノメイガの幼虫がいました。
薄茶色の小さな虫。だんだん大きくなって、実はもちろん茎の中まで食害します。

P6010309.jpg
まだ寒い3月の初めに種蒔き、ビニールトンネルで保温して育った一番手のトウモロコシ。
あと1週間もしたら収穫です。
アワノメイガの発生時期とずらしているため、被害は見当たりません。
脇芽などすべて残したままの栽培が良かったのか?
一株で2本取りが出来そうです。

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

Extra

MYブログ来訪カウンター

プロフィール

むぎわらくんちゃん

Author:むぎわらくんちゃん
私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR