FC2ブログ

Entries

病気もいろいろ出現!!

2015・05・31


出ました。いろいろと!!





多分、そうです。
ナスには、半身萎凋病。
トマトの第一果房には、尻腐れ病。
ズッキーニは、何かなあ~。


P5310299.jpg

P5310300.jpg
P5310301.jpg

P5310303.jpg
スポンサーサイト



アップルゴーヤの受粉!!

2015・05・30



アップルちゃんも雌花が咲きました。




今朝は、かぼちゃの雌花はなし。
購入苗のアップルゴーヤが3個の雌花を咲かせていました。
たくさんの雄花も同時に咲かせるんですよね。


P5300293.jpg
花弁を、精一杯広げて受粉を待っているような。

P5300291.jpg

P5300295.jpg
明日の朝咲きますよ!!

P5300292.jpg
自家採取のアップルちゃん。
少し育っています。  「あなた、緑っぽくない?」

やはり、元のゴーヤの遺伝子が出てきたのかな?

食用ほおずき

2015・05・28


食べてみました。


食用ほおずきを友人から戴きました。
初物です。 ご馳走になります。
「うん、なる程、カタログに載ってる写真と一緒だな」
うん~。お味はもう一つかな? あの仰々しいうたい文句の割にはね。


P5270272.jpg

P5280285.jpg
購入苗 スウイートミニ。 

P5280283.jpg
種蒔き苗 下の方から出た脇芽は除きました。

P5280284.jpg
花が付きました。どう育つのか楽しみです。
子どもの頃遊んだ、あのほおずきの色の方が美味しそうに見えるんだけれどな。

ジャガ芋ほり

2015・05・28


畝の中までからっから!!



5月に入って何回雨が降ったかな? 畑は乾ききっています。
じゃが芋の枝葉は夏疫病が広がって随分黄色くなってきました。
この乾燥、高温が発病の原因のようです。

超極浅植え栽培と従来の作付の成果は?


P5280273.jpg

P5280272.jpg
黒マルチを剥がしたところ、土の上にじゃが芋がごろごろ。
株元からストロンが伸びてその先にいもが育っているのが分かります。P5280281.jpg
従来の植え付け畝のマルチを剥いだところ。
植え付けと同時に黒マルチを張ってそのまま。
少し芋が覗いています。


P5280278.jpg

芋はそうか病に罹っていました。細かい斑点が。
食べるのには問題ないけれど商品価値ゼロですね。
収量は遜色なし。大きさもほどほど。
超浅植えは、掘り取りに鍬を使わないで収穫できました。
今年のように、生育期間の高温乾燥では深植えの方が良かったように思います。

じゃが芋や、サツマイモには、黒マルチを張ったら収穫まで手間いらずのつもりでしたが、
超乾燥時には、水やりが必要だと勉強しました。

受粉・3種!!

2015・05・26



かぼちゃ・ズッキーニ・キュウリ





いよいよ受粉の季節。
朝の受粉作業 ・ お出かけ前に雄花の花粉を。


P5260254.jpg

P5260266.jpg

P5260264.jpg
ズッキーニ。
まだ十分とは言えない育ちなんだけれど、受粉しちゃいました。


P5260255.jpg
かぼちゃ
P5260261.jpg
キュウリ

今日の家ご飯!!

2015・05・25

キャベツステーキ


今日は、役員会、個人傾聴と一日おでかけでした。
夕方、ちょっと畑へ・・・。 また7時半になりました。

「お料理嫌だな~」 と 思いながら、昨日のキャベツをステーキに。
でも、めっちゃ美味しかった。
にんにくオリーブ油と塩コショウのみなのにね。


P5250276.jpg

P5250279.jpg

P5250282.jpg
たまねぎ、オレンジ、キュウリのサラダと。
タンパク質が無いんじゃない?
大丈夫。味ご飯の中に角煮のお肉がたっぷりです。

アップルゴーヤのカタログ

2015・05・25


アップルゴーヤのカタログ

P5250283.jpg

P5250284.jpg
読みずらい処があるかもしれませんがお許しあれ。

今年は、購入苗と昨年の自家採取の苗を2株づつ植えています。
成長は、断然今年の購入苗の方が良いです。
倍くらいの成長の違いが出ています。
昨日、自家採取の雌花に購入苗の花粉を付けてやりましたが、どうなんでしょう?

自家採取・アップルゴーヤ

2015・05・24



アップルゴーヤに雌花が!!




昨年の純白のアップルちゃん。
自家採取のたねも蒔いています。
勿論、購入苗も植えていますが、はたして真ん丸なリンゴのような形が出るかどうか?
今朝は、自家採取の方に雌花が咲いていました。

雄花は? 今年の純正の苗に咲いているではありませんか。
受粉をしてみましたが、どんな形のアップルちゃんになるかしら?


P5240268.jpg
赤ちゃんアップル。少し長いような気がしません?

P5240267.jpg
純正アップルの雄花。
花弁に少しフリルがあるような?

トマトの尻腐れ病予防

2015・05・24

尻腐れにはカルシューム!!



嫌な名前でしょう、トマトの病気です。
決まって第3、4果房が肥大し始める頃、花落ち部分が黒く腐ってくる生理障害です。
石灰分の欠乏が主な原因。気温地温の高温、土壌の乾燥などでカルシュームが
吸収できなくなるそうです。

昨年度の狭山市熟年大学野菜栽培科で教わりました。
塩化カルシュームの葉面散布。
  「塩化カルシューム・冬になると融雪剤として道に置いてあるあれです。
  今年は、袋が破れてこぼれているのを一握りゲットしてます。」

まさに、この気象と育ちを見ると、散布の時期かな?


P5240264.jpg<span style="
塩化カルシューム。 0,5%液を作ります。

P5240270.jpg

P5240273-001.jpg
第3果房の様子。

トマトは、アンデスが原産地で昼夜の気温差がある方が良く育ち、乾燥、排水の良い処を好むとか。
今年の作付は、超高畝、カチカチ床。水分を少なめに、味の濃いのを狙っています。
これだけ、乾燥高温が続くと水やりも必要かな~。悩んでいます。

とりあえず、カルシュームの葉面散布をしました。

キャベツの再生?栽培

2015・05・23



キャベツよ、もう一度!!



サニーレタス、チコリなどでは、良くやっています。
収穫した切り株から新芽が再生してそこそこの収穫が出来るんです。

キャベツでも試してみる事にしました。
品種は、 「F1よかまる」 ソフトボール大(もう少し大きい)超極早生ミニキャベツ。
この品種、なかなかの優れもの。 美味しくて食べきりサイズです。


P5230022.jpg

P5230021.jpg
残った外葉の枚数新芽が出て来るのですが、2本を残しています。
収穫後の切り口から、新芽が出て育ち始めていますね。
ミニキャベツのミニになるのかな?



おまけ

P5220257.jpg
見て下さい。この美しいぜんまい仕掛けのひげを。
ひげの先っぽの触れたところで、巻きひげを作っています。


P5220258.jpg
アップルゴーヤでした。
ネットに絡まりながら育って行きます。
今年も、リンゴのようなま~るいゴーヤを楽しめそうです。

連ちゃん畑日和!!

2015・05・22

畑仕事いろいろ!!


昨日今日と予定の入っていない日。

まず、カラーピーマンの水平ネット仕立てのネット張りをしました。
ピーマンの茎は折れやすいため、支柱をこまめに立て重量を支える手間に苦労していました。
ある園芸書に水平ネットで実を支える方法。面白~い。

P5220262.jpg

P5220263.jpg
朝顔ネットをピーマン株の第一分枝部の位置に水平に張りました。
ピーマンも、株の負担を軽くするため一番果を撤去しました。
株の高さが70センチ程になってらもう一段張るとと良いそうです。


出来上がって気が付きました。
収穫するのに、ネットが邪魔で仕事がしにくいな~。


オクラに付いたアブラムシを牛乳で退治。
P5220255.jpg

P5220254.jpg

ニンニクを収穫。かぼちゃの追肥、夏の葉物種蒔き等など。
忙しかった~。

初収穫は?

2015.05.21




一番は、やはりキューリで~す。




5月に入って適当に雨も降って、気温が高い日が続くと苗たちの成長の早い事。
トマトも第3果房の開花、ピーマン類は幼果も着果。
でも一番成長の早いのがキュウリです。


P5210290.jpg

P5210289.jpg

P5210301.jpg
モロッコインゲンの花。
真っ白で可憐な様子です。

暑さ予防!!

2015・05・19



果菜類に敷藁を!!



え~。29度。
今年の気温。まだ5月だというのに30度に届きそうな勢いです。
果菜類の畝には、地温を高める効果を狙って透明ビニールをマルチにしています。

「暑いんでないかな? 今年は、黒マルチでなく透明だからね。」
この処、気になっています。

ボランティアを済ませた夕方、畝上に藁を敷き詰めました。
何時もなら、梅雨明けの作業です。


P5190266.jpg

P5190272.jpg

P5190277.jpg

P5190280.jpg
最後に、里芋の畝のビニールも切ってやったりと。
気が付けば薄暗くなって居ました。

やれやれです。

ナスの花!!

2015・05・18


なす色のスカートを!!



ナスの花が咲きました。
第1花。株養成のために取り除きました。

見事ななす色。
お椀に浮かべて、しばし、楽しみましょう。


P5180260.jpg

P5180261.jpg

長花柱花 (ちょうかちゅうか)。
耳慣れない言葉でしょう。
花の中央にある雌しべと雄しべの状態を表す言葉です。
雌しべが雄しべの間から伸び出しているでしょう?
こういう花が咲くと、受粉が上手くいって必ず着果します。

中花柱花、短花柱花。
ナスの生育が悪いと雌しべが出て来なくなります。
追肥の目安にします。

夏疫病!!

2015・05・17


じゃが芋の病気!!



今まで、じゃが芋には気になる病気は出てませんでした。
少し変かな? 茶色い細かい斑点が出始めています。

収獲まで、後2週間は頑張って貰わなくてばね。
P5170256.jpg

P5170255.jpg

調べてみると、夏疫病。
高温乾燥期に発生しやすいとか。
じゃが芋に水やりなどはした事が無いのだけど。
この処の異常な暑さが原因かな?

これから芋が太る時期なんです。

さあ、どーしよう?
消毒をするかな~。少し手おくれの予感が。 

やっぱり豆好きだ~。

2015・05・16



豆いろいろ!!




エンドウ豆が終わって、おたふく豆もぼつぼつお終いかな。
畑を見回すと、マメ科が4種類育っています。
やっぱり好きなんだわね~。納得!!


P5150266.jpg
ハモグリバエ、灰色カビ病と競って収穫をしたエンドウ豆たち。
根っこを抜いて、からからにして焼却処分です。


P5150267.jpg
モロッコインゲン。開花中。

P5150268.jpg
アピオス。マメ科の芋。

P5150269.jpg
ニューフェース シカク豆。

P5150270.jpg
ニューフェースその2.白ナタマメ。

シカク豆、ナタマメ。 どんな食感?楽しみです。

トウモロコシの髭!!

2015・05・15



髭は雌花!!



2月28日に種蒔きしたトウモロコシ「バイカラー87」が盛んに花粉を落とし始めました。
雄花が開花するのを待っていたように、トウモロコシの実になる雌花(髭)が幹の葉っぱの付け根から顔を覗かせます。
いつも感心します。子孫を残すための仕組み、良く出来ているよな~、って。
しっかり受粉をさせないと、歯抜けのトウモロコシになるんです。


P5150271.jpg

P5150273.jpg
花が開くとパウダー状の花粉が風に乗って舞い落ちます。

P5150274.jpg

P5150280.jpg
幹には、3本ほど実が付きますが、一番上の実が充実したトウモロコシになります。
次郎、三郎は、雌花が覗いた時にむしると、中にはヤングコーンができています。
一粒一粒実がなるであろう処から、一本づつ髭が伸びていますが、美しい光沢をした絹糸のようです。
思わず見とれてしまいました。 「何て美しいんでしょう」
何本あるのかな~?


この髭、食べれないのかな? 
P5150283.jpg

P5150285.jpg
おじゃことかき揚げにしてみました。
さくっと香ばしく、いけましたね~。塩で戴きました。

毎年作付しているのに、考えても見ませんでしたが、他にも食べ方があるのでは?

微生物の起爆剤!!

2015・05・14



「炭素循環農法」 のまね事!!




2015年4月号。ある農業誌の記事を読んで、やってみる事にしました。
まず、微生物のエサ「ぼかし」作り。
米ぬか、にがり、砂状熔リンを混ぜ合わせて発酵を待ちました。

雑草防止にバークや剪定屑等のチップを5センチになるようにマルチし、チップを分解する微生物のエサにするために、「ぼかし」を薄く散布する。
木材チップのような生の有機物は、土に鋤きこまずにマルチにする事、微生物のエサとなるものを集中して施用する事が重要。
木材チップは、そのまま肥料になる事はなく、微生物の体を構成する炭素となってはじめて肥料になる。


私の場合。
作物の残渣、藁くずなどは、落葉などと共に堆肥を作っていますが、容量に限りがあるし切り戻しも大変です。
今年は、玉ねぎの跡地を、そのままかぼちゃ床とし蔓を這わせる予定です。
まずは、畝間を利用して野菜くずなどを上から発酵を試してみます。


P5140023.jpg
4月中旬。米ぬか、にがり、砂状熔りん、水を混ぜ寝かしたもの。
糸状菌かな?びっしりと白い菌が発生しています。
上手くぼかしになっているかな~?


P5140025.jpg
乾かした残渣、野菜くず等の上からぼかしを蒔いて散水しました。
いずれ、玉ねぎの収穫後かぼちゃの蔓が這って来るはずです。


P5140026.jpg

食用ほおずきの苗

2015・05・12


スウィートジュエリー・ 「スウィートミニ」 




凄いネーミングでしょう。

生食用ほうずきの苗の名前です。
今年初めて種蒔きをしたのでしたが、何度も蒔きなおしてやっと3本育ちました。
畑に定植したのですが、まともな苗は1本だけです。

天王寺で有名な種苗屋さんを覗いて見ると。 ありました。


P5120256.jpg

P5120255.jpg
I本480円。
子どもの頃、庭先の赤く色ずいたほおずきを、口に含んで鳴らした事を思いだします。
あのてのほおずきは、畑などに植えようものなら、ものすごい勢いで蔓延して大変な事になるのですが、
この食用ほおずきは、どうも勝手が違いそうです。

どう育って行くか?
また、お楽しみが増えました。


P5120257.jpg
ついでに、夏用の種物を3種類。

一段落!!

2015・05・09



春夏野菜の植え付けも!!




5月も10日。
3月上旬からやっていた今年の野菜の植え付けが、だいたい終了かな?
気温もぐんと上がって、日に日に育って行くのが分かります


P5090255.jpgP5090254.jpg   
トマト 第一果房が着果しました。キュウリ、ニガウリの畝。
P5090256.jpgP5090262.jpg
モロッコインゲン、シカク豆、アピオスなす、ピーマン、落花生
P5090271.jpg  P5090273.jpg
レタス、キャベツ混植。セロリ、からし菜、パセリ、ルッコラ等
P5090260.jpgP5090261.jpg 
エンドウ豆の収穫中。おたふく豆も。トウモロコシ開花中。


他にも、いろいろと。
今後は、手入れをしながら収穫していきます。
病気になったり、虫の襲撃にあったりと、一喜一憂しながら育ちを見守って行くのですが、
8月になると、秋冬野菜の準備に掛かるというサイクルです。


蕾がいっぱい!!

2015・05・08



蜂谷柿の摘蕾!!



裏庭の渋柿 「蜂谷柿」の蕾がたくさん付きました。
一昨年は1個。昨年は13個の収穫でしたが、今年は?

干し柿をつくります。
こくのあるまったりとした干し柿が出来るのです。
昨年の食べ比べ会では、西條柿に次ぐ評価を得たのでしたよね。

摘果の前に、ぐちゃっとたくさん付いている所は摘蕾をするといいそうです。
P5070258.jpg

P5070255.jpg

P5070261.jpg

4弁の花びらの下には、可愛い柿の実が覗いています。



落花生

2015・05・07



落花生の発芽!!



高温を好む落花生やオクラは、今ごろ種を蒔くとすぐに発芽します。

ナスの株間の落花生です。


P5070262.jpg
横に寝かせて種蒔きしましたが、土の中から顔覗かせる時は、立ち上がってますね。(オオマサリ)

P5070263.jpg

果菜類の定植の最後は!!

2015・05・07



ナスの定植



連休も明けて、気温も安定してきました。
25度前後。夏野菜の生育適温です。
苗たちを養生していたトンネルの中もナスと遅くに種蒔きしたキュウリ等が残っています。

今日は、トンネルの中でじか植えしていたナスを掘り起こして定植しました。


P5070264.jpg
白い元気な根っこが、沢山伸びているのがわかります。
軟弱苗から、やっと蕾が付くまで成長しました。


P5070266.jpg

P5070267.jpg

今年のナスは、「黒稲妻」というネーミングの長ナスです。

ナスとナスの株間の穴は?
落花生を植えています。
これも初挑戦。(某園芸書で、実践している方の記事から)
落花生の根っこにつく根粒菌の窒素をナスが吸収して成長する。
ナスの株元を、落花生が繁茂して夏の暑さ予防の役目をしてくれる。

この2点を狙っての事です。
梅雨明け後、透明ビニールを取り払います。
落花生が茂ってくれ、尚且つ秋には落花生の収穫が。
思惑通りにいくかな~。楽しみです。

じゃが芋の花も!!

2015・05・05



色とりどりで!!



今日は、子どもの日。
穏やかなお日よりで、石川の河川敷では、多くの親子連れが楽しんでおられました。

寄贈された鯉のぼりを流しているとの事。
薫風に泳いでいる色とりどりの鯉のぼり、壮観でした。

P5050230.jpg


こちらも、色とりどりです。
P5050215.jpgP5050216.jpg
インカのめざめホッカイコガネ
P5050217.jpgP5050218.jpg
男爵北あかり



P5050219.jpg
手前の畝が、超極浅植え栽培です。
今のところ、通常の植え方と遜色ありませんね~。

かぼちゃの苗定植

2015・05・04


久しぶりの雨後は!!


たっぷりではないけれど、お湿りがありました。
やはり、畑の野菜達もいきいきと新芽を伸ばしていましたね~。

玉ねぎの後にかぼちゃを這わす予定です。
かぼちゃの苗が、大きなポットの中でも根が回ってきてしまいました。
植穴の部分の玉ネギを抜いて定植をする事にしました。

中生、晩生の玉ねぎの収穫は6月の初め。
後作のかぼちゃの定植時期との計算ミスです。
ま、仕方ないね。


P5040215.jpg
玉ねぎを2本抜いて、植穴に有機配合肥料を入れ、間土をして定植です。

P5040216.jpg
かぼちゃは5本。
北の紅、紅ロマン、長ちゃん。

レモンにアゲハ蝶

2015・05・03

私は天敵?


レモンやキンカンの新芽が伸び始めると、アゲハ蝶がやってきます。
毎日、薄クリーム色の小さな卵をたくさん産み付けて行くんです。
葉っぱを触るとレモンの香りがしますが、
アゲハさん、触りもしないのにどうして見つけるんでしょうね。

毎朝、卵や孵化した幼虫を取り除かないと、たちまち丸坊主にされてしまいます。
10個や20個は、ざらで~す。


P5020202.jpg
レモンの花
P5020210.jpg
孵化して何日かたったアゲハに幼虫。

なたまめ&落花生

2015・05・02



高温を好む豆類!!




こう暑いと、もういいんじゃない?
初めて栽培する「なたまめ」、大粒落花生「オオマサリ」を蒔きました。
種袋を読むと、豆をきんとんにするのも良いとか。
なたまめ茶も良く健康茶として宣伝してますが、豆大好き人間としては、秋には豆として収穫して、きんとんもいいですよね。
また楽しみが増えました。
糖分とり過ぎには、ご注意をって。
そうなんですよね~。


P5020204.jpg

P5020205.jpg


my畑も、だんだん賑やかになってきました

P5020208.jpg


今日も、気温28度!!

2015・05・01



暑かった~。 真夏並みの気温です。



こう、暑くて乾燥が激しいと、ポット苗のナスは元気がありません。
もう少し育てて移植をと思って居ますが、苗床の中で地に下ろしました。

今日は、黒寒冷紗で日よけだな。
P4300213.jpg

P4300215.jpg
頑張って、早く第一花を咲かせてね。
トマトさんやパブリカさんは、圃場で育ち始めていますよ。


P5010202.jpg
中玉トマトが、花を3輪咲かせました。
トマトトーン(ホルモン剤)を ”しゅっ”とひと吹き。
第1果房は、どうしても着果させておきたいから。
その後の成長が、穏やかに育つからです。

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

Extra

MYブログ来訪カウンター

プロフィール

むぎわらくんちゃん

Author:むぎわらくんちゃん
私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR