FC2ブログ

Entries

種用里芋の保存!!

2014・11・30




来年のさと芋種の保存!! 



里芋栽培の種イモは、買って植える事もありますが、来年用に種イモを保存して使います。
今年は、和歌山芋、ま芋、赤芽大吉、を保存する事にしました。

天気予報では、週明け頃から本格的な寒さがやって来るとの事。
寒い中での作業も嫌なので、今日は一日頑張りました。


PB300003.jpg
里芋を、傷つけないように掘り上げます。
ま芋3株、、赤芽大吉2株、和歌山芋1株。


PB300004.jpg
浅い穴を掘り、もみ殻を敷き詰めた処へ、里芋の株を逆さに並べます。
たっぷりのもみ殻で覆います。


PB300007.jpg
桜の落葉をかき集めていたので、桜の葉のお布団を被せ藁で覆ってやります。

PB300011.jpg
穴の開いてない古ビニールでぴっちり覆って、出来上がりです。
3月になると、芽出しをしたり、逆さ植えでじか植えしたり。
その前2月の下旬から、土作りや元肥一発の施肥をして、透明マルチで地温を上げておきます。

又すぐ忙しい時期になるんですすね。

続きを読む

スポンサーサイト



干し柿・苦肉の策

2014・11・29


お天気が悪くって!!



気温が高く、雨の多い日が続いて、さてどうしたものかと?
干し柿のカビが心配です。

”そうだ!!扇風機の風を当てて置いては?”

家干しに扇風機、大正解。
勿論、お天気のいい日は外に出しました。


PB290006.jpg
最初に干した愛宕は、もういいかな。

PB290008.jpg
この扇風機、24時間活躍です。

健康食品 ヤーコン&菊芋

2014・11・27


大豊作 ヤーコン!!




今年の夏、異常気象で雨が多かったせいでしょうか。
里芋が豊作。ヤーコンも木の育ちが物凄くって、もしかして?
本格的に掘ったら、バケツ一杯どころではないな~。

ちょうど、友人が来ていて。
「今年最高の出来じゃない?」褒めてくれました。


PB270004.jpg
ヤーコン。 株の脇から、掘っただけでこの量です。


PB270003.jpg
菊芋です。 台風18号でばっさり倒れたにもかかわらず、芋が付いていました。
よかった~。


ヤーコンも菊芋も、キク科の芋。
ヤーコンには、プラグオリゴ糖が多く含まれていて、吸収されない糖分の為、糖尿病の方には最適だそうです。
食物繊維も多くお通じ、その他いろいろ効能があるようです。

菊芋もイヌリンが多く含まれていて、これも糖尿病に良いと言われています。
ヨーロッパでは、”エルサレム・アンティーチョーク”というおしゃれな名前で呼ばれているとか。

黒まめ&落花生収穫仕上げ!!

2014・11・26


豆類も仕上げの段階に。



豆も、収穫までには、手の掛かる野菜ですね~。
乾燥させて持ち帰っても、選別、乾燥仕上げもなかなか大変!!


PB260002.jpgPB260011.jpg
豆の鞘、屑、不良な豆等を取り除きました。大小の選別もします。
PB260003.jpgPB260004.jpg
土を洗い流してみると、駄目な豆が結構ありました。一つ一つ選別も大変です。


        PB260012.jpg
選り分けた小粒の豆で、黒豆ご飯を炊きました。
塩味で豆の風味を楽しみました。

赤い大根・もみじ!!

2014・11・25
真っ赤に発色!!




今年は、面白い大根3種を作ってみました。
白、黒、赤。 ( 他にも総太りや聖護院なども作ったのですよ。)
白は、ジューシースティック。甘~くてサラダ用という触れ込み。普通でした。
黒は、皮が黒い丸大根でしたが、繊維が固くって美味しくない。
赤は、紅葉と言うだけあって、酢に触れるとそれはもう、見た事のないような真っ赤な色に染まりました。

PB230286.jpgPB230287.jpg
皮も赤紫をしていますが中も赤いです。生でかじっても結構甘い大根です。
PB230296.jpgPB240289.jpg
軽く塩で一晩。甘酢に漬けこみました。 色素が出て、真っ赤に色づきます。


江戸柿

2014・11・24


でっかいな~江戸柿!!



今年も、友人のお兄さんに仕入れて頂きました。
とにかく大きいんです、江戸柿は!!
一個350グラム以上もあります。
その分、数は少なく一箱に24個でした。



PB240279.jpg
色つやもいいでしょう~。


PB240282.jpg
皮を剥き、紐につるして、熱湯に5秒。
殺菌です。気温が高いとカビが出るのです。



PB240285.jpg
今日一日で、表面が乾いてくれました。

PB240290.jpg
つい先ほど、蒜山高原の別荘に行っていた友達から送られてきました。
西條柿です。 完熟しているので、早く剥かなくては!!


西條柿は、小粒ながらねっとりとして、干し柿の中の王様です。

すごーい!!  今年の干し柿は4種類。
蜂屋柿、愛宕柿、江戸柿、西條柿。
食べ比べが楽しみです。 

田舎の味・ゆねり

2014・11・23



柚練り(ゆねり)





愛媛の南予地方は、みかんの産地です。
柚子もたくさん出回ります。
私の田舎では 「ゆねり」 と言ってましたが、ゆずを炊いていました。
実家の畑にも、柚子の木があって鍋一杯に炊いたものです。
柚子の汁を絞った後、ヘタと種以外全てをザラメで煮ます。
おかずとして食べていましたので、仕上げは醤油でした。

愛媛出身の友人から、田舎から送って来たとおすそ分けをして頂きました。
腐りやすいので、早速、ジャム作りです。


PB230289.jpg
果汁を絞った後、へたと種以外全てを刻みます。

PB230279.jpg
ザラメ、酒、柚酢を適当に入れ煮つめ、仕上げに塩を少し。
かなり苦味と酸味の効いた柚子ジャムが出来ました。
柚子の香りいっぱいのジャムです。

PB230282.jpg
クラッカーにクリームチーズとゆずジャム。
めちゃ美味しいで~す。
つい食べ過ぎて!!太るわけだわね~。

太ねぎ初収穫!!

2014・11・23


お試し・太ねぎ収穫



今日は、友人宅へのお土産にと太ねぎを掘ってみました。
寒くなって来たことだし、少しは風味も増しているかしら?



PB230283.jpg
波板をどかして。


PB230284.jpg
ネギに沿って、鍬で土をどかして行きます。
白いねぎの根っこが、しっかり張っている様子が見えました。


PB230285.jpg
軟白した部分が、長いので40センチ以上(私の太い手で2ひろとちょっと)。
太さも満足。出来は、まあまあかな?


PB230293.jpg
ソーセージの付け合わせに。
オリーブオイルで焼いただけ。ポン酢で戴きました。
甘みも載って、ネギの繊維も柔らかくなって居ました。
すき焼き OK で~す。

乾燥落花生・黒豆の取り入れ

2014・11・22


乾燥落花生&黒豆 の取り入れ




この処、乾燥注意報が出ずっぱりで干していた豆類も 「からから」 と。
いい音を出しています。


PB220280.jpg


PB220282.jpg
一個、一個もぎ取るのに、結構時間がかかりました。
土を洗い落として、もう一度干します。
食べる分ずつ、気長~に、フライパンで炒って楽しみましょう。
これには、ワインよりビールかな?

PB220281.jpg
黒豆が、”ピシ、ピシ”音を立て乍らはじけてきました。
下にキラリンネットをしいて受けています。


やはり新豆は、煮えるのも早く風味抜群です。
薄味に炊いて、豆の味で食べたいですね。




落花生塩ゆで!!

2014・11・20



残りの落花生収穫!!




今日は、暖かなお日より。
昨日の妙見山ハイキング・下山の後遺症が残る中、一日畑仕事です。

春キャベツの種蒔き、小松菜の苗移植、豆類のキラリンネット掛け、ピーマンの残渣始末等など。
残りの落花生も掘りました。
昨年掘った時には気が付かなかった、豆類の根につく根粒菌を発見しました。
やはり、落花生も豆なんだ~。
根粒菌が付くのは、大豆とばっかり思い込んでいました。



PB200281.jpg


PB200282.jpg


PB200279.jpg
根っこに根粒菌のつぶつぶがいっぱい。

PB200289.jpg
掘ってすぐの豆を30分ほど塩ゆでにしました。
乾燥させて炒った豆も美味しいのですが、塩ゆでは全然違った風味で、これも癖になります。
美味しいです。 作付けした者でしか味わえないお味ですね。



能勢・妙見山!!

2014・11・19




能勢・妙見山 ハイキング&バーベキュー!!





高齢者大学OB会・NK-1のハイキングで能勢の妙見山へハイキングに出かけました。
山に登る前に、「大阪府北部コミュニティカレッジ」の実習農園を見学させて頂きました。
私たちの同級生も加わって立ち上げられたカレッジです。
野菜作りを楽しむ科の生徒さんが、班毎に栽培されている農園です。

ケーブルに乗って山頂の紅葉を楽しみ、バーベキューで盛り上がりました。

PB190254.jpgPB190263.jpg
冬の定番、白菜、大根、水菜等が作付されていました。
PB190267.jpgPB190270.jpg
PB190271.jpgバーベキューセットの具材の他、持ち寄りのおにぎりや焼き芋も網の上で焼き、
大根スティック、甘酢のお漬物などで
総勢12人で、わいわいがやがやと楽しい
時間を過ごしました。ビールに梅酒もおいしかったですね~。
気温が低く、炭火の暖かさが心地よく感じられました。

秋の味覚・焼き芋!!

2014・11・18


焼き芋・2種!!



この数年、サツマイモは作付していません。
何でって?  「美味しい芋が出来ないんです。」
土が肥え過ぎているという事と、元が田圃という事もあると思います。

毎年、安納芋を箱買いして焼き芋に。
今年は、菜園仲間が販売しているので購入して食べてみました。
安納芋、今、はやりの紅はるか。
結構おいしい芋です。
来年は、芋用の畝に何とか工夫して、紅はるかを作ってみようかな


PB180249.jpg
ガス用の焼き芋壺を使っています。

PB180251.jpg
安納芋と紅はるか。
時間はかかりますが、美味しい焼き芋に仕上がります。

明日は、ハイキングとバーベキュー。
皆さんに食べて戴こうと思って焼きました。

里芋3種を!!

2014・11・15



ま芋・赤芽大吉・海老芋



里芋の葉も茎も少なくなって、「もう掘り時だよ~」 と言っています。

もみ殻燻炭を作りながら、芋を掘りました。

海老芋の出来がね~。もうひとつ!!
親は立派に育っても、子や孫がね~。
 「子や孫が、立派にならなくてどうするのよ!!」


PB150255.jpg
エビちゃんの形も僅かです。
おまけに小さいです。


PB150257.jpg
赤芽大吉

PB150258.jpg
ま芋。
芋の数、太さが一年生揃いが多い。

今日は一日畑です。

2014・11・15



2回目もみ殻燻炭つくり!!




冬型の気圧配置で、凄く寒い上に西風が強く吹きました。
今日は、一日予定なし。 もう一袋燻炭つくりを。
もみ殻も、ビニールの上に広げて乾燥してあることだし。という訳で始めました。
先回の轍を踏まないように、6時過ぎに着火。
ところが、西風が強く、気を許すと ”ぼうぼう” と燃え上がりそうです。


PB150249.jpg

PB150251.jpg
まるで、火山の噴火口のよう!!
もみ殻も、蒸し焼きにならないで灰になった分もおおいですね~。
出来上がりの量が少なくなりました。

お昼前には終了しました。

キャベツの残渣は!!

2014・11・14




冬野菜の残渣の処理!!




「キャベツの残渣は、断構成肥料入り生分解性マルチだ」
某農業誌に実践されている方の記事が載っていました。

試してみる事にしました。
例年空いた畝は、寒ざらしの為、大きく打ち返して春まで寒さに当てるのですが。
収穫した時に出る残渣を、細かく切って畝の上に置きました。
残渣は、150日程でゆっくり、虫や菌によって分解され、遅効性の肥料になって行くそうです。

前に、トウモロコシの残渣を米ぬかをまぶして、地表の土と混ぜた事がありました、
今回も、米ぬかをまぶして置くと分解も早いのでは?
来年の作付時期には、いい堆肥になってるかな~。

その内、使い古しの黒マルチを掛けてみようかな?
地温が上がっていいかもね。



PB110218.jpg

らっかせい&黒豆の保存

2014・11・12




豆の保存  落花生・丹波黒豆!!




今年は、作付けの半分を乾燥保存をする事にしました。

落花生も黒豆も、乾燥さすのは初めてです。
昨年までは、落花生も掘り上げてすぐを塩ゆでで食べてました。
黒豆は、枝豆で食べるのが大好きです。

茨城県に住む姉に聴くと、落花生は2週間は畑で干しているとの事。
黒豆も、吊るして見ました


PB120249.jpg
掘り起こした落花生を、逆さにして畝の上に並べました。
カラス予防のため、キラリンネットで覆っています。
振ってみて、「からから」 音がするようになればいいそうです。
食べる都度、フライパンで気長に炒って仕上げです。


PB120250.jpg
この風景は、田舎で良く見かけました。
むしろの上で、道具を使って豆の鞘を取り除いていましたね~。
懐かしいです。 
お正月には、「まめなよに」 と黒豆を食べましょうか。

今日も夜なべで!!

2014・11・10


太ネギの軟白作り!!




昨年、白太ねぎが大好評だったので、二畝の作付をしました。
試し掘りをしたところ、 30センチくらい。 太さは申し分なしかな?
もう少し軟白を伸ばそうと、 「あぜ波板」 を添わせることにしました。、
土寄せする土がなくなったので、土の代わりに、もみ殻や藁で日光を遮断するわけです。


PB100216.jpg
波板を添わせた内側に、藁の束をネギに沿わせてもみ殻を投入。
日光が当たらない部分が、軟白になるわけです。
ひと畝済ませた処で、火はとっぷりと暮れました。
また、夜なべ仕事?。 いやいやもう帰ります。
4時頃から畑に行ったんでは、あっという間ですよね~。

もみ殻燻炭つくり!!

2014・11・09



夜になっちゃいました。





仕上がったのは、夜10時を回ってでした。
点火して14時間、何か問題がありそうです。


PB080219.jpgPB080231.jpg
もみ殻の中央に火種を。AM8:00やっと外側に火が回って。PM18:00
PB080233.jpgPB080238.jpg
混ぜ乍ら火が回るのを。PM20:40全部に火か回ったかな? PM21:50
PB080240.jpg火が回ってくるのが遅く、夜になってしまいました。懐中電灯を持って、1時間おきぐらいに畑へ。
隣の市の施設の照明で、随分明るくって助かりました。

”野菜ドロボー”って通報されるんでは?

仕上がったのは10時。
今朝早く、雨よけのビニールを掛けてきました。いや~。参った、参ったです。
もう一袋、どうしょう~かな~?


一気に広げ、水を掛け消し止めました。


中生玉ねぎ苗を!!


2014・11・08





玉ねぎ苗 3種類の定植!!





赤玉ネギ、中生玉ねぎ2種、そして超極玉ねぎは育ち始めています。

PB080214.jpgPB080217.jpg
PB080218.jpgPB080220.jpg

今日、明日と畑三昧の予定でしたが、9日は朝から雨との事。
焦って過ごした一日でした。

まず、時間のかかる燻炭用のもみ殻に火を付けて、玉ねぎを植えました。
今年は、超極早生を入れて4種類の苗を作りました。
それぞれ、200本程づつ。
地主さんのお兄さんの分と、2軒分とれました。

孫たちの野菜ボックス宅急便。友人への野菜の準備などをこなし乍ら
燻炭つくりの手入れ等など。 めちゃ忙しかった~。

ブロッコリー!!

2014・11.06



ブロッコリーの花蕾!!




今年も、元肥一発法の施肥です。
7月/中旬 ・ 堆肥、米ぬか、EM菌を全体混ぜで黒マルチ。
8月20日 ・ 割り肥え(堆肥、過リン酸石灰、発酵鶏糞)で黒マルチをして寝かせる。
8月31日 ・ 黒マルチに穴を開けて、自家苗定植。

期間の長くなる夏野菜の果菜類。 冬の白菜、蕾っこ、ブロッコリー類は、元肥一発で
追肥はしない事が多いです。

生育適温になったんでしょうね。ぐんぐん大きくなりました。

PB060223.jpg
育苗をずらして、順次収穫できるように植えています。

PB060224.jpg
もうすぐ、収穫です。

PB060225.jpg
頂花を収穫した後、側枝が育ってきます。
側枝にも、かなり大きいブロッコリーが付きます。

ヒヨドリと知恵比べ!!

2014・11・16



蜂屋柿収穫!!



今年は15個!!
大好きな干し柿を作る事が出来ます。

ヒヨドリとの知恵比べで、何とか確保する事が出来ました。
「釣り糸を張り巡らすといいよ!!」って教えて戴いた方法は、なかなか難しくて
張れませんでした。
ネットを被せたり、水切り袋を被せたりして防御に成功しました。

今日は、赤くなった6個を収穫。 嬉し~な。


PB060218.jpg
結構、大きくて食べ応えありそうです。大きいのは380gもありました。


PB040190.jpgPB040192.jpg
PB060221.jpg最初に熟した2個は、ぼつぼつ食べれそうになりました。

1月には、細かい枝が沢山出るように剪定、寒肥え等々手入れをしてやりましょう。
楽しみな仕事です。



落花生の収穫!!

2014・11・04


落花生を掘り上げました。



夕方、急いで帰宅後落花生を収穫に畑へ。
この処、出かける事が多くて農作業は朝晩になっています。
つるべ落としとはよく言ったもので、”すと~ん” と言っていいほど急に暗くなります。

随分、畑の土もサラサラになって来てはいますが、まだ落花生を抜きとっての収穫は出来ません。
丁寧に、豆が外れないように、鍬を入れながら抜き取りました。

今年の品種は3種。 大粒の”おおまさり”。 普通の粒の購入種。 自家採取の種。
やはり、何年も自家採取した種よりも、購入種の方が鞘付が良いように思いました。


PB040196.jpg


PB040194.jpg


PB040195.jpg

落花生の付いてる方を上にして干しました。
何日ほど干せばいいのかな~。 ネットで調べましょう。



もみ殻燻炭つくり・もう一度!

2014・11・02



燻炭の使用法について




このところの雨と地域活動に時間を取られ、2、3日畑を覗いていないな~。

明日からは、冬型の気圧配置とか。
遅くに蒔いただいこん、小松菜等ビニールのトンネルを掛けた方がいいかもね。

先日来、燻炭つくり&使用法についてお教え戴いています。ありがとうございます。
畑のご近所さんに教えて戴いて作り始めて2年。(まあ、うまく炭化しているようにも思いますが)
作った燻炭を、この一年ほど、種蒔きの覆土代わりに使いました。
特別、発芽が悪くなったとも思ってはいないのですが。
どんな風に作っているか見て下さい。

2013年の燻炭作り(2度目)の記事の写真、再度アップします。

P1010531 - コピー

初挑戦した燻炭つくりの写真が保存出来ていませんでした。
2012・11月にアップしておりますので、覗いてみてください。

ドーナツ状にしたもみ殻の中央から、火種用の藁に火を付けて蒸し焼きにして行き、蒸し焼きになり黒くなって出てきた順にもみ殻を掛けながら燻炭にしました。
大体できた処で広げて、水を掛け消しました。
灰にはなって居なかったと思います。
こんな説明でわかるかしら?

昨年の燻炭は、真っ黒く燻炭にはならず、もみ殻が残ったのが多かったです。
消すのが早かったようです。

何でもなかなか難しいものです。



Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

Extra

MYブログ来訪カウンター

プロフィール

むぎわらくんちゃん

Author:むぎわらくんちゃん
私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR