FC2ブログ

Entries

落花生・オオマサリ

2014・10・31


落花生・オオマサリ





今年は、大粒の品種 ”おおまさり”を作付しています。
葉っぱが色付いて来ています。 一株抜いてみました。
カナブンの幼虫に食べられたり、取り遅れか?腐っているものもありましたが、まあまあの出来かな?。
お天気が良くなったら、急いで収穫しなくちゃ~。

塩ゆでです。


PA310083.jpg

PA310086.jpg
普通の品種より、かなり大粒でした。
食べ応え有り!!
スポンサーサイト

おたふく豆&えんどう豆

2014・10・30

種蒔き・適期につき!!


今日は、大阪狭山市・熟年大学・野菜栽培科の授業日。
今日の講義は、種蒔き適期のおたふく豆・エンドウ豆でした。
ちょうど、種を蒔こうと思っていたところでしたので、色々新しい情報を得て面白かったですね~。

マメ科は、3~5粒纏めて蒔く。どの参考本にも書いてあります。
纏めて蒔く方が、発芽率が良い。 なんで?
「豆ちゃん達。一つの鞘に兄弟達と一緒に育っているでしょう~。」 ですって。
ほんとかな~と思いつつ、何か納得しちゃいました。

マメ科は、好光性? 嫌光性? 無関係ですって。

種取りには、白い花の咲いた実を採る。
等など。学ぶって面白いです。

PA300078.jpgPA300080.jpg
PA300077.jpg豆類は肥料けのある土では、腐って発芽率が落ちるため、ポットで芽だしが良いそうです。トロ箱に川砂がおすすめ!!

直播がしたいので、川砂を取って来て種を埋めるように蒔いてみました。
しばらくは、無肥料の中で育つわけだから、良いんでないの?
おたふく豆は2粒播き。良い苗を残します。

さあ。どうなるかしら?
PA300082.jpgPA300081.jpg

エンドウ豆も同じように‼ ただし5粒播きです。左畝・お多福。 右畝・豌豆。

わら&もみ殻

2014・10・25



わら&もみ殻の入手!!



野菜作りにとって、藁はあると便利な資材です。
畝の敷藁、つるの誘引用等、古くなった藁は堆肥にと、多目的に利用できます。
今では、稲刈りもコンバインの時代になり、長い藁は貴重品になりました。

有難い事に、家の地主さんは、稲木に干して乾燥をされています。
今日は、脱穀をされたので藁を戴きました。

良いお天気回りでよかった。

PA250055.jpg
脱穀後の稲束を纏めて大きな束にします。
畑の一枚上の田圃ですが、結構重い束を運ぶのはきつい仕事です。



PA250057.jpg

秋の風物詩。 もみ殻燻炭つくりです。
一袋のもみ殻を、燻炭にするのにほぼ一日かかります。
もみ殻燻炭も、種蒔きや植え付け時には、良い資材なので頑張ります。

里芋もいろいろ!!

2014・10・24



石川早生&赤芽大吉




今年の里芋は5種類。少しずつ作付しています。

今日は、石川早生と赤芽大吉を掘りました。
もみ殻を戴いて来たので、もみ殻燻炭を作るための場所を作るため掘り上げたのです。
比べてみると、種類によって芋の付方や収量の違いがよく判ります。
食感などは、試食してみましょう。


PA240051.jpgPA240054.jpg
石川早生。  親芋の周りに、ぐるりと取り囲むように小さめの子芋孫芋が沢山
       付いていました。(左上が種イモ)    
PA240052.jpgPA240053.jpg
赤芽大吉。  子芋の芽の当たりがほんのり赤い。赤芽と言われるゆえんかな?
       小芋の付く数が少ない品種のようです。    

玉ねぎの栽培について

2014・10・23



玉ねぎの栽培について学ぶ!!




今日は、熟大・野菜栽培科の授業日。
玉ねぎの栽培法を学びました。
産地のシェアー。 種の種類、特性。 施肥について 等‥・・。

自分でやっている方法と照らし合わせながらの授業は、得るところが沢山ありました。

今年も、4種類の種を蒔き、苗作りからやっています。
今日の授業で、植え付け時期にあった苗を作る
その大切さを教わり、納得した事です。

8/28 超極早生 (スプリングオニオン)  10/08 定植。
9/20  中生  (OP 黄 )
9/20  中晩生 (スワロー)
9/20  中生  (赤玉ねぎ)多分、この3種は11月中旬の定植となります。

定植時期には、お箸くらいの太さ(6mm)の苗になってくれるといいのですが。
太苗を植えると、抽苔を起こしやすいとの事です。


PA230240.jpg
現在の玉ねぎ苗の様子。
11月中旬頃定植ですが、ちょうどいい太さに育ってね~。
それも、一年生揃いでね。

ちなみに、中生の種たち、昨年の残り種です。冷蔵庫で寝てました。

蜂屋柿・ご難!!

2014・10・22


やられちゃいました。


今年、15個着果の蜂屋柿が色付き始めています。
この処、ムクドリが毎朝 「ギイー、ギイー」騒いでいました。
柿の熟すのを狙っている様子です。

今朝。やっぱり、やられちゃいました。
ムクドリの方が上手でしたね~。
甘くなったのが、どうしてわかるんでしょうね~。


PA220239.jpg

PA220245.jpg
2個は干し柿に。 皮を剥いた後、熱湯に5秒くぐらせて干します。
気温がまだ高いので、カビ予防です。

PA220243.jpg
少し柔らかくなっているのは、もうしばらく追熟して熟柿で戴きます。
ムクドリが狙うはずです。まったりと美味しいんですもの。


PA220240.jpg

まだ渋いだろうに、キンカンも落としていました。
これは、ネットで。

ムクドリとの知恵比べですね~。

大根・3色!!

2014・10・21



サラダ用大根・3種類!!



東京の知り合いのお方に、野菜ボックスを。

初めて栽培。3種類の大根を抜いてみました。
白・・ジューシースティック。 赤・・もみじ。 黒・・くろまる



PA200272.jpg

生食用。 3種類とも、少し小ぶりのようです。

初物を送った訳でして。
 「お味は如何でしたか?」 って聞いてみましょう。

美しい色合い葉物

2014・10・19




今年は 赤・黒・グリーン



今年は、カラフルです。

大根・・・・白・赤・黒・むらさき
白菜・・・・むらさき・淡い黄緑
レタス・・・レッド
かぶ・・・・白・赤
まあ、冬野菜は地味だからいいかしら?

今年初めてのむらさき白菜。
結球を始める時期になって、美しい色合いになった来ました。
双葉、本葉がロゼット状の頃は、
「あまり美味しくなさそうな色だね~、失敗かな?」 って。


PA180262.jpg
むらさき白菜

PA180253.jpg
レタサイ (レタス&白菜)

その内、大根の赤、白、黒 も収穫してお目見えしま~す。

私はダンサー?

2014・10・18


緑の羽のお帽子・どうかしら?




人参の収穫です。
見て見て!! 面白い造形美です。


PA180268.jpg
   私、ラインダンスを踊っているの。
     葉っぱの緑のお帽子も素敵でしょう。



何時もは、2条植えで肥料は割り肥えです。
今回、畝幅が広かったので、「まあ、いいか」って、施肥をした上にも種を蒔きました。
股ねの人参の続出です。  ほ~ら、やっぱりね。
教科書どうりでした。

堆肥場には?

2014・10・15


またまた、大量に発生!!



今日は、絶好の畑日和 。 一日畑仕事です。
友人が運んでくれていた剪定屑、畑の残渣等積み込みしました。

その前に~。
堆肥場の中にまだ居るであろうカナブンの幼虫を始末してからです。
な、なんと!! 前以上の大発生です。(気持ちが悪いので写真なし)
もう、嫌になっちゃいましたが、丁寧に処分して堆肥を切り戻しました。

これ以上悩まされるのも嫌なので、”ダイアジノン”(土の中用殺虫剤)を混ぜ込みました。

この堆肥は、来年の春まで寝かす分です。

PA150239.jpg

里芋の親も堆肥にしようかと、押切で切りました。
少々硬い残渣も、楽に切ることが出来るんですよ。
通りすがりの方が、「え~。今でもあるんですか? 昔田舎で使ったものよ。手を切らないようにって言われながら。」
懐かしそうに、話していかれました。
懐古法による傾聴です。

朝から晩まで。 腰が痛~いです。

全ての防虫ネットを!!

2014・10・15



防虫ネットを撤去!!





2つの台風も過ぎた事だし、、虫の活動もおさまっただろう。という訳で。
キラリンネットを全て外しました。
何より苦しがっているのが分かってました。
「わー。いい気持ち。いいお天気ね~」 ってかな?

PA150240.jpg

PA150241.jpg
全体に少し、徒長気味です。
お天気が悪く、日照時間も少なかったものね。

それと、 この感じ。 窒素過多のような気もするし~。
どなたかご意見を戴けませんか?

家の白菜も、2株軟腐病が発生していました。
蒸れたのでしょうか? 

夜盗虫の被害!!

2014・10・14


いました。夜盗虫!!



台風19号。大阪の岸和田市に上陸しました。
驚きましたね~。ここから車で40分足らずの距離です。
中心が通ったわりには、風も雨もたいした事無く、被害も皆無と言っていい位でした。
有難い事です。

早速、午後からキラリンネットや不織布のトンネルを外しました。

あちこち、虫の食害の跡があり、丁寧に見るとやはりハクサイには夜盗虫が。

白菜の成長点を食害されると、もうダメね。 結球する葉っぱが育ちませんもの。
PA140264.jpgPA140266.jpg
昼間は、葉っぱの間に隠れています。この株には3匹。
PA140267.jpg PA140272.jpg
食害の後、大きな糞で夜盗虫と分かります。中心の柔らかい処を食べます。


この株は、抜いて廃棄処分です。

黒豆大好き!!

2014・10・13



丹波の黒豆をおつまみで!!



こくがあって、食べ応えがあって、枝豆のナンバー1は丹波の黒豆です。
この豆が食べたくて家庭菜園やってるって書いたら、「大げさな」ってご指摘を受けましたが、大好きなんだもんね~。


PA120252.jpg


PA120248-001.jpg

ちょうど、枝豆で食べる適期になりました。
今年の鞘の付きは鈴なり。結構いいんでないの?

じゃが芋あと地、無肥料にて6/29種蒔きしました。
豆の双葉が出て、暫くすると本葉が見えてきます。
その時点で、2本仕立てになるように、摘心します。
2本にすると、収量が倍になるを狙っての事です。

さっきの常備菜の本に、「枝豆のごま油和え」が載っていました。
塩と上等なごま油をまぶすだけ。
鞘についたごまの香りと、こくと共に食べるという事でしょう。
美味しそうだな~。やってみましょう。

常備菜 ・ 新生姜&青シソの実

2014・10・13



新生姜&青シソの実 を使って



台風19号が、今日の夕方には中心が通るようです。
まともですね~。
大きな災害が出ないように祈るばかりです。

台風情報番組を見ながら、常備菜つくりをしました。
昨日、畑の台風対策をしてきた帰りに収穫してきた新生姜と青シソです。


PA120255.jpgPA130257.jpg
PA130258.jpgPA130259.jpg
今年は、ショウガの植え付け場所を両脇を良く茂って日陰を作る作物にしました。予想以上の出来でした。
新生姜の醤油煮。 酒、醤油、仕上げにみりん。料理にも使えます。
PA130260.jpgPA130262.jpg
青シソの甘酢漬け。
人参、新生姜、鷹の爪を刻み、酒を煮切った後、酢、砂糖、塩をあわせて、漬けてみました。これもいろんな料理に使えそうです。








トンネルいっぱいに!!

2014・10・12


キラリンネットいっぱいに。




9月の種蒔きと同時に、虫予防のためにキラリンネットでトンネルを掛けます。

大根、白菜、ブロッコリーなど、冬野菜達が訴えてます。
「ネットにつかえちゃって、苦しいよ~。」
「台風が過ぎるまで、もう少し辛抱してね。」と、むぎわらくんちゃん。

今度の台風は、半端じゃなさそうですものね。
18号が過ぎて、1週間後にまた~。
夏の長雨といい、本当に今年の気象は異常です。


PA120247.jpg
昼間に気温が上がると、蒸れが心配です。

PA120240.jpg
大根の葉がつっかえていますね。

PA120246.jpg
ブロッコリーも、葉っぱが折れそうです。

台風19号。
日本縦断と行きそうな予報が出ていますが、お願いだから、どこにも被害を残さないで通り過ぎて下さいね。

渋柿 ・ 蜂谷柿

2014・10・10



干し柿用・蜂谷柿!!





昨年は1個。今年は15個。 
植えて5年? 成りはじめて2年目で15倍の着果率。まあ、良しとしましょう。
花壇をやめて、柿と金柑のみにしたお話です。
両方とも私の大好きな果物。
私は、食いしん坊。 何でも好きで、嫌いなものはありませ~ん。

PA100246.jpg
双子ちゃん。何故、片方の子しか色付かないの?

PA100249.jpg
割りと木は大きくなって居ます。
柿の実に日光が良く当たるように、摘葉をした方がいいのかな~。
マーフィーさんに聞いてみましょう。


PA100252.jpg
キンカンも肥大始めました。
金柑ジャムが大好きです。

熟大・野菜栽培科・農園実習

2014・10.09




サツマイモ掘り!!



今日は、4度目の農園実習日。 5月に植え付けしたサツマイモ掘りです。
畑は、すっかり秋バージョン。、ナスが、秋ナス用に残っている程度で、それぞれの班の畝は
はくさい、大根、ブロッコリーなど育っていました。

まず、服部先生のお話。
サツマイモの収穫には、120日の期間と積載温度3000度以上が必要な事。
お調べになった処によると、10月9日時点では、積載温度が少し足らないそうです。

共同の畝には、文化祭などで利用するサツマイモやだいこんが植わっています。
今日は、その分も含めての芋ほりでした。


PA090229.jpg

PA090226.jpg
でっかい芋がごろごろ。 みんなでする芋ほりは、幾つになっても楽しいですね~。

PA090223.jpg
我が1班は、安納芋と鳴門金時を植えました。
程よい大きさの安納芋が収穫でき、焼き芋用にぴったり。


PA090237.jpg
1班の面々。楽しい仲間です。
左から3人目が、先生です。

ま芋初掘り

2014・10・09


そろそろ里芋もいいかしら?




早生の和歌山芋は、9月のお月見用にと初掘りされます。
柔らかくって美味しいのですが、まだもったいないな~。って感じでぼつぼつ掘っていました。

今日は2番手のま芋を!!


PA090217.jpg
夏の間、あれほど茂っていた里芋の葉っぱが、新芽も出なくなり、外葉から弱って少なくなりました。
掘り時のサインです。


PA090220.jpg
きょうは、ま芋3株。 かなり子芋孫芋が付いているようですね~。
この瞬間が嬉しいんです、どうかな~って。


PA090221.jpg
これで一株分、計ってみればよかったな~。 多分3キロはあるんでないかしら。
孫芋にひ孫まで付いてます。

霜が降ると、いっぺんに葉がとろけてしまって無くなります。
その後も里芋は肥大しますが、 稲刈りが終わって藁やもみ殻を戴くころ、冬囲いをして保存します。
又その作業も、しんどいんですよね~。


「で、この大量の芋どうするの?」って。
勿論、孫たちや知り合いのお方へのプレゼント用で~す。

超極玉ねぎの植え付け

2014・10・08




今年は、超極玉ねぎを!!



朝夕は、20度を下回り始め、秋冬野菜が見る見るうちに大きく育ってきます。
超極早生玉ねぎの苗も、鉛筆の大きさとはまではいきませんが、随分大きくなりました。
そこへ台風18号が!!  苗が倒れちゃいました。

少し早いけれど、本植えをしました。

PA080239.jpg
穴あきマルチを掛けて、準備しておいて畝に3条植えです。130本ばかり。
4月の初めには、新玉ねぎとして収穫できます。
半分は、ビニールトンネルをしようかな?少し早く収穫する分を。
甘くって美味しいのですよね~。
大好きです。


追記

周りの田圃は、もう直ぐ稲刈りです。
稲穂が、朝日を浴びて、キラキラ輝いています。

PA080232.jpg

シソの実の保存

2014・10・05




シソの実のしょうゆ漬け&塩漬け



青シソも白い花を付け実が熟し始めてきました。

コンパニオンプランツとして植えていた青シソを何株も残しています。
毎年、お寿司屋さんに、青シソの実が欲しいと頼まれているのです。
シソの実は、あまり硬くなっても美味しくないので、時期を見て刈り取ります。

私は、佃煮と塩漬けにして保存しました。


PA050240.jpg


PA050241.jpg

しょうゆ、みりんを絡ませたシソの実を レンジで、ラップして2分間、ラップなしで2分間。
出来上がり。超簡単です。
早速、いくら丼につかってみました。美味しかった~。

塩漬けは冷凍保存し、塩だしすればいつでも使えます。

白太一本ネギの育ち!!

2014・10・02


今年も 太ねぎを!!




ここまで来たら、もう大丈夫かな?
作付け2年度目の白太ねぎの話です。

昨年は、教えて戴きながらの作付で大成功だった?
とっても美味しく。好評につき、今年は2倍の2畝と欲張りました。
元蔵、冬一本、リーキの3種類を作付しました。
太ねぎは、作付期間が長く、ほぼ1年かかります。
3月・種蒔き、4月・苗育成、8月・定植。
秋口から、根寄せと追肥を何回かに分けてやり、12月までに軟白部分を
伸ばして行きます。


P9290222.jpg
今回で4回目の土寄せです。
暑い間は、根腐れをするのでほんの少し、4回目でどっさりとねぎの肩口まで土寄せをしました。
追肥も同時に行います。

P9290224.jpg
今で30センチは、軟白部分があると思います。
後10センチは、伸ばしたいな~。
寒くなると、甘みが載って柔らかい美味しいねぎになるはずです。
そのままオリーブ油で焼いて、塩やポン酢で食べると、ネギの旨みが感じられて
大好きです。
 いいネギに育ってね~。


P9290225.jpg
こちらが、初お目見えのリーキ。西洋ネギです。
移植の時に、試しに食べてみましたが、シャキシャキ感があり、ネギの風味が少なく感じたものです。
管理の仕方もよく判らないままに、太ネギと同じ管理をしています。
どう育つのかな~?楽しみな野菜です。

夜盗虫発見!!

2014・10・02

夜盗虫発見!!




新野崎白菜に新しい糞をを見つけました。
昨日、今年は虫が少なくって助かるわ。って言ったばかりですよね~。

もう、土の中に潜んでいる頃と思い、株元を探りました 。 「いないな~?」
糞のある葉っぱの裏側に隠れていました。 「見っけ!!」



PA020226.jpg


PA020227.jpg

夜盗虫に限らず、畑の害虫にとって、私は天敵。
見つかったら最後です。

白菜の育ち

2014・10.01



今年の白菜は?




天候不順の中の秋冬作の植え付けもほぼ終わりました。

一番手の新野崎白菜が結球をはじめました。
嬉しい事に、夜盗虫の被害もありません。
こんな事って、今まで無かったように思います。

PA010226.jpg
キラリンネットにつかえはじめたので、外しました。

PA010227.jpg


PA010228.jpg
初作付けのむらさき白菜も、順調に育ち始めています。
さあ、どんな姿になるのか楽しみです。

PA010229.jpg

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。