FC2ブログ

Entries

トマトの根っこ

2014・08・31



トマトの根っこ



「トマトをポットのまま植えているんですか~?」
今年も、通りすがりの方、何人にも聞かれました。
今、トマトの木を枯らすために切り払っているので、ポットが良く目立つようです。

接ぎ木苗はポット植え栽培。 実生苗は、真横に寝かせ植えで定植しています。
何年も前から、園芸書の教えの通りやっています。

この方法は、”なんか、いいんでないの” って感触を得ています。

P8310061.jpg

P8310064.jpg
10号の大きなポットの底を十文字に切り植え替えています。(第1果房が咲くまで養生した後、植え替え)
ポットの半分くらい埋めて、定植しました。
強い根っこだけが、伸び出して育っているのがよく判りますね~。
過繁茂の暴れも少なく、病気にも強いように思います。




実生苗の根っこ比べ

P8310053.jpg
通常の定植 

P8310054.jpg
真横に寝かせ植え
定植した時、根鉢半分は埋まっていません。
寝かせて埋めた茎からも、沢山の根っこが出ています。

トマト全てを、第1脇芽と2本仕立て栽培にしています。
スポンサーサイト

作付床つくり完了!!

2014・08・30




作付用畝作りも完了しました。




何だか、秋の気配のするこの頃です。
最低気温が、20度なんて。
又、暑さがぶり返すのかな~? このまま秋に入るんかな~?

何で気になるって?

秋は、種蒔きの時期の幅が短いのです。
先生がおっしゃるように、”その土地柄に沿った種蒔き時期を” は、納得ですが。
「今年は、なんか変」 って、感じています。

7月梅雨明けから、透明ビニールを掛けての熱消毒や、 米ぬか、堆肥、EM菌を混ぜて土作り
をしていた畝に、苦土石灰、元肥をほどこして作付用の畝が完了しました。

9月に入って、それぞれに合った種蒔きなどをしていきます。


P8300049.jpg
白菜の畝。  施肥は全体混ぜ(少量)と割り肥えをして黒マルチです。
苗を立てている野崎白菜は移植。 ミニ白菜、紫白菜は直播の予定です。



P8300050.jpg
レタス、チコリ、ルッコラ等小物野菜の畝。  穴あきマルチでです。

今年も期待できそう!!

2014・08・29




白太一本ねぎ 土寄せ



2月末の種蒔き。 4月に育苗床に移植。 8月初めに定植。 収穫が年末から翌年の冬。
ほぼ1年がかりですね~。

今年は8月の異常気象で、雨が多く日照不足でした。
太ねぎも定植後雨ばかりで、根ぐされが心配でしたが、3本ほどですみました。
予備苗が無いので、やれやれです。

今日は、1回目の土寄せを行いました。
今回は、苗を安定させる程度の土寄せです。
冬までに、軟白部分を作るため何度か土寄せを行います。

美味しい太ねぎ。
大好評につき、昨年の倍の2畝です。


P8290057.jpg

P8290058.jpg



終わる物 & 元気物

2014・08・29



トマトの残渣 哀れ!!




通りすがりのおじさんが、 「トマトも終わりか~、寂しいの~」 って。

そうなんです。
夏も終わり。 トマトも終わり。 きゅうりも終盤。
トマトの残渣を乾かすために、切り飛ばして置いているんです。

P8290054.jpg
青枯れ病にもならず、6,7,8月の3か月間頑張ってくれました。
ご馳走様でした。

P8290055.jpg
そして、キュウリも寿命かな? べト病が付き始めました。
ワクチン苗の ”カッパのおやつ” これも3か月収穫できました。
気温が下がって来て、最盛期ほどはなりませんが、収穫が続いています。




それに反して、元気なのが!!


P8290062.jpg

P8290063.jpg

見て下さい。 凄いでしょう!!
隣の里芋の畝まで、伸びてきて大きな葉っぱを茂らせています。


わたしの名は、「つるむらさき」 です

超極早生玉ねぎ

2014・08・28

超極早生玉ねぎの種蒔き




今年は、3月半ばに収穫できる新玉ねぎを作付する事にしました。
玉ねぎにも、早生、中生、晩生とありますが、超極早生は初めて手掛けます。
種蒔きは、何時も9月のお彼岸頃と決めていますが、超極は早く苗立てをするようです。

P8280053.jpg
状に種を蒔いて鎮圧した後、もみ殻燻炭で覆いました。

P8280052.jpg
野崎白菜、キャベツ、一部を鉢上げしました。

P8280054.jpg
寒冷紗を掛けないと、たちまち虫の餌食になります。
サラダ用の小物たちも、もう少し大きくなるのを待って移植です。


9月に入ると、一斉に種蒔きやら移植が始まります。
秋は時期を外すと、その後の育ちに影響するので気が許せない忙しい時期です。

夏作から秋作へ

2014・08・28





2014 夏作から秋冬野菜 作付け図



夏秋図 s 

今からの予定を図にしてみました。
赤字が、今後種蒔き、移植する畝です。




何度目?

2014・08・27





ニガウリ大豊作につき!!





今年は、何度炊いた事でしょう。

前にもニガウリの記事をアップしましたが、棚を作って戴いたせいか?
ぶらりと下がったウリが、ぐんぐん伸びて60㎝にも。びっくりです。

29日には、友人を励ます会でお食事です。
お土産にと、ニガウリの佃煮を作りました。

何度も炊くうちに、自分の好みの分量が出来ました。


ニガウリ        1キロ
酒           100cc(みりん 100cc)
酢           100cc
濃い口しょうゆ     100cc
だし醤油        50cc (薄口しょうゆ 50cc)
三温糖         100g (ザラメ 250g)
鰹節          30g
白ごま         適宜

赤字の分が、ネットで調べた調味料の分量です。
あまり甘いのも嫌なので、変えてみましたが、これでも結構甘いです。


P8260026.jpg
調味料を、全部いれ煮立たせます。

P8260029.jpg

P8260031.jpg
煮詰めて、鰹節を混ぜれば出来上がり。
ご飯のお供に最適です。
  小分けして冷凍保存もできます。
”ゴーヤも食べ飽きたわ”って方、お薦めです。

石鯛のお刺身!!

2014・08・26




お刺身パーティー






石鯛3枚、べら1匹。 昨日の釣果だそうです。

「お刺身があるので。集まりましょう」
急にお声がかかって、楽しい飲み会が始まりました。
私は、畑の材料で天ぷらを作って参加です。

石鯛を釣るのに、朝の5時から15時まで、この炎天下頑張って釣られたことを思うと
あだや疎かには戴けませんね。 


P8260045.jpg
釣りたてのお魚。おいしかった~。
冬になると、まだまだ脂がのるとの事です。


P8260039.jpg


P8260037.jpg
かぼちゃ、パブリカ、メロンゴーヤ、白ナス、オクラ、アスパラガスの天ぷらの盛り合わせ。
まあ、これも好評でした。うれしいわ~。 


先週は、北アルプスへの登山。 今週は熊野の海への釣り。
お土産話に花が咲いてのご馳走でした。

それにつけても、アクティブな70歳です。
恐れ入りました。

秋冬野菜の苗作り

2014・08・26




揃って、発芽!!





あまりの暑さに、巻き直しもありましたが、何とか発芽してくれてやれやれです。
年内収穫したい葉物達です。
ブロッコリー、キャベツ、白菜。 (キャベツは年内に無理かな?)
サラダ用 ( チコリ、ルッコラ、サラダ菜 )


後は、9月になって、一斉に種蒔きの予定です。
8月下旬に用意した畝に直播です。



P8240015.jpg


P8240018.jpg
本葉が3枚ほどで、ポット上げして苗作りをします。


おまけ

P8240007.jpg
かぼちゃの {ながちゃん} のその後。
雨ばかりで、少し軟弱気味ですね。
 「大丈夫?、ながちゃん」  頑張りや~。

秋ナスの季節です。

2014・08.25




秋ナスの収穫





「暑い、暑い」 と言いながら、日陰で一休みをしていると、田んぼの稲の上をアキアカネが飛んでいました。
そういえば、強い日差しながら、遠くに感じられるようになりました。
秋も、もうすぐかな?

7月31日に、秋ナス用の剪定を行ったナスに、実を付けだしました。
一か月足らずで更新しましたね。

秋が深まる頃まで、美味しいナスが収穫できます。

P8240023.jpg
あのみのり 新梢がいっぱい出て、瑞々しい葉っぱを広げました。

P8240021.jpg


P8240022.jpg
剪定しないで収穫し続けた株。
随分伸び上りました。

豆の花

2014・08・24


黒豆 & 落花生の花



今朝は、比較的過ごしやすいかな? と感じながら、相変わらず早朝に畑へ。
空いている畝の作付準備完了です。
やれやれです。
「今年の夏は死ぬかと思った。」って、書きたい程の高温多湿の夏でした。

Hさんから 「黒豆のアップの写真を見たかった~」 って。
精一杯やってみましたが、私のカメラと腕では、こんなものでしょう。


日頃、収穫にばかり気がとられて、野菜の可憐な花には目が向いていませんね。
反省です。
ごめんね~、あなた達も一生懸命だよね。

P8240011.jpg
丹波の黒豆の花。今、花盛りです。薄紫が美しいですね。

P8240014.jpg
落花生の花。
豆類の花は、色はそれぞれ違いますが形は良く似てます。

最終・ひび割れトマトの収穫

2014・08.22



今年もたくさんに・ありがとう。





今年のトマト。
7種類・22本を、5月の連休明けに植え付け約3か月収穫した事になりますね。
今日の収穫でお終いです。

トマトに関しては、素晴らしい出来だったなと思える事はありません。
毎年、反省点が残ります。なんだかんだと、試行錯誤のくりかえしです。
今年もやっぱり、 初期生育の育ち過ぎ (これは施肥の問題につながりますね) と 第3,4果房の着果の悪さ。
この2つでしょうか? 元肥の効きすぎとカルシューム不足。分かってはいるのですが


あっ、でも。ナス科につきものの青枯れ病は出ませんでしたね。
これは、良しとしましょう。


P8220005.jpg
今日の収穫。

P8220006.jpg
アップにしてトマトを見ると~。
凄いひび割れ様です。
長雨続きですものね、露地栽培です、あきらめましょう。

黒豆の鞘が!!

2014・08・21




中生黒豆・黒五葉の鞘が大きく。







黒豆の季節ももうすぐ。枝豆として食べるんです。
楽しみです。 食いしん坊でしょう?

今年も、少し小ぶりの中生(黒五葉)と丹波の黒豆(晩生)の2種類。

黒五葉の花が咲き始めたのが8月8日ごろ。
それから10日余りで、もう鞘が大きくなりました。


P8070132.jpg
8月8日 黒五葉の花

P8200007.jpg
丹波の黒豆より少し小ぶりです。
結構、たくさん付きました。



おまけ

P8200010.jpg
8月21日  丹波の黒豆の花。 花は変わりませんね。
可愛い花です。

2番手・かぼちゃの収穫

2014・08・21


えびす ・ 5個!!





連ちゃんの畑仕事、6時には畑へ。
老骨に鞭打って、滝のように汗を流して作付用の畝を作ります。

今日は、6月7日定植・えびすかぼちゃ(購入苗)の収穫をしました。
今回は、親ずる摘心、子蔓4本仕立てで5個成らせました。
至って順調でした。
春早い時期から、いろいろ苦労して作るよりもいいのではと思いましたね~。
比較的うどんこ病も軽かったのでは?
追肥をしなかったからかな~?

今、本葉3枚の3番手(ながちゃん)は、どう成長するのか楽しみです。、


P8100126.jpg
8月10日ごろ。

P8210002.jpg
10日くらい追熟させて食べましょう




座布団のような葉っぱ!!

2014・08・20


里芋の育ち = 座布団のような葉っぱ




今朝も、暑かった~。 ついつい10時になりました。

昨日に引き続き、大根と、蕾っこのうねに苦土石灰、割り肥えで施肥をして畝作りをしました。
本当は、苦土を入れて同時に施肥はいけないんです。
 「割り肥えだから、まあ、いいか~。」「植え付けまで、しばらく休めるし」 横着しました。
誰かさんに、「基本は!!」 って叱られそうです。

里芋の畝の中は、一休みするのに、もってこいの状態になっていますよ。
この処の梅雨のような、高温多湿が良かったのか?
水を畝間に貯める事もなく、ぐんぐん育ちました。
私の身長よりもずっと高く、座布団のように大きい葉っぱになりました。


P8200005.jpg


P8200002.jpg
畝の中に入って見上げると。
気持ちいい~。 緑のカーテンの中にいるようです。
和歌山芋は、お月見に試し掘りをするつもりです。
名古屋の孫が、大好きで待っています。

土壌のPH

2014・08・19


作付前の土壌のPHを!!




この蒸し暑さは、何なんでしょう。たまりませんね~。


9月に入ったら、秋冬野菜の種蒔きが始まります。
品種によっては、種蒔き適期を逃すと、一週間の遅れが生育の遅れに繋がる事もあります。
ぼつぼつ、作付用の畝作りを始めました。
今年は、空いた畝を透明ビニールで覆って殺菌殺虫を狙ったのと、EM菌を混ぜ込んだのと2種類。
ビニールを剥がして、酸度を図って苦土石灰を混ぜ込みました。


P8190002.jpg
酸度計 湿った畝のあちこちに刺しこんで計ります。
この畝は、白菜用なのでPH6~7,中性くらいがベストです。
5、7~6,2くらいだったので、苦土石灰+牡蠣殻石灰を混ぜ込みました。


P8190003.jpg

野崎白菜、苗立て中。ミニ白菜は9月に入っての種蒔きなので、もう一度透明ビニールを掛けて置きました。
施肥は、割り肥えのつもりだから、後でも大丈夫です。


P8190004.jpg

マーフィーコロンさんのキミ!!

2014・08・17




めっちゃ甘~い トウモロコシ!!






岩手県の専業農家・大規模経営をされているマーフィーコロンさんのキミ(トウモロコシ)です。

ブログがご縁で分けて戴きました。
産直のこだわりのキミです。
息子たちの帰省にお合わせて送って戴き、お世話になっているお方にもおすそ分けしました。
こだわりのキミだけあって、本当に甘~くて、美味しい。
”こんなに甘いトウモロコシは初めて” って声しきりでした。


P8150007.jpg
外の皮をめくって、べっぴんさんにしての箱詰めですね~。

P8150008.jpg
≪キミにあいたい≫特製の段ボールです。

P8150012.jpg
トウモロコシの先っぽまで、びっしり粒が入っています。
すっばらしく美しい姿ですね。

種の整理&秋冬用種蒔き

2015・08・15




残り種の整理 & 冬野菜初種蒔き







比較的、ゆっくりと過ごせたお盆でした。
田舎のお寺にお世話になっているので、お仏壇には、私が般若心経を唱えてお盆です。
夕方には、送り火を炊きましょうね。
迎え火を、賑やかに迎えて貰ったので良しとしましょう。


昨日は、今年の秋冬物の種の確認と作付予定明細を作ってみました。
書き出してみると、 ”随分多品種を栽培しているな~” と、自分で呆れてしまいました。
品目だけでも、20。 一品目何種類もある野菜もあるのでー、何種類になるんだろう。


P8150009.jpg
冷蔵庫に保管しているので、何年も使える種があります。
今年は、種の整理も考えて購入しました。


P8150010.jpg
品種と作付予定表を作りました。

P8150001.jpg

P8150003.jpg
初バッターは、ブロッコリー(年内取り)、キャベツ、野崎白菜 。
本葉が2枚位で、ポット上げして苗を作ります。
そのつもりで、種も丁寧に落としていきます。


おまけ

P8150004.jpg
今年3回目のかぼちゃ。”ながちゃん”   10月頃に収穫です。

パブリカ!!

2014・08・14

パブリカが色ずきました。


台風一過!! 良い天気になるのかと思いきや。
毎日、ぐずついたお天気で、気温も湿度も高い日が続いています。

昨日の早朝での事です。 
 ”えっ、これなに?” 緑内障発作を起こした時のような、いや~な気分の悪さでした。
収穫もそこそこに帰りました。
熱中症だったのかもしれません。


今年は、初めてパブリカを植えています。
韓国産のようには大きくありませんが、真っ赤に色ずいてきました。



P8140005.jpg

P8140007.jpg


P8140011.jpg

シソのコンパニオンプランツに挟まれて、虫も病気も寄り付かなかったのかな?。

お霊供!!

2014・08・13

お供え!!



今年もお盆がやってきました。

13日には、迎え火を炊いてご先祖様をお迎えします。
仏前には、お霊供(おりょうぐ)と言って、精進料理を作りお供えするのが習わしです。
生まれ育った愛媛での風習が身についているんでしょうね。
ちなみに、我が家は臨済宗です。

今年も、亡き夫の為に、畑で採れた野菜三昧の精進料理をお供えしました。


P8130004.jpg
ご本尊様とご先祖様の為に。

名古屋一家来阪

2014・08・11



畑へ収穫に




今朝は、名古屋からやってきた孫たちと畑へ収穫に行きました。
台風の大雨の後、ぬかるんで仕事どころではなく収穫のみとなりました。
何時もなら、家族全員で畑仕事をやってくれるのですが残念です。

トマトが沢山採れました。
ひび割れトマトは、ソースにしてお持ち帰りです。


P8110188.jpg
私も一緒!!・・・・・・ ちゃぱ(柴犬)

P8110123.jpg


P8110192.jpg
「こーんなに、いっぱい!!」

P8110196.jpg
「ソースにして、お持ち帰りで~す。」

P8110199.jpg
「はい、出来上がり。」

台風一過!!

2014・08・10

のろのろ台風11号!!



今朝、高知県に上陸した台風11号は、兵庫県に再上陸して日本海に抜けましたが、雨の被害を各地に残しながら
まだ、勢力を保っている様子です。
本当に、どうなっているんでしょうね~。

少しばかりの畑でも、被害が出ないかと気になって。
近畿一円、暴風圏に入りましたが、この辺りは予想したほどには荒れませんでしたね~。
有難かったです。

夕方、どうなってるか気になって、畑に行ってみました。
大丈夫でした。良かった~。

P8100125.jpgP8100126.jpg
P8100127.jpgP8100116.jpg
P8100117.jpgP8100118.jpg
P8100119.jpgP8100122.jpg
P8100123.jpg里芋、かぼちゃ、ヤーコン、ニガウリ、白太ねぎ、トマト、黒豆、ナス
菊芋。

ピーマン、オクラ、アピオス、落花生、アスパラ、つる紫、シソ、バジルなども畑の子ども達です。
みんな無事でいてくれて良かったです。

中生黒豆・黒五葉

2014・08・08


黒豆の枝豆は。



何てったって、枝豆は丹波の黒豆に勝るものはありません。
大げさに言うと、丹波黒の枝豆を食べたくって菜園をやっていると言っていい程です。

今年は、中生・黒五葉と 晩生・丹波の黒豆の2種類。
6月29日に種蒔きした黒五葉が花を咲かせていました。
草丈は、あまり大きくなっていないのですがね~。

P8070132.jpg
ピンク色の可愛い花です。
やはり、マメ科の花、エンドウ豆と同じような形ですね。


P8070133.jpg
手前の畝が黒五葉。奥が丹波の黒豆です。
10月ごろ、豆が膨み始めると、夜盗虫が葉っぱに卵を産み付けて。
又、虫との戦いが始まります。

黒豆を食べる会をやらなければなりませんね。

今年のトマトは?

2014・08・07



トマトの品種・今年の一番は?



今年は7種類。
お気に入りは?
桃太郎ゴールド、こくうまパーフェクト、ミニ・ピンキーかな?
梅雨が明けて、暑さと乾燥の時期になっても、割れが少なく色ずきもいいようです。


P8060125.jpg  P8060120.jpg
接ぎ木 ホーム桃太郎接ぎ木 桃太郎ゴールド
P8060121.jpgP8060122.jpg
実生 こくうまパーフェクト実生 彩花
P8060123.jpgP8060124.jpg  
実生 甘太郎接ぎ木 サターン

P8060119.jpg
       ミニトマト・ピンキー

今年のトマトの生育は、何が良かったのか?5段以上の着果分まで肥大して収穫できました。
来年の作付に活かしたいものです。


たくさん収穫させてくれてありがとうね~。

秋冬用畝支度

2014・08・07


EM菌と太陽熱


この灼熱地獄の中、畑も空いた畝から土作りに入ります。
病原菌や草の種の減少を狙って、Iか月程畝に透明ビニールをぴっちり掛けて置きます。
畝の中の温度が上がって消毒が出来るという事なんだそうです。
手を入れてみると、かなり暑くなっているのが分かります。


P8060118.jpg
今年は、透明ビニールのマルチ畝3本。


昨年の秋冬野菜から使い始めたEM菌での土作りです。
畝に米ぬか、堆肥を打ち込んでEM菌培養液を散布した後、黒ビニールでマルチを掛けます。
P8060116.jpg

P8060117.jpg
トウモロコシの残渣利用の畝を含めて5本。
昨年、ブロッコリー、カリフラワー等が驚くほど出来が良かったのはEM菌かな~と感じています。

西洋ネギ・リーキ




またまた、追記にアップしちゃいました。
寝ぼけていますね~。



続きを読むをクリックして下さい。

続きを読む

ニガウリのアート?

2014・08・03




採り遅れのニガウリが言いました。





アップルゴーヤの完熟の色も美しかったのですが、「私だって!!」とばかりに色づいていました。
体長60センチもあろうかとのゴーヤさん達と並んで。
  「見て見て、美しいでしょう!!」


P8030081.jpg

 「その内、あなたもジャムに変身ですよ~。」  麦わらくんちゃんより。

大雨の後は!!

2014・08.03



トマトの収穫・ひび割れ多数!!





今日も、体感的に湿度100%って感じでした。
久しぶりに、たっぷりと雨をもらった野菜達は、いきいきとしています。
ただ、不都合なのがトマトです。
急に水分を吸うと、トマトの皮がひび割れます。


P8030079.jpg
「もうすこし完熟までおきたいな」 と、思うのもひびが入ってしまいました。

P8030083.jpg
傷みの激しいトマトは、煮詰めてソースにしましょう。
10日には、孫が来るそうだから何か作ってくれるかな?


P8030088.jpg
もう少し煮詰めた方がいいかな?
ブイヨンを入れただけ。後はお任せね。

白太ねぎ苗の定植

2014・08・02


太くなり過ぎでは?



梅雨が明けると、太ねぎの定植をと思っていました。
でも、あまりの暑さに躊躇していたのでしたが、久しぶりの本格的な雨が降ってくれました。
人もですが、畑も一服しましたね。

早朝に畑へ。 雨の降り出す前にとネギの苗を抜いて。
ここで雨が降りだして来ましたが、抜いた苗だけはと思い植え付けました。
昨日の夕方、植え付ける溝を掘っておきました。
鍬幅より少し広めで、30センチくらいの深さです。

P8010080.jpgP8010082.jpg
ニガウリの根っこが、ネギ用の畝まで伸びて来ています。溝を掘ったので、根っこを切ってしまいました。約9メートルの長さの畝の中央を割って植え付け床を作りました。
昨年、大好評だったので2本です。
P8010083.jpgP8020084.jpg
2月種蒔き、4月苗床に移植育苗、7月定植です。収穫まで約1年かかります。今年は4種類、元蔵、冬1本、リーキ(西洋ネギ)、九条ネギ。
苗を選別。太さを揃えます。
P8020085.jpg

P8020087.jpg

10センチ間隔に並べて僅かの土を掛けます。深植えすると夏の暑さでとろけてしまうのです。I年生揃えで植えています。藁を置いて乾燥予防。秋になって何度か土寄せして軟白、太ねぎに仕上げます


1本目を済ませたころには、雨が本ぶりになり、ずぶぬれになってしまいました。 
昨年に比べて、苗が大きくなり過ぎでは?と、ちょっと気がかりです。
11月頃から、収穫できるといいな。
今年も、すき焼きパーティーの約束が出来ています。
「ちゃんと育ったらの話でしょう?」 って、言われそう。
楽しみで~す。

うだる様な暑さ!!

2014・08・01



里芋、ナス、黒豆の水対策。




連日35度超えでは、「畑で煮えてしまうんでないの」と思うほどです。
里芋の葉などは、周りが茶色く縮れてきはじめました。

また、今年も水やりの時期の到来ですね。
散水したくらいでは間に合わないので、畝の端に堰を作って畝間に水を溜めます。


P7310079.jpg
堆肥の空き袋などに、土を入れて土嚢にするのですが、めんどうなのでバーク堆肥や牛糞堆肥を土嚢代わりに使いました。
 ” その内、使ちゃうんだからいいや ” とばかりにです。 ものぐさですね~。


P7310080.jpg
上から発酵。乾燥防止のため、植木の剪定屑や藁を敷き詰めています。
里芋の収穫頃には、随分腐植が進んでいるはずです。
収穫後には、EM菌と共にうち込んで来年の土作りに役立ちます。


P7310082.jpg
ナスの畝間でも。

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

Extra

MYブログ来訪カウンター

プロフィール

むぎわらくんちゃん

Author:むぎわらくんちゃん
私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR