FC2ブログ

Entries

秋ナス剪定

2014・07・30


少し、可愛そうだけれど!!



秋ナスは、なんとやら!! と言われるくらい美味しい物だとか。

今年は、ナス科の野菜は青枯れ病もうどんこ病も出なくって、ばかに元気です。
そういえば、アブラムシやにじゅうやほし類も見ませんね~。

8本中、3本を秋ナス剪定しました。
まだ、バンバンなっているので、勿体ないな~と思いつつです。


P7280011.jpg

P7280015.jpg
ばっさりと、短く切り詰めました。

P7280023.jpg
根は、畝いっぱいに広がっています。
ナスから30センチ離れたあたりを、スコップをぐさりとうち込み根を切りがてら追肥を放り込みます。
四方に行って、たっぷり水やりしてお終い。
残した枝から、新芽がぐんぐん出て来て、1か月もすると柔らかい秋ナスが収穫できるはずです。
あのみのり、千両2号、クロタカ(賀茂ナス)の3本。
スポンサーサイト

完熟ゴーヤ その2

2014・07・29



アップルゴーヤジャム



種取り後のアップルゴーヤをつまんで食べてみました。
ふわっと柔らかく、ほの甘い苦味です。
ジャムにしたらどうかしら?
それにしても、柚子キンカンから始まって、イタドリ、梅、ルバーブ、苺等、いろんなジャムを作りましたね~。
P7290032.jpg

P7290037.jpg
美しい色のジャムです。
ほんのり苦味のある美味しいジャムになりました。
また、いろいろにして楽しめますね。




ところで、アップルゴーヤの種は?

P7290035.jpg
この子の場合、30粒のうち、しっかりとした種は10粒ほどでした。
前に採取したかぼちゃ「北の紅」と共に乾かしています。
2つともF1です。
来年種蒔きして、どういう実が出るのかを見るのも面白いかもね。

完熟アップルゴーヤ

2014・07・28


白からオレンジに!!



もともと種取りはしないと決めていました。
少ししか育てないのに、交雑したり、原種がえりをした物を作るのは嫌なので、種や苗はきちんとしたものを使いたいと思ってやっています。

でも今回は、種を採ってみようかな~。アップルゴーヤちゃんの事です。
これは絶対アップルだという物を残してみました。

熟大・野菜栽培科で教わった中で、F1から採種すると20%は原種がえりをするそうです。
2本しか植えないのに、わけのわからない物が育っても困るんですよね~。

ま、お試しでという事で。


P7280003.jpg
もう、ぼつぼつかな?

P7280019.jpg
夕方には、割れかけてました。 
赤い種が覗いています。


P7280026.jpg

P7280027.jpg
家に持って帰って割ってみました。
柔らかい果肉のなかに30個ばかりの種が、赤いせりー状の果肉に包まれています。
綺麗に洗って、干して保存します。
はたして、芽が出るのかな?



キュウリの収穫

2014・07・27



2番手も収穫が始まって




6月7日直播キュウリ、品種名〝グットラック”。
ぼつぼつ収穫が始まっていましたが、今日は、とってもいいキュウリが多数収穫できました。
37度を超える猛暑の中、えらい元気です。
前作のワクチン苗 品種名 ”河童のおやつ” の収穫を合わせると50本ほどになりました。
暫くは、キュウリの夢を見るほどになるんでは?

酒粕漬けを漬けるという友人にお嫁入りです。


P7270237.jpg

P7270241.jpg
野菜栽培科の授業で習ったように、整枝剪定を行いました。
随分すっきりしています。
下の方の2節で整枝した分の収穫をしたのですが、収穫後の枝葉はそのまま置いておくのかな?
脇芽が出かかっているので、それを延ばすんだったかな?
もう一度、教科書を開いて見ましょう。



おまけ。
モロッコインゲンとキュウリの畝に這わせてるかぼちゃです。
P7270242.jpg
6個着果していますが、完熟するまで葉っぱが持ってくれればいいのですが。

猛暑日 気温 37度!!

2014・07・25


トマトに遮光ネットを!!


昨日にもまして今日は、物凄い暑さです。

毎年、梅雨が明けると、猛烈な暑さと果肉を食い漁る(なんという虫かな?)害虫のせいで、上の方の果房は思うように
収穫が出来ない事が多いのです。
今年は、まだ大きくなった青いトマトがころころとしています。
何とか、完熟まで持って行きたいな~。

50%遮光のネットで少しは違うかな? と考えましたが。どうかな~。
初めての試みです。


P7250245.jpg

P7250246.jpg

P7250249.jpg
銀色のマルチを張ってはいますが、遮光ネットで地温の上昇を抑える事が出来るのでは?

「また、面白い事をやってるな」って道行く人に笑われるかな?

熟大野菜栽培科・スイカ試食会!!

2014・07・24

授業の後にスイカを!!


今日は、梅雨明け後の初猛暑日。
13時からの授業で、汗をふき拭き教室に入ると ”農園のスイカを、戴けるそうな”って。
午前中に、お世話役さんと班長さんとで収穫してして来て戴いて、冷やしてありました。
立派なスイカが12個もです。  来週の実習には、又収穫するそうです。
凄いな~。上手だな~。

先生の、大根についての授業を30分切り上げて。

P7240230.jpg
包丁を入れると、パッキーン。凄~い新鮮です。

P7240223.jpg
美味しそうです。

P7240242.jpg
どんどん切って。

P7240228.jpg
”おいしい。おいしい。”おなか一杯ご馳走になりました。
この科は、こういう余禄もあるんですよね~。 

巨大ニガウリにて!!

2014・07・23


ニガウリの佃煮!!


ニガウリに棚を作って貰ったせいか、何時もの年よりものびやかに育っている様な気がします。
ネットだけだと、行場を亡くした蔓たちがぐしゃぐしゃとからみあって、ニガウリを探さなくてはならない状態でした。

きょうは、貰い手のない子達4本。
  (といったら可哀想かな?)
佃煮に変身ですよ~。美味しいよ~。

P7220207.jpg
体長50センチ。でっか!!

P7230201.jpg
ニガウリを、さっとゆでて絞りました。

P7230204.jpg
ネットで調べたレシピを、自分流にアレンジして煮詰めました。
昨年も思ったのですが、「お酢を入れないのはないかな~」。
どのレシピも、みんなお酢を使ってましたね~。
お酢を入れた方が合うのかな~? もう一度、入れないでやってみよかな。

キュウリのからし漬け

2014・07・22

きゅうりの漬物


今年は、キュウリが大豊作。
菜園仲間の方から、洋からしを使ったお漬物の作り方を教えて戴きました。
丸のままで、バリバリとかじると最高です。

材料  キュウリ10本、
     洋からし10g  塩20g  砂糖100g



P7210207.jpg
今回は、5本のキュウリで作りました。オクラはどうかな~。

P7210208.jpg
材料を全部袋に入れ混ぜ合わせます。

P7210209.jpg
空気を抜いてもみもみ。冷蔵庫へ。

P7220206.jpg
一日すると、水分が出てきます。
3日程つけた後、水を切りタッパーで保存。
暫く、楽しめます。

いくらでも食べれます。簡単にできるし、超お薦め!!

座り心地は如何?

2014・07・21

アップルゴーヤの上で!!


畑には、アマガエルや土ガエルなど小動物も沢山います。
みみず、なめくじ、カナブンの幼虫。  アブラムシ、葉ダニなどの害虫もいろいろと。

雨上りという事もあって、アマガエルがゴーヤの棚にいました。

アップルゴーヤの座り心地は如何ですか?

P7210202.jpg

P7210205.jpg

棚の下にいると、緑のカーテンのこぼれ日でいやされますね~。
   「ね~、カエルちゃん。」

教えて戴きました。

2014・07・20

スイカ栽培について。


明日は梅雨明けかしら。
この処、湿度100%あるんでないのと思われる日々でした。

今朝。
菜園仲間のEさんがやって来て、スイカ栽培についていろいろ教えて下さいました。
私が栽培していたスイカの流れに沿っての話でしたので、”なる程、なる程”と説明されることが
すとんと納得できました。
土作り、施肥、つるの延ばし方、ピンチの仕方等など。

菜園歴30年のベテランさん。
スイカも、 ”毎年甘~いのが収穫できている” と、ご自慢しきりですが、いうだけの事はありそうです。
来年は、根性入れて頑張るぞって気になりました。

それにしても、たな落ちスイカ一個だったものな~。

二番手キュウリ&かぼちゃ

2014・07・19


2番手のキュウリ&かぼちゃ!!


5月に植えたキュウリは、梅雨明け頃になるとうどんこ病が発生して終わってしまうのが今まででした。
なんと今年は、ワクチン苗を購入したため? 服部先生の教えとおりに”キュウリには追肥”を実行したため?
まだまだ、収穫が続いています。

駄目になるのを見越して、6月に2番手のキュウリを直播きしました。
収穫が始まっちゃいました。 どうする~。


P7190228.jpg

P7170217.jpg
この子達には、野菜栽培科の授業で習ったとおりの整枝をしています。
でも、もうネットの上まで伸びてしまいました。
これからどう整枝すれば? このまま延ばすのかな~。 


P7190229.jpg
畝の端に、かぼちゃを一本。
モロッコいんげんとキュウリの株元に這わせています。
6個の着果です。これからの高温で病気が出なければいいのですが。

アップルとメロン  棚の下でお披露目!!

2014・07・18


夏本番、ゴーヤの季節です。



梅雨明けまぢかの今日は 、”35度はあるんでないの” って言いたいくらいの暑さを感じました。
野菜達もげんなりした事でしょう。

この処、蔓ものではいいお話がなくって、がっかりしてますが、さすがニガウリは元気です。
棚からはみ出す勢いです。
そして、念願のべっぴんさんのアップルとメロンがぶら下がり始めました。

思ったとおりの展開に、「えへへ・・・・」
嬉しい。

P7180224.jpg

P7180221.jpg

P7180227.jpg

P7180222.jpg

とても畝幅の棚では間に合わず、竹を差し込んでやりました。
伸びるものですね~。

下の畝には、7月下旬、根深ねぎの本植えなのですがね~。
真夏の間は、少々日陰になってもいいかな?

今度はスイカが!!

2014・07・16




スイカもつる枯れ病?


もともと、最初から調子の悪い様子の子でした。
おまけにカラスにつつかれ、負傷しながらも、なんとか3個なっていました。
一番成りちゃんを予定前に収穫してから、あと二つが、弱弱しい葉っぱの中でポツンと。

そして、またまた一晩で枯れました。


P7160203.jpg

P7160205.jpg
”ボンボン”と低い音がしたのは、空洞が出来ていたためのようですね。
しっかりオレンジ色も出ていないような。
42日で収穫したのでした。
一番成りという事もあって、皮の部分がぶあついですね。
でも食べてみると、シャリシャリと食感も良く、結構甘かったです。

管理が悪くてごめんなさい!!

2週間ぶりの実習農園

2014・07・15

野菜栽培科実習農園・・夏野菜の育ち




2週間ぶりの当番が回ってきました。
梅雨末期の長雨で、どんなになってるかな~?

見ると手を出したくなって困るんですよね~。


P7150215.jpg3本整枝のナス。小ぶりながら収穫 P7150216.jpg   キュウリ、うどんこ病発生。
P7150220.jpgP7150223.jpg
暴れていたトマトも落ち着いて、熟し始めていました。パブリカ(赤)、まだ小さいな。
もっと、大きくしたいですね。
P7150218.jpgP7150219.jpg
雄花が花粉を飛ばしていました。
草丈が短いながら、実を付けてます
班長さんが、育ちが悪いんではと心配されています。

収穫、草取り、キュウリの葉の整理、追肥をやって帰りました。

やっぱり駄目になりました。

2014・07.14

げんなり!! アイスプランツ



昨年10月に、苗を購入して育てたアイスプランツが、やっぱり。
原産地が確かアフリカの高地?。だったかな。
あめと高温が苦手とか。

このところの長雨で駄目になってきました。
雨よけを作ってやればよかったのに。可哀想な事をしました。

「ごめんね。あなたの方に気が向いてなかったのね。」


P7130214.jpg

しょっぱい、シャキシャキ感が美味しかったのに。
以後気を付けます。

現地発酵方式!!

2014・07・13


トウモロコシ残渣の始末!!



トウモロコシを収穫した後の残渣を、今までは藁がわりに使った後燃やしていました。
またまた掲載されていたのが、現地発酵方式で堆肥にする方法。(松坂市の専業農家のお方)
刈り取り後1週間ほどで、表層5センチくらいの浅い部分にまぶすようにすき込むとの事です。
トウモロコシは、残渣にも糖分が多く、水分、微生物活動性の一番高い処に埋めてエサにするいう訳だそうです。

やってみました。


P7120204.jpg
トラクターで漉き込むわけでないので、押切を使って刻みます。

P7120205.jpg
畝の上に、米ぬかと共にばら撒きました。

P7120208.jpg
鍬で、浅く混ぜ込みました。
 (夕方遅くになったので、写真の色がわるいです。)
左隣の畝は、一番手の残渣を2週間前に打ち込んだ畝。
打ち返してみると、随分腐植が進んでいました。

おもしろいですね~。

秋冬野菜予定の畝です。
今年もEM菌処理はしようかな。

F 1ダブルスター!!

2014・07・13



3番手のトウモロコシ




梅雨末期の空模様で、降ったりやんだりむしむしとした暑さです。
夏野菜も収穫本番で、毎日の収穫に追われています。

ダブルスターってネーミングに惹かれて買った種。
今まで、トウモロコシは1本収穫するものと思ってました。
1本の株に2本取れたらどんなにいいだろうな~。って。

たまたま、トウモロコシ特集の記事に、2本、3本取りが出てたんです。
おかげで、今年は3品種ともに、2本取り大成功!!
ダブルスターでなくっても良かったわけです。


おもしろーい!! 
これだから、百姓?はやめられない!!

P7130216.jpg

野菜ボックスを!!

2014・07・12

東京のお父さんに!!


今日の収穫物を、東京のお父さんに送りました。
次男の嫁のお父さんです。
3年前、トルコに赴任中の次男一家を、20日ほど一緒に尋ねて以来、仲良くしています。

゛え~、これなに~。” って言ってもらいたくて。
何がって。
勿論、アップルゴーヤです。


P7120249.jpg

絶対。
 「お母さんあの白い丸いのは何ですか?」 って 電話が来るのが楽しみです。

梅雨明け後に

2014・07・12

トマトの敷藁


梅雨明けも間近になったような気がします。
今度は暑さ対策。ほんとうに気の休まる時がないな~。

銀色マルチのトマト、黒マルチのキュウリ、ニガウリ等に藁などを置いて地温の上昇を
防いでやります。
今日はトマト畝の両端に藁を敷き詰めました。

近所の専業農家のご主人に教えて貰った、カリの単肥も少しマルチの裾に蒔きました。
P7120251.jpg

トマトの畝は、2畝を1畝にして真ん中に元肥を入れ、埋め戻した上を作業通路にしています。
今、2果房目の収穫が始まった処ですが、毎年と言っていいくらい、梅雨明け後のトマトの収穫が順調に最後まで(5段くらい)収穫する事が出来ないで終わっています。
今年こそ、先生にも教えて戴いてと思って、講座に臨んだのでしたが・・・・・・・・。

ままならないのが、世の常ですね。


ガンガン照ってきたら、通路の上に遮光ネットを張ろうかな?
と、考えています。

台風の長雨の後に

2014・07・11

やっぱり、蔓ものは難しい!!


この地方は、猛烈な台風の風の影響もなく、やれやれと安堵しましたが、
沖縄近辺では、猛烈な風が長時間吹いて大変なご様子でした。
また、木曽の方では土石流による被害が出て、本当にお気の毒な事でした。

気になりながら、傾聴ボランティアをすませて、夕方畑へ。

今度は、スイカが変!!
3本仕立てのうち、1本が萎れていました。
”大雨の後、かっとお日様が照りつけるとなる”って菜園仲間が教えてくれました。
マクワウリは、もともと病気が出てたので、もう熟れている事だしと納得しています。


P7110236.jpg
明日、様子を見て撤去かな?

P7110237.jpg
カラスにつつかれながらも育った、一番成りちゃん。
6月1日受粉の7月15日収穫予定日。
この部分は、まだつるが萎れていません。
さ~て、明日はどうなってるかしれね~。

P7110238.jpg
もうすぐ全部収穫のマクワウリちゃん。

試食会

2014・07・10


食べてみました。




一番は、天ぷらに軍配が上がりました。
アップル&メロンゴーヤの試食の話です。

ジャコテンとの炒め炊き、サラダ、ディップスティック、天ぷら、を作ってみました。


P7100232.jpg

P7100233.jpg

P7100234.jpg

サラダを撮り忘れていますね。

カタログのとおり、肉厚で、シャキシャキ感があり、苦みが少ない。
ニガウリの苦手な人も、これなら大丈夫かも。
アップルもメロンも、見た目が美しくってゴーヤって感じがしませんよね。
でも、ゴーヤでした。

話が弾んで、楽しい試食会でした。
 アップルちゃん、メロンちゃんありがとう~。

F1あのみのり

2014・07・09



F1 あのみのり収穫





天狗ナス あのみのりの変形果!!

このナスは、昨年も作付しました。
そして、同じように変形果があらわれた記憶があります。
大型のナスが、いっぱい成る事で気にいって作付しているのですが。


P7090238.jpg

P7090240.jpg

来宅される友人の為にと収穫に行ってきました。
右側の小さいナスが千両2号。
あのみのりのふくよかさがよく判りますね。
桃太郎ゴールドも沢山採れました。
いいお土産になりました。



収穫しました!!

2014・07・08

アップル&メロンゴーヤ 初収穫!!


わりと立派です。
アップルちゃんが少し色ずき始めたので収穫しました。
アップルは純白、メロンは少しグリーンかかった白かな。
共に、光沢があってとっても美しいです。

パンフレットから受けたイメージとおリの作品が出来て嬉しいで~す。
さて。 どんなお味がするのか、楽しみで~す

ぽちっとクリックして下さい。。


P7080233.jpg

P7080229.jpg

籠の中、オレンジではありません。
桃太郎ゴールド、トマトです。
こちらも、色つや抜群のべっぴんさんです。
味もしっかりした果肉と程よい酸味で美味しくしあがりました。
どの株も、第2果房まではでっかいトマトになりました。

さて問題は、けた外れの台風8号の通過がどう行くか?
心配です。

私のお鼻高いでしょう?

2014・07・07



変形果  ナスのお鼻!!




ナスの収穫が最盛期を迎えました。
千両2号、白なす、賀茂ナス、丸ナス、そしてあのみのり。

僕も 私も ”あのみのり” で~す。
   「お~はなが高いでしょ。」

P7070240.jpg

巻きひげの役割

2014・07・06



蒔きひげの役割は?



/div>蔓ものには、伸びて行った先でしっかり体を固定するための巻きひげが付きものです。
すいか、かぼちゃ、キュウリ、などにもあります。
でも、一番顕著なのがニガウリかな~?


P7060249.jpg

P7060245.jpg

P7060246.jpg

P7060248.jpg


この写真は、アップルゴーヤの髭ですが、伸びた先の触ったものにとりつきます。
あとは、ぜんまい仕掛けのようにくりくりと巻いていきます。
風が吹いても、伸びたり縮んだり。折れたりしません。
”賢いなあ~。”  感心します。

アップルゴーヤとメロンゴーヤの育ち  その2

2014・07・05

もう、これで大人かな?


アップルちゃんが一番に着果しました。
いつ、受粉してやったかな~?
その後、メロンちゃん達も続いていますが、人工授粉でないと成りが悪いように思います。

問題が一つ。
隣り合わせに植えているので、交雑するのでは?

P7050227-001.jpg
アップルゴーヤ 一番成り。(真っ白でリンゴの形)

P7050228-001.jpg
メロンゴーヤ  少し緑色がかっている。

P7050229-001.jpg
この双子ちゃんは、どちらかな~。

P7050230-001.jpg
やっと棚の下に成りました。

P7050233-001.jpg
2本づつのゴーヤなのに、すごい事になってきました。
伸びるものですね~。

メロンの酒粕漬け

2014・07.05




つる枯れメロンちゃん。変身です。







先週、一晩で枯れたメロンちゃん。
酒粕漬けで再登場です。

塩漬けにして1週間が経ちました。
ちょうど、白ウリのかす漬けの時期で、粕漬け用の酒粕がスーパーに並んでいました。
ぐっとタイミングです。
ネットで調べて、本漬けにしました。


P7050240.jpg
あまり、たくさんは要らないので友人と半分っこ。
2キロの酒粕に、400グラムのザラメを混ぜ合わせて漬けこみました。


P7050242.jpg
メロンと酒粕を交互に並べます。

P7050243.jpg
ピッタリとラップを掛けて冬まで待ちます。
美味しくな~れ。


細かく刻んだ奈良漬を酒粕を絡めて食べるのが大好きです。
摘果した小さいメロンを奈良漬にして販売しているのだから、家のメロンちゃんでも美味しい粕漬けになるんでないかしら
楽しみで~す。

今年の蜂谷柿は!!

2014・07・04

今年は何個?


梅雨空の下、柿の葉っぱも瑞々しく美しい色合いです。
アマガエル君も、柿の葉っぱの上で気持ちよさそうに休んでいました。

裏庭の柿(蜂谷)に、今年は数えきれないほどの花を付けたのですが、生理落下で残ったのは
15個ほどです。
昨年は、1個の収穫だったので、まあ良しとしましょう。
もしかして、受粉木のいる種類かもしれませんね~。


P6290343.jpg

P6290338.jpg

P6290342.jpg
えらい、栄養状態のいいアマガエルくんです。


おまけです。

P6290347.jpg
金柑の花が咲いて、可愛いあかちゃんが付いています。
金柑も甘煮にすると美味しいのですよ。
生で食べるのも好きです。

ルバーブジャム

2014・07・03


ルバーブジャム


友人に頼まれてルバーブを栽培しました。
酸っぱみのあるジャムが出来ます。
初めてとの事で、大好評だったと喜ばれました。
また、育ってきましたよ~。採りにお出で下さい。


なんか、この処ジャムを良く作っていますね~。
中性脂肪の数値が・・・・・・・・・。


P7020257.jpg
4月3日に種蒔き、5月初めに移植。

P7030263.jpg
茎の部分のみ使います。

P7030264.jpg
グラニュー糖をまぶして水分の出るまで待ちます。

P7030266.jpg
すぐに、煮上がリます。
先ほどの綺麗な色が出ないのが残念です。

種袋には、真っ赤なルバーブの写真なんですがね~。

イタドリジャムの方が、すっきりした酸味で私は好きです。

トマトの収穫!!

2014.07.02


ゴールド桃太郎


また今年も、トマトは試行錯誤でした。
品種は、ゴールド桃太郎、ホーム桃太郎」、サターン、こくうまパーフェクト、彩果、甘太郎、ピンキー〈ミニトマト)
合計24本。
接ぎ木苗は10号ポット植え栽培。実生苗は完全寝かせ植え栽培。すべて2本仕立てにしました。

有難い事に、服部先生のご指導どうりの手当てで、尻ぐされ病は2個のみで収まりそうです。
でもやはり、3果房4果房の着果率が悪いです。

近所の専業農家の方のご助言もあり、窒素過多につきカリ肥料の単肥をやりました。
葉面散布でもやりました。
おかげで、やっと今正常な葉色と育ちが見れます。

今第1果房が色ずき始め、大玉が収穫できています。


P7010227.jpg
ゴールド桃太郎。 3個着果。1個は収穫済。美しい色です。

P7010228.jpg
2本仕立て。初期の肥料の効きすぎで、暴れが目立ち寸足らずの育ちです。
元気なのは、ミニトマトの”ピンキーちゃん”


P7010229.jpg
節間も広がって、やっとのびやかな様子になりました。
葉色も美しい色です。


P7010232.jpg
ゴールド桃太郎、ポット植え2本仕立ての様子。
ポットの底に、十文字の切込みがいれてあります。
根が、制限された分暴れが少ないです。

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

Extra

MYブログ来訪カウンター

プロフィール

むぎわらくんちゃん

Author:むぎわらくんちゃん
私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR