FC2ブログ

Entries

2014・03・31

ウスイエンドウ

「まめごはん」の記事が、読売新聞の夕刊に載っていました。

”関西でよく使われる品種・ウスイエンドウは、大阪府羽曳野市碓井に由来する。
明治期に米国からつたわり、水はけが良いため栽培が盛んになった。”
という記事。

河内一寸そら豆もそうなんです。
この地方で、お正月に甘く煮て食べる大粒のそら豆です。


P3290017.jpg

やっと開いたえんどう豆の花。
白い花びらが、青空に映えて可憐ですね。


収穫してすぐの豆をご飯に炊きこむと、豆の香りがふわっと。
とっても美味しいです。
スポンサーサイト

土中緑化

2014・03・30
枝豆の苗・土中緑化

今年も種蒔き、苗立ての時期がやってきました。
この工程も結構楽しみな時期ではあります。
ナス科のなす、とまと、ピーマン等は病気になりにくいという事で接ぎ木苗を買います。
他は、種蒔きで育てます。

種蒔き用トンネルの中では、枝豆の土中緑化を試しました。

P3250002.jpg
種を蒔き不織布被せ土を乗せて、豆が根っこを下ろして、発芽しそうになった段階で太陽に一日あててやります。
再び、土を被せ発芽を待ちます。

P3290013.jpg
緑色の双葉が、出てきました。

土中緑化と断根栽培で枝豆の着き数倍増を試してみようという訳です。
土中緑化の手法は知りませんでしたが、根を切ることで根の量が増えて木に勢いが付くのは知っていました。
キャベツ、白菜、トマトなどやっていた事です。


双葉の間から本葉が覗いてところで、摘心して2本仕立てにし、本葉が少し大きくなったら定植します。
さあ、どういう育ちをするか楽しみですね~。 

サラダ用小物野菜たち

2014・03・29


寒風の中での育ち!!


昨日開花宣言だった桜が、今日はもう満開に近い咲きっぷり。
暖かくなりました。

寒い中種蒔きして、不織布とビニールトンネルで育てた小物たちも伸びてきました。
春の雨に当て、トンネルも除去しました。
出来は、上出来かな?
開けたり閉めたり、苦労しましたもんね。


20140329サラダ菜類の畝-001
 ルッコラ、サニーレタス、カブ、サラダ用水菜、サンパリス(レタス)、フレッシュレタス

ふき&空豆の花

2014・03・27


フキ&そらまめの花


昨日は春の雨がたっぷり降りました。
伸び盛りのトンネルの野菜達にも、春の雨を当ててやろうとビニールを剥いでいました。
暖かい雨に当たると、ぐーんとと言っていい程成長するんです。

そしてまた、今日は風が冷たくなってきました。
三寒四温って言いますものね~。
トンネルを掛けに行って来ました。


瑞々しい野菜達の中には、もう花を付け始めています。

P3270009.jpg
フキの花。 フキノトウが伸びて花が咲きます。
ミツバチが来ていることがあります。

P3270003.jpg
そら豆の花。チョウチョのようです。
豆も空を向いて着きますが、花も上を向いてますね。


P3270006.jpg
水分を吸い過ぎて、葉っぱがぐんにゃりしています。
少し、追肥が効き過ぎかな?
でもね~。そら豆は木の勢いがないと大きい実が入らないのです。

03333

2014・03・24

アクセスナンバー 3333



ブログをアップしようと開けて見るとアクセスカウンターナンバーが、ラッキーナンバー3333.


2012年11月から”麦わらくんちゃんの畑便り”を上げ始めて1年4か月です。
拙い便りを読んでくださっている皆様、有難うございます。
アクセスカウンターナンバーが増えて行くと、とっても励みになっています。
100坪の畑を、鍬一本で耕し、有機、なるべく無農薬栽培で頑張る力になっております。
これからも、珍しいもの、美味しいもの、楽しい気付き等などお届けしたいと思いま~す。
よろしくお願いいたします。

                 むぎわらくんちゃん
P3240003.jpg

ちなみに、4月より熟年大学”野菜栽培科”で基本のきを学習すべく受講する事にしました。
70の手習いです。

ジャムの食べ比べ!!

2014・03・24

手作りジャム3種・食べ比べ!!


ルバーブ、ニガウリ、ショウガ、ゆず、きんかんそしてヤーコン。
いろいろ作ったものだな~。
これも畑をやってるおかげかな。

今日は、にがうり、ショウガ、夕べ作ったヤーコンジャムの食べ比べをしました。
トーストした食パンに、クリームチーズと共に添えてみました。


P3230002.jpg
ヤーコンは、ジャムだけで食べると繊維がぶちぶちと気になりましたが、パンとクリームチーズ
を一緒に食べると全然違和感がありませんでした。
さっぱりとした甘さと酸味でとても美味しい。
3つとも個性のある食材ですが、それぞれに美味しいかったで~す。
でも、ヤーコンが一番好きかな?

ちなみに右下の白いもの。
酒粕を、オーブントースターで焼いて、はちみつを掛けました。
田舎でよくやってた食べ方です。
お爺ちゃんが、ミツバチを飼っていたのでレンゲのはちみつをよく食べたものです。
酒粕は発酵食品で~す。大好きです。

ヤーコンジャム

2014・03・23

けっこう美味なんだ~。ヤーコンジャム!!

外の物入れに残っていたヤーコン。
えらい傷みかけたくずヤーコン。
そうだ、ジャムにしてみようとまた夜なべです。
ネットで調べると、材料はリンゴと砂糖少々、レモンの絞り汁。
フードプロセッサーにかけ、鍋に投入煮詰めました。


p3220001s.jpg
綺麗に皮をむいて。凄いあくで手が真っ黒になりました。

P3220002s.jpg

P3230008.jpg
余り食欲をそそる色ではありませんが、さっぱりとした甘さでおいしいですね~。
リンゴのペクチンで、まとまったようですね。
食べて見ると、ヤーコンの繊維が少し気になりました。

ヤーコンは、煮ても潰れないものね。

発芽しました~。

2014・03・23


果菜類の発芽!!



13日に電気あんかで保温、発根してところでポットに種蒔きして、2重トンネルの中に置いたのが15日でした。
今日は23日。10日で発芽って事です。
みんな揃って、双葉が開いていました。
ニガウリは発芽が遅いはずなのですが、硬い殻をおろし金で擦ったのが良かったかな?
大成功!!やったね。 


P3220001.jpg
かぼちゃ3種。(えびす、北の紅、紅ロマン)

P3220002.jpg
マクワウリ

P3220004.jpg
ニガウリ(自家採取種) 硬い殻をかぶっています。
もうすこしだよ。頑張れ~。

P3220005.jpg
丸ナス(自家採取種)

ビニールトンネルの中では。

2014・03・18
ビニールトンネルの春物野菜達


やっと春本番。
気温が上がってくると、それはそれで、トンネルの中の気温が気に掛かります。
暑すぎて、高温障害が出るのです。
トンネルの中を覗いてみました。


P3170057.jpgP3170058.jpg
      じゃが芋、 サニーレタス、かぶ、ルッコラ
P3170059.jpgP3170060.jpg
   にんじん、サラダ水菜    春大根、小松菜
じゃが芋の葉っぱが少し霜にやられています。
ビニールトンネルを外して、春の雨に当てれるようになるのは、もう少しの辛抱ですね。
一雨毎に、ぐ~んと伸びるのが判りますものね。

今日は、白木蓮が咲き始めているのをみました。
桜ももうすぐ咲くのでは、待ちどうしいですね。

新玉ねぎ 初収穫

2014・03・17


超極早生新玉ねぎの収穫

今日は、暖かくて畑日和の一日でした。

ぼつぼつやって置きたい夏野菜の床つくりをしました。
トマトの畝は、まずEM菌を使っての土つくり。
ナスの畝は、EM菌の土つくりを済ませていたので、割り肥えで畝底に鶏糞、米ぬか、過石、有機肥料を入れ黒マルチを張りました。
このまま、5月の連休頃の定植まで寝かせておきます。

一日仕事で、あ~しんど!!

今日の収穫は、初収穫の新玉ねぎと最後の一本太ねぎ。
すきやきでもしようかな~。
ワインを呑んだら、ひっくり返るんでは?


P3170033.jpg

里芋  { まいも 和歌山芋}

2014・03・16


里芋逆さ植え栽培!!

2月中旬、米ぬかとEM菌で土作りをして寝かして置いた畝に、畝の心土近く
元肥を仕込んで黒マルチで 保温しておきました。
今年も3月15日。
自家採取した種イモの植え付けをしました。
昨年はすっごく立派な芋がついたので、今年もと思っているのですが。
さてさて、どうなりますか?

P3150041.jpg
今年は、親芋も使ってみます。
芽の出る頭の方を切り落としてポテトシリカをまぶしました。


P3150042.jpg
P3150044.jpg
種イモを逆さに植えて、間に元肥を置きました。
元肥一発。
P3150045.jpg
透明ビニールマルチで保温です。
左となり2畝も里芋用。今日は疲れたのでおしまい。また次に。
芽が出てきたら、破って芽を出してやります。

かぼちゃ&まくわ の根っこ

2014・03・15


根が出ました。


なんと。驚きです。
あんかで保温して2日で、かぼちゃとマクワウリの根っこがちょこっと出てきました。
”可愛い~。”
早速、種蒔き用土に蒔きました。
  P3150049.jpgP3150052.jpg
種袋を濡れタオルで包み、電気あんか、バスタオル、肩掛けで保温
P3150046.jpgP3150053.jpg
丸2日で種の先から”ピッ”と根が。  根を傷めないようにそ~と。

同時に、保温したにがうりと、丸ナスは変化なし。
やはり、高温を好む野菜です。



P3160056.jpg
という訳で、早速畑の種蒔き用に準備しているトンネルの中に。
2重トンネルです。
ペットボトルは何?
日中、高温になるトンネルの中でお湯になるそうです。
気温の下がる夜用の湯たんぽの役目。
これも、現代農業に載っていました。
な~るほどな~。
試してみました。面白~い。

種いろいろ

2014・03・13

種蒔きの季節


今日は、春の嵐が吹き荒れました。
3日後には、本格的な暖かさがやって来るそうな。
そうなると、私の畑のむしがうずうずしてくるのでよね。

種蒔きや芽出しの為に用意しているトンネルに、夏野菜の種を蒔く事にしました。
自家採取した丸ナス、ニガウリ。
かぼちゃにマクワウリ。
まず、発芽しやすいように一晩水に漬けました。
明日、タオルにくるんで電気あんかを使って保温してみようと思っています。
ふろの残り湯を使ったり、懐に入れて温めたり、こたつを利用したりと
色々のようですが。


P3130003.jpg
種を品種ごとに、お茶袋に入れて一晩水に漬けます。


P3130006.jpg
種の寿命は品種によって違いますが、冷蔵庫で保存すると大丈夫なものです。
私のように、多品種を少しづつ蒔くと種が余ってしまいます。
でも時期になると、ついつい買い込んでしまって。
この様になりま~す。

小女子漁

2014・03・10


活気にあふれる漁とかもめ


久しぶりに、「ものすごいな~」と感動しました。
又その光景が美しい事。
何がって? 
 荒波にもまれる小女子漁から帰ってきた船と群がるカモメです。



3月9日、9時頃。 夜も明けやらぬ時間から漁に出て、小女子を満載にした船が帰って来るのを見に出かけました。
そのおこぼれに預かろうと、ものすごい数のカモメが集まっていました。
しらす干しを作るために、大勢の人がきびきびと働く姿も。老夫婦が仲良く網の繕いをなさっているご様子も素敵でした。
カサゴやメバル、大きなアワビも網に架かっていて、「今晩のおかず」をゲットだそうです。

P3090070.jpgP3090074.jpg
P3090086.jpgP3090092.jpg

知多半島・篠島漁港にて

知多半島・菜の花

2014・03・09


知多半島そして篠島



愛知県知多半島の先、篠島の民宿へ息子たちが招待してくれました。
久しぶりに獲れたて、ピチピチの魚を堪能して幸せ気分!!

途中、北海道の富良野を思わせるような農園に立ち寄り、なの花摘みを楽しみました。


P3080032.jpgP3080023.jpg
P3100093.jpg摘んできた山盛りの菜の花。
中2の孫と何の料理に使おうか?
オイルサーディンと菜の花のパスタはどう?


道の駅では知多半島の農作物、野菜や柑橘類、花等が山盛りで楽しみました。

今年も咲きました。

2014.03.07

今年も咲いてくれて、ありがとう


母の大好きだった、原種に近いシンビジュームが咲きました。
あれこれとランの栽培もやっていた頃、株分けしてもらった物です。
最近は、畑やボランティア等が忙しくって、ほったらかしにしているのに健気に咲きました。
薄黄緑色が好きです。


P3070006.jpg

P3070004.jpg

花弁の付け根に蜜を持っています。
なめて見ると甘~い。

母を思い出しますね。飽きずに眺めていたものです。

じゃが芋の芽

2014・03・07


じゃが芋の発芽!!


東大寺二月堂のお水取りまではと言いますが、今日は雪がちらつきました。
寒いです。

1月24日に植え付けて、黒マルチ、透明ビニールトンネルをかけていたじゃが芋(北あかり)が3月1日に発芽しました。
霜予防のため、わらと不織布のべた掛けをしていたのですが。


P3060001.jpg
黒マルチを破って芽を出してやっていたのです。ちゃんと緑化し育っています。

P3060002.jpg
わらで新芽を覆い、不織布をかけぴっちりとんねるに戻しました。

お水取りは3月12日。もう少しの辛抱ですね。
でもね。暖かくなればなったで、蒸れに神経を使わねばならないし。
ほんとうは、「適期に植える」。余計な事をしないで済みます。

アイスプランツのその後

2014・03・06

アイスプランツのその後は?



昨年の秋、今話題のアイスプランツの苗を1本買って来てトンネル栽培しています。
今は、不織布をべた掛けしてビニールトンネルの中ですが、やはりちじこまっています。

2月半ば愛媛に帰った時、道の駅で見つけました。
ハウス物らしくのびやかに、立派に育っていましたね~。
1パック買ってきてお味見です。

黄緑色が美しいです。
少し、味が薄いかな~。

P1000100.jpg


わが菜園のアイスプランツは?

P3040012.jpg

  P3040015.jpg
寒いからといって枯れそうではないけれど、地を這うように伸びています。
色も、みどりが濃いです。
味は、悪くはありませんで~す。
少ししょっぱくて、シャキシャキした食感。
サラダで食べました。
  


おたふく豆の間びき

2013・03・05


随分茂ってきました。



結構厳しい寒さの中、おたふく豆ちゃんが急に育ってきたような気がします。
取りたてを塩ゆでで食べたり、ご飯に炊きこむと、独特の風味で美味し~んですよね~。

大きな粒の豆を収穫しようと思うと、一株の本数を7本ぐらいに間引いてしまいます。
いじけた株にはそら豆が入らないんですよ。
結構、肥料食いなので~す。


P3040010.jpg

P3040011.jpg
上の写真が間引き前。下の写真が間引き後。
随分、涼しげになちゃいました。
その内、まっすぐに育つように支えのロープを張ります。

ビニールトンネルの中では

2014・03・04


ビニールトンネルの中では。



この処の暖かさに慣れていたのか、今朝の寒さは格別のような。
霜も降りて真っ白。
じゃが芋の芽、とろけていないかな~?
それなりに、防寒はしているけどな~。
と、心配しながら、講演会を聞きに出かけました。

4時頃から、大急ぎで畑へ。
大丈夫!!、 やれやれで~す。


日中は暖かく、気温が上がって、ぴっちりトンネルの中の葉物が心配になりました。
高温すぎると、蒸れてしまいます。

P3040001.jpgP3040002.jpg
P3040004.jpgP3040008.jpg

 

レタス類、人参、サラダ水菜、春大根、小松菜など
大丈夫です。
HB-101を垂らした水をやりました。
早く大きくな~れ!!

すっごい根っこ

2014・03・03


 立派だね~。





なにが?って。野菜の根っこです。

ブロッコリーやカリフラワーも、もう残り少なくなってきました。
切株の整理で、マルチを剥がして驚きました。
今年は、白菜、ブロッコリー、カリフラワー、等の葉物の勢いがすごっく良くて、でっかい
物が収穫できました。
やはり根っこでしたね~。

何を変えたかな~?
やはり、EM菌使用と元肥を下じゃなく横へ、この2つかな。



P3010022.jpg
マルチの下。 上根がびっしりと張っています。

P3010024.jpg
ザクッと鍬を入れると細かい根が縦横に張っていました。
ものすご~い!!  こんな様子は初めてです。
感動しました。
 立派だね~

P3010025.jpg

掘りだしたカリフラワーの根っこです。

早だしトウモロコシ

2014・03・01

早すぎかしら?



昨年の作付帳を見ると、3月13日でした。
トウモロコシの話です。
トウモロコシは、意外と無農薬では作りにくいんです。
「アワノメイガ」の食害がなかなか防ぎづらくて。
ならばと、虫の発生時期より早く作ればいいじゃん。
という訳で。トウモロコシの穴底栽培を知りまして、昨年から始めました。
勿論、「現代農業」からです。


P3010017.jpg
種を、一晩水につけて水分を含ませます。
種を蒔くとき、種のむきに気を付けて土に置いていきます。
トウモロコシのすぼについていた方を下に、芽が素直に伸びるのように
たすけます。


P3010014.jpg
20センチほどの深めの溝を切り種を蒔きます。
トウモロコシは、必ず2条以上でうえます。
他家花粉といって、お隣さん達の花粉を受けないと受粉できない
ですって。歯抜けのトウモロコシは嫌ですものね。


P3010015.jpg
今度は、透明ビニールマルチです。
内部の気温をあげるためです。
ぴっちりと、外気が入らないように。
芽が出て、苗がビニールにつっかえてきたらトンネルに変えます。



豆類は、農業をやっている者しか味わえない作物の一つかな~。
「本当にうまいっ。」 

残渣を堆肥に

2014・03・01

野菜の残渣を!!


昨年の秋は、落葉を大量に手に入れる事が出来ました。
公園で集めた桜の葉っぱと友人が自宅の落葉を運んで下さったりと
コンパネで作った堆肥場も、今年は結構いっぱいです。

野菜くずも発酵剤、米ぬかと共には落葉の間に混ぜて堆肥に。
量が多くなると、切戻しに苦労します。

大仕事で~す。           
P3010019.jpg


P3010021.jpg
昨年秋の枯葉が、発酵が進んで真っ白に糸状菌が付いています。
切戻しがてら、少し乾かせたやさいくずを混ぜて積み込みました。
今年の夏野菜に使うなら、まだ未熟堆肥なので
上から発酵のマルチで使うしかありませんね。

じゃが芋の植え付け

2014・03・01



じゃが芋の植え付け



今日は、雨模様との天気予報で焦りました。
切り分けて置いたじゃが芋を、もう植えないと悪くなってしまうかな~って。
この後、2~3日は畑に行かれないし。

何とか、雨が降りだすまでに終わりました。
やれやれで~す。


P3010001.jpg
準備していた畝に、深めの溝を切り、30センチ間隔で芋を置きまして、
元肥をその間に一掴みづつ。


P3010002.jpg
もみ殻燻炭で覆います。
その後土を返して、かまぼこ型の畝に整えました。

P3010003.jpg
黒マルチの裾を空気が入らないように、ぴっちりと土で覆います。
芽が出てきたら、黒マルチを破って出してやったり、
一株2本になるよう芽搔きをしたら、あと6月まで、何もする事はありません。

じゃが芋の栽培が、一番楽かな~。

今年は早出しの北あかりを加えて6種類。
収穫が、めちゃ楽しみです。

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

Extra

MYブログ来訪カウンター

プロフィール

むぎわらくんちゃん

Author:むぎわらくんちゃん
私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR