FC2ブログ

Entries

この春からの作付予定図

2014・01・31

今年の作付予定!!



春の日差しを感じ始めると、作付する予定を考えるのも楽しみの一つです。
一番初めはじゃが芋(1月下旬に早出しの分は済)から始まって、順次種蒔きです。
連作をしないように、作付年表とにらめっこしながら畝を決めて行きます。



作付予定の詳細は、下記のファイルをご覧になってください。

2014年春から夏にかけての作付図











スポンサーサイト

春大根の発芽

2014・01・29

春大根の発芽!!



こんないいお天気に、一日空いているなんて。ラッキーで~す。
今日は一日畑仕事でした。

24日に種蒔きしたトンネルの中を覗いてみると!!
発芽したばっかりの大根の双葉が出ていました。
まだ、緑化していなくてクリーム色してるでしょう。
お日さんに当たって緑色になるのです。
可愛いね。ちょっと見つけにくいかしら。

P1290224.jpg


人参が収穫適期を過ぎたのか、割れが目立つようになったので掘り上げて穴貯蔵にしました。
ごぼうや聖護院大根も、残り少なくなった事だし掘り上げました。
空いた畝は、打ち返して次作の準備です。

P1290220.jpg
野菜達は、葉を切り落として逆さに並べます。
土を掛けて、わらで防寒しておきます。

これも、あまり長く置くと切リ落とした葉っぱが伸びてきます。

ビニールトンネルの小物たち

2014・01・29

ビニールトンネルの中では!!

今日は、トンネルをめくって水をやりました。

この処の暖かい日ざしで、小物野菜たちも少し伸び上って来ていました。
サラダミックス、チャービル、ほうれん草の畝です。
空いた所に、二十日大根の種を蒔いてもました。
サラダの彩りにいいかな?

P1280223.jpg
冬の水やりは、暖かい日を選んで朝のうちにします。
ぴっちりトンネルでは、たまに水をやります。

寒肥え

2014・01・28

玉ねぎ・ニンニクに寒肥!!


冬を越して成長する野菜達には、1月から2月の初めまでに肥料を施します。
今日は、玉ねぎとニンニクに!!
コーナンで専用の肥料を見つけたので買ってみました。


P1280221.jpg

P1280224.jpg
穴あきマルチを使っているので、めんどうでも裾をめくってばら撒いて土に馴染ませました。
苗が痛まないように気を付けながら、マルチを戻しました。


P1280225.jpg
ニンニクも同様に。

5月に収穫です。「それまで頑張って大きくなってね。頼みますよ!! 」

キャベツの育ち

2014・01・27


キャベツの育ちの差


9月末と10月末に、春キャベツの苗を園芸店で買って植えました。
9月末の分は、まだ暑いのでそのまま、10月の分には穴あきトンネルを掛けました。
おまけに、畝には黒マルチを張っています。

追肥をやるために、トンネルをめくって見ると。


P1250238.jpg

P1250239.jpg
どちらも、結球を始めています。

保温をするのとしないのでは、育ち方にこれだけの違いが出来ていました。
トンネルしてやった方が、1か月近くも後に植えたのにね~。
9月ちゃんは、黒マルチもしてやっていないし、いじけちゃったのね。
ごめんなさいで~す。

春大根と小松菜

2014・01・26


野菜も少なくなって来たので!!



春大根と小松菜の種を蒔きました。
ビニールトンネルの中に黒マルチで、地温を上げていた畝です。
この2,3日の暖かさで、畝に手を当てて見るとほんのりと暖かくなっていました。


P1240243.jpg
黒マルチを切って、畝を2条植えの分だけだして、肩マルチにしました。
春大根と小松菜を蒔いて、もみ殻燻炭を振りまきました。
燻炭の黒い色が、太陽熱を吸収して保温効果もあるのです。
もちろん、燻炭のカリ肥料としての効果もです。
不織布べた掛けして、保温効果を狙います。


P1250235.jpg
ぴっちりビニールトンネルを掛けて、芽が出るのを待ちます。
かなり大きくなるまで、不織布はかけたまま育てます。
まだまだ、寒いですものね。

今年もトーモロコシ、早出しで!!

2014・01・26

トーモロコシ用畝もEM菌で!!


トーモロコシの実が付き始めると、アワノメイガという害虫に泣かされます。
発生の時期が決まっているので、その時期をずらすために種を早蒔きします。
当然、保温で苦労するわけですが。

P1250234.jpg
米ぬか、バーク堆肥、切りわら、そしてEM菌。
EM菌500倍液を散布後、黒マルチをぴっちり。


P1250237.jpg
これでひと月程置いて、種蒔きです。
通常蒔くより、かなり早い種蒔きになります。

干し大根作り

2014・01・25


赤大根を干し大根に!!


「昔は、野菜の種類もこんなになかったよな~。」といつも思います。
大根に限らず、人参、なす、トマトまでほんとカラフルです。
カタログや店先に並んだ種袋の説明では、いい事ばかりが書いてありますが
まさか、美味しくないとは書けませんがね。
作ってみて、これは今一だったな。と思うのが良くあります。
初めて作った赤大根もその一つかな?
歯触りが硬くサラダや甘酢漬けで食べるには、どうかな~。って感じ。
年とって、歯やあごのせいでしょう。って言われそうですね。

野菜も少なくなった事だし、保存用に干してみました。


P1250233.jpg
乾し上がったら、炒めて煮物にしてみましょう。

お多福とエンドウの成長は?

2014・01.25


今年の豆たちは?


寒い北風や霜の洗礼を受けながらも、少しずつ伸び上って来ています。
昨年は、おたふく豆は良品が沢山取れて嬉しかったのですが、エンドウは何故か毎年不作。
でも、今年は 「何だかいい感じに伸びているな~。」とみているのですが。


P1240245.jpg

P1240248.jpg

昨日、何時も尊敬しているプロの農家のご主人(ちょっと怖い感じの方)が、水田の裏作のエンドウ、おたふく豆に
追肥をしていらっしゃるのを見ました。
「よし、今頃が春に向けての追肥の時期なんだな」と。
家の畑の豆類に、有機肥料と過リン酸石灰、骨粉、発酵鶏糞を混ぜ合わせて追肥をしました。
ぼつぼつ、玉ねぎにも追肥の時期なんです。

じゃが芋植え

2014・01・24
季節はずれの植え物

今までの寒気はいずこへ。
ぽかぽか陽気とまではいかないけれど畑日和の一日です。ラッキー。
先日切って乾かしていたじゃが芋を植える事にしました。


P1240235.jpg
黒マルチを掛けて準備していた畝に、30センチ間隔で浅めの穴を掘り芋を置きます。
その間と芋の横に一握りずつ有機肥料を置きました。


P1240236.jpg
秋に作っておいたもみ殻燻炭を振りかけて、土を被せてお終い。
また黒マルチでピッタリおおってやります。
芽がマルチを突き上げてきたら、ビニールを破って出してやります。


P1240240.jpg
畝の上に透明ビニールを一枚覆って、トンネルを掛けました。
北風に飛ばされないように、寒冷紗をトンネルにかけて出来上がり。
5メートルの畝に、12個の芋を植え付けるのに、4時間近くかかりました。
結構手間がかかちゃいましたね~。

じゃが芋の促成栽培

2014・01・22

じゃが芋 {きたあかり}

じゃが芋の品種は、ものすごくたくさんあります。
お馴染みの男爵、メークイン、きたあかりは年内に休眠から覚めて萌芽が始まります。
温度さえあれば、成長するという事です。
きたあかりを5メートル分、促成栽培をする事にしました。
2月植えの5月掘り。
1か月早く収穫するために、寒さや霜対策に苦労するわけです。

好きでないと出来ませんね。自分でも呆れてます。

P1210242.jpg
今日は、芋を切り窓際の日当りのいいところに置きました。
大きめの芋は縦半分に切り、4日程乾かします。
お天気を見て、黒マルチを掛けて置いた畝に植え付けてビニールトンネルを掛け保温します。

種&苗の手配

2014・01・21

やはり、今年も国華園!!


大寒のこの頃は、今年の作付の計画を立て、種物や苗の手配をします。
昨年の成果を反省しながら、今年も作付しよう思う物を選びます。
国華園のカタログを見ながら珍しく、面白いのはないかな~等と。
これが又、楽しいひと時なのです。


P1210236.jpg

P1210243.jpg
パソコンでも作付年表、日々の記録など記録しています。
でも、あーでもない、こうでもないという時はノートに限ります。

P1210238.jpg
接ぎ木苗は高くなったな~。
種も、新品種は割高だけれど面白そうだな~。
と、つい手が出ます。
「まあ、いいか!! 遊びだと思えば安いもんさ!!」なん~てね

畑日和で大仕事&野菜のオイル漬け

2014・01・16


カリフラワーのオイル漬け




穏やかな冬日のさす一日でした。
”さあ”といっても霜が解けるのは10時頃です。
今日はたくさんの仕事が待っていました。

頼まれた野菜の収穫、湿り気の多い畝への藁やもみ殻、バーク堆肥の打ち込み
聖護院大根、ごぼうの冬囲い等など。
夕方になって、畑仲間の方から畝幅のやり直しなどを習っていたら、もう暗くなりかけていました。

夜なべで、カリフラワーとパブリカのオイル漬けを作ってみました。

テレビで見たのですが、ネットで調べてもいろいろなやり方がありますね~。


P1160220.jpg
今日、嫁に行った野菜達です。

P1160222.jpg
レンジでチーンしたパブリカとカリフラワー
P1160229.jpg
オリーブオイル、つぶしたニンニク、ローリエ、塩を緩い火にかけて香りをうつしました。
P1160231.jpg

煮沸消毒したビンに詰め、オリーブ油を注ぎました
オイルが足らなかったみたいだけれど、ビンを回しながら絡める事にしました。
長時間保存しなければ大丈夫でしょう。多分。

春もの野菜早出し用畝作り

2014・01・13

春もの野菜の畝作り


今日は、寒さが事のほか厳しかったとか?
畑仕事をしていると、寒さを感じないで過ごして来ました。
堆肥場に落葉や残渣を積み込み、寒ざらしのため畝の打ち返し、ヤーコン掘り、春もの野菜の畝作り、収穫。
今日5時間ほどでやってきた仕事です。

お風呂に入って、ワインを呑んで、心地よい疲れを感じていま~す。


P1130212.jpg
春大根と小松菜用の畝。日差しが少し長くなる2月に入って種を蒔きます。
種を蒔く前に、黒マルチにぴっちりビニールトンネルを掛けて地温を上げておきます。

P1130214.jpg
ビニールトンネルで中の気温を上げます。
隣の穴あきトンネルの中にはキャベツ。じわじわと大きく育ってきています。


残りのワインを呑む会

2014・01・11

畑の野菜でチゲ鍋を



暮れに忘年会をした時、みんなが持ち寄ったワインが2本!!
では、そのワインを呑む会をと、また集まりました。
シルバーアドバイザー講座で共に学習した仲間です。
「ランデブー会」と称して楽しく集っています。

今日は、家の野菜を使ってのチゲ鍋パーティーです。


P1110216.jpg

P1110212.jpg

タンパク質の素材しか買っていません。
これで5人分。
頑張って食べて戴かなくちゃー。

大いに盛り上がることでしょう。嬉しいな~。

蝋梅

2014・01・09

蝋梅の開花!!


今夜はこの冬一番の寒波到来とか。
庭の蝋梅が、ぽつぽつと咲き始めました。
梅が咲き始めると、春の息吹を感じられますね。
いい香り!!
事のほか寒さが身に染みるこの頃、嬉しいですね。


s.jpg

P1090215s.jpg

玄関に一枝。

畑の寒ざらし

2014・01.07

畑の寒ざらし



寒さの厳しくなるこの頃は、田畑の土を打ち返して寒にさらします。
病害虫の軽減と草予防です。

私の畑も、空いた所から打ち返し始めました。
今朝は大霜でしたので、10時頃にならないと土が凍っていて耕せませんでした。
今年は、藁をたくさん戴いたので、米ぬかと共に切り藁にして畝に置いています。
藁を土の混ぜ込むように耕しました。
腐植物が多くなり、土壌改良を狙っての作業です。


P1070215.jpg
収穫が終わって空いた順に打ち返していきます。
今年は、この畝4本を3本に作り直して、里芋を植える予定です。
3月には、EM菌と米ぬかを入れて土を作り、4月には種イモを植えます。
昨年の里いも!! 出来が良かったので。今年も!!  
さてどうなりますかね~。  
  

大霜の朝

2014・01・07

霜の結晶



穏やかな年明けでした。

今日は、久しぶりに畑の様子を見に出かけてみました。
夕べは冷え込んだので、案の定大霜の朝です。
半結球白菜やおたふく豆の葉っぱが、霜でぐったりしていました。
でも、お日様が出て、霜が解けるとしゃんと起き上がるのです。

偉いもんです。

P1070211.jpg
霜に覆われたブロッコリーと蕾っこ。

P1070214ss.jpg
霜の結晶。ブロッコリーの葉っぱにくっきり。
美しいですね~。
カメラを変えたので、こういうのも撮れるようになりました。

グリーンカリフラワー

2014・01・01

初栽培・初収穫

2014年が始まりました。
暖かい年明けです。
また、畑の出来事を、ぽつぽつと綴って行きたいと思います。




カリフラワーは、あまり食べた事がなかったな。
菜園を始めて初めての栽培です。
コーナンで、グリーンカリフラワーの苗を見つけて、グリーンというからには軟白する手間が要らないんでないの?
と手掛けてみました。
ブロッコリー系は、凄く出来が良かったので、このグリーンちゃんも、まあお利口に育ちました。


001.jpg

002s.jpg
上の写真では、色がよく判らないかも。
日の当たっていた部分は、淡いグリーン。
当たっていない部分は、乳白色でした。
ブロッコリーより甘くて美味しい。今年は種から始めようかな?

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。