FC2ブログ

Entries

今、話題のアイスプランツ

2013・11・29




ニューフェース



ずっと前から気になっている野菜がありました。それが、アイスプランツ南アフリカ産、葉の表面にキラキラとした水滴のような粒が出来ます。それが塩の結晶なんですって。
サラダで生で食すのが1番とか。勿論、塩の味がするそうです。食べてみたいでしょう。


P1010723.jpg

P1010724.jpg
成長気温が5度とのこと。ビニールトンネルの中で育てる事にしました。
株が50センチほどになったら収穫とか。すごく楽しみです。

スポンサーサイト



干しイモ作り

2013・11・28


                                     干しイモを作りました。              




家の畑は水田跡地と前作の残肥の関係かしら、サツマイモの味がいま一つ。といつも思いながら今年も植えつけました。
やはり、巨大な芋がごろり。ごろり。
寒さで悪くなる前に干しイモにしました。

焼き芋用には、国華園でかの有名な「安納芋」を注文しています。


P1010729s.jpg
鳴門金時なので、中がしろいですね。
もっちりとした干しイモにはなりませんね~。


P1010732s.jpg
外気に当てて、3日ほどで出来上がり。
まめ好き、芋好きには、少々不出来な芋でも”いたたきま~す

大根5種類

今年種蒔きした大根は?
早生の総太りとおでん大根。晩生の花しらず時無し大根。赤大根。聖護院大根。
それと、ビーツデトロイト(ほんのひとかけらで真っ赤に色が出ます)。

本格的に収穫が始まりました。


20131121今年の冬野菜2
赤大根でゆず漬けを作ってみました。
食感は、少し硬めでした。
ビーツのようには真っ赤な色は出ませんでしたが、少しピンクに染まりました。

塩ゆで落花生

2013・11・26

 

 

 

茹でて食べる落花生のお味は?

 

 

 

友人に頼まれて、初めて栽培した落花生。

6株植えて半分は生育不良でした。   

良く茂った株からは、大きい落花生が収穫できました。

その食べ方も私は初物。塩ゆでです。

収穫してすぐ茹でて冷凍保存。炒ったお味とは違いますね~。

 


20131121今年の冬野菜2-029
落花生の枝が伸びていく下に実が付いています。
ごそっと、持ち上げて抜いたところ。

P1010690.jpg
かなぶんの幼虫の食害も多く、洗ってより分けるのもひと仕事です。
揃って大きくなっている訳ではなく、未熟なのもいっぱいあります。
乾燥させて炒って食べるのと塩ゆでで食べます。

続きを読む

もう一度ゆずジャム そして ショウガジャム


2013・11.25

 

 

 

 

炊き方を変えてもう一度

 

 

 

同郷の奥様から、送ってきたからと戴きました。

愛媛のほんゆずです。嬉し~。

炊き方も、お味もめっちゃ美味しかった。

また夜なべになりましたが、挑戦です。

 

ショウガのジャムもついでに作りました。

これも初挑戦。

これは愛読書「現代農業」に載っていました。

黒砂糖と共に煮詰めました。

冷え性対策にばっちりだと思います。

 


P1010703.jpg
皮のみにしたゆずを2度ゆがきすてる。

P1010704.jpg
三温糖で煮詰め、最後にゆずの酢とお醤油を垂らして仕上げです。

P1010713.jpg
フードプロセッサーでおろした大量のショウガ。
おろしショウガと黒砂糖で煮たジャムの出来上がり。

干し柿お味見

 
 
 
 

2013・11・24

 

 

 

ほぼ出来上がりかな?

 

 

 

13日に干した西條柿が、いい具合に出来上がりそうです。

今年は気温がぐっと下がって、カビも出なかったし、雨も適当に降ってくれたので乾燥し過ぎって事もなく。

もう食べられるかな? 食べてみました。

西條柿のまったりとした、めちゃ甘~い、干し柿に変身です。

 

 


P1010700.jpg
好みの硬さになったら、冷蔵庫に入れるつもり。
白く糖分がふいてくるとの事。新聞の出ていました。
寒い地方でないととあきらめていたのですが。
なるほどな~。

ゆねり作り

 
 
 
 
 
                                    2013・11・17

 

 

 

ゆず (ゆねり作り)

 

 

 

今日は、知り合いの方から庭になったとゆずを戴きました。

嬉しいわ~。

本ゆずとは違って、皮が薄く酸味の強いゆずでしたが、ゆねりを作る事にしました。

私の田舎、愛媛の南予地方では、この季節になるとゆずを炊きます。

作り方はジャムを作るのと同じですが、仕上げにお醤油をいれておかず風にします。

ゆずは、皮も果肉も酢も全部使います。

鍋にゆずと三温糖、酒、ゆず酢(適当)入れ、練り上げます。

最後に、お醤油を入れ出来上がり。


P1010563.jpg

P1010568.jpg

P1010571.jpg
かなり、苦みのあるゆねりの出来上がり。
酸味も効き過ぎかしら。

一本ねぎの軟白にわら


2013・11・14
 
 
 
太ねぎの軟白化にわら
 
 
 
初挑戦の太ねぎ。まあまあの出来です。
今25センチほど白い部分が出来ています。
本格的な寒さがやってくる前に、もう少し太らせて長さも欲しいな~。
と思い。土寄せがやりぬくいので、わらを添わせて土を載せました。
苦肉の策です。
寒にあたると、どの冬野菜も甘みが出ます。
自分の体が凍らないように糖分を貯めるのだそうです。
凄いでしょう~。   

003-001.jpg
今年は、わらをたくさん頂いたのでこんな贅沢な使い方ができます。
ありがたいことです。
稲刈りがコンバインになって、長いわらは手に入りにくいのです。

待っていました。西条柿


2013・11・13
 
 
 
西条柿が届きました!!
 
 
 
来ました。来ました。
干しがき用の西条柿で~す。
やまと柿、あたご柿、みょうたん柿、蜂屋柿、江戸柿、そして西条柿。
干し柿好きな私が、今までに作った柿の種類です。
それぞれ美味しいのですが、なんと言ってもまったりと繊細なお味は西条柿。
急に寒くなりましたので、出来あがりが期待できます。

001a.jpg
全部で50個あまり。夜なべで皮を剥きました。

002.jpg
ぽつんと一個の蜂谷柿のお仲間がずら~り。
2週間ほどで出来上がります。
楽しみですね~。  

はやとうり収穫

2013・11・10
 
 
 
 
えらい違いです。
 
 
 
はやとウリって、上手くいけば一本に100個成るんですって。
驚きです。
うちのはやとウリちゃんは15個。
私の畑は道路に沿っているため、見てらっしゃるのでしょうね~。
近所の方が、いっぱい採れたからと戴きました。
えらい違いでした。
来年は頑張るぞ~。       

P1010539.jpg
私は、豆ネットで作ったフェンスに絡ませました。
戴いた方は、棚を作ってぶら下がるようにしたそうです。


P1010547.jpg
戴きもののはやとうり。 すごーい。立派でしょう。
みじみずしくて、のびやかでしょう。

P1010546.jpg
家のはいうと。
フェンスに擦れたり、夜盗の食害にあったり、はやとウリの色も違います。

はやとウリの酢の物

2013・11・12
 
 
 
 
はやとウリの酢の物
 
 
 
いろいろ料理法があるとの事。
まずは、酢の物を作ってみました。
食感は少し固めで歯ごたえがあり、味はあまりない方かな~?
種が小さいのには驚きました。
 

P1010548.jpg

P1010552.jpg
カブとはやとウリの酢の物
皮をむいて使いました。
さっぱりした味わいです。

くたびれ儲け

2013・11・09
 
 
 
燻炭つくり 失敗の巻
 
 
 
麦わらくんちゃんのブログの最初の記事が、もみ殻燻炭つくりでした。
アップを始めて1年たったのですね~。
昨年は、教えて戴きながら作ったので見事な燻炭が出来ましたが、今年は大失敗。
3割ぐらいしか、燻炭になってないそうです。
最後の仕上げの段階で混ぜるのが早すぎたたとの事です。
同じ工程をやれば燻炭になるそうなので、またの日に挑戦です。
くたびれ儲けの一日でした。

P1010529.jpg
畝を2つつぶして平らにした上に、もみ殻で火山のようにします。
火口にわらを燃やして火種を作り、徐々にもみ殻で覆っていきながら蒸し焼きにします。
P1010531.jpg
火が回って来て表に出たらもみ殻を掛けます。
これの繰り返しですが、7時に火をつけて夕方まで。
他の仕事をしながらも、ほぼ一日仕事になります。

P1010542.jpg
真っ黒な山ができませんでしたね~。泣きたくなりました。

初なり蜂谷柿

2013・11・04
 
 
 
裏庭の蜂谷柿 初収穫!!
 
 
 
接ぎ木渋柿の苗を植えて5年目。
今年8個の実が付いて喜んでいたところ、途中で落果してしまい1個になりました。
貴重な収穫です。
寂しい一人ぽっちの干し柿ちゃんです。
「待っててね~。西條柿と愛宕柿を頼んであるからね。」
物干しに柿ののれんを作りましょう。
 
P1010442s.jpg
貴重な1個です。
ヒヨドリに先を越されない前に収穫しました。


P1010470s.jpg
ポツンと。

キャベツの仲間たち

2013・11.03
 
 
 
この冬のキャベツの仲間たち!!
 
 
 
ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ、ケール、そしてキャベツ。
同じ仲間でしょう?
モンシロチョウと夜盗虫が大好きなのも同じ。
いっぱい、卵を産み付けました。
今年の夏は、どれだけ虫取りに苦労したことか。
でも、みんなそれぞれに育ってくれました。

P1010440.jpg
頂果を収穫した後、脇芽が育ってブロッコリーが収穫できます。

P1010437.jpg
今年のカリフラワーはグリーンカリフラワー。ブロッコリーと変わらないんでないの?

P1010439.jpg
芽キャベツの赤ちゃんが出来始めています。

P1010466.jpg
そしてキャベツ。 ケールはまだ赤ちゃんです。写真を撮り忘れました。

えんどう豆の種蒔き

2013・11・02
 
 
 
今年のえんどう豆  4種!!
 
 
 
豆大好き人間の私。
えんどう豆ご飯の炊きあがった、あのふわっとした香りと採りたて豆の柔らかな味がたまりません。
でも、エンドウは何故か?毎年上手くいったとは言えない状態で終わります。
密植過ぎるのか? 肥料の効きすぎか? 手入れが悪いのか?
収穫がないわけではありませんが、“うん、やったね”とは言えない年が続いています。
“さ~て、今年のエンドウちゃん!! 頑張って~。”
 
P1010432.jpg
スナックえんどう豆、久留米豊、アラスカ実豌豆、ツタンカーメン。
ツタンカーメンは昨年種取りした実豌豆。
小豆ほどはご飯に色つかないけれどお赤飯のように色が出ます。


P1010433.jpg
エンドウ一畝。おたふく豆一畝。
おたふく豆は今芽だし中です。

お芋さん達も太りました

2013・11・01
 
 
 
お芋さん達も太りました。
 
 
 
久しぶりにお天気が続いて畑も乾いてきました。
サツマイモ掘りをしてみると!!
“でっかい芋”大きすぎで~す。


P1010423.jpg
スイートポテト、芋のテンプラ、いきなりだんご、芋かりんと・・・・・
何にします? 


P1010430.jpg
里芋さん、あなたは太っていいのよ!!
子芋の芽かきを夏の間頑張ったので、子芋、孫芋の太りがいいようです。

これで一株。

P1010429.jpg
サツマイモの残渣を堆肥ボックスに積み込みました。
米ぬか、発酵剤をまぶして踏み込みました。
来年の夏野菜時期に畝に打ち込みます。

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

Extra

MYブログ来訪カウンター

プロフィール

むぎわらくんちゃん

Author:むぎわらくんちゃん
私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR