FC2ブログ

Entries

根っこ

2013・08・31
 
 
 
 
恐るべし、根っこの生命力!!
 
 
白菜予定の畝に、バーク堆肥とEM菌を混ぜて黒マルチを掛けておいていました。
白菜の畝作りの為に剥ぐってみて驚きました。
なんと、オクラの根っこ。サツマイモの根っこ。
お隣の畝まで根っこを延ばしてきていました。
オクラの成長がいいはずだな~。
収穫するのにもう手が届かないものな~。
サツマイモは、肥料がききすぎると芋が付かないんだけどな~。
感心するやら、呆れるやら
 


P1000805.jpg
サツマイモの根っこがザクザク!!

P1000824.jpg
ずいぶんたくさんのオクラを収穫させてくれました。
最近は、アブラムシの発生に悩まされています。
右側の畝いっぱいに根っこが来ていました。
スポンサーサイト

黒豆の枝豆

2013・08・30
 
 
 
丹波の黒豆はえだまめで!!
 
 
家庭菜園をやっていて、一番幸せに思うことの一つ。
豆類の美味しさを味わえることです。
「トウモロコシは、お湯を沸かして収穫して来い!!」
っていわれるほど、時間と共に糖度が落ちるのだそうです。
勿論、黒豆もそう!!
今年の種類は、黒玉すだれ(早生枝豆)、黒五葉〈中早生〉、丹波黒豆(晩生)の3種類です。
黒玉すだれは、もうすぐ収穫です。


P1000827.jpg
随分生い茂ってきました。
これから泣かされるのが、ハンモス夜盗虫の発生です。
孵化して、まだ集団でいる葉っぱを見つけて処分するのですが
油断すると、葉っぱが網すだれ状態になります。


P1000807.jpg
黒豆の花。
薄紫色の小さな花を付けます。


P1000806.jpg
双葉が展開して、本葉が出てきた時に摘心して、2本仕立てにしました。
枝が多い程豆もたくさん付きます。
もうすぐ、収穫が出来そうですね。

秋の植え付けシーズン!!

2013・08・29
 
 
 
種蒔き、苗の植え付け時期は超多忙!!
 
 
 
この処、秋冬物の畝作りで大忙しでした。
まだまだ暑いこの時期、酷暑の疲れも抜けないまま、残渣の片付けや畝作りに追われました。
昨日と今日で、キャベツ、ブロッコリー、グリーンカリフラワー、子持ちキャベツ等の苗の移植、 白菜、サニーレタスの苗立てようの種蒔き、 人参、大根、ルッコラ、サラダミックス等の種蒔きを一気に済ませました。
「あ~。くたびれた~。」   
明日から雨の予報です。


P1000820.jpg
ブロッコリー等の畝。アブラムシ予防と暑さ軽減の銀色マルチをしてみました。

P1000822.jpg
キャベツの畝。
収穫の時期をずらすため、苗立ての為の種蒔きもずらしました。


P1000823.jpg
大根(青首総太り大根)種蒔き。
あと聖護院大根、赤い大根を蒔く予定です。

おのれ生えマクワウリのその後

2013・08・29
 
 
 
 
こぼれ種のマクワウリ あっぱれな成長!!
 
 
8月6日、8月14日と取り上げたおのれ生えのマクワウリちゃん!!
立派な成績です。
今日が29日ですから、約1か月で収穫間近になりました。
大きなマクワが10個以上ついています。
来年は、この時期に種蒔きしようかな~。   
 


P1000812.jpg

P1000813.jpg

でも、天気予報では明日の雨を境に気温が下がるそうだから、
完熟するまでに、日数がかかるようになるかもね~。


どうぞ、収穫できますように。

くるみと雑魚の佃煮

2013・08・25
 
 
 
くるみ、雑魚、干しぶどうの佃煮
 
 
今日は雨。久しぶりにゆったりした気分です。
栄養たっぷりの友人から戴いた佃煮。
材料を揃えていたので、レシピを聞いて挑戦してみました。
ごまだけが、家の畑で収穫した材料です。
 


P1000795.jpg
それぞれ乾煎り。干しぶどうはみりんをひたひたに漬ける。

P1000796.jpg
くるみと雑魚をごま油で少し炒め、酒、はちみつ、砂糖(少し)、醤油で味付けを。
乾しぶどうを汁ごと入れて水分を飛ばしながら煮詰めました。
最後に、ごまを振りかけて出来上がりです。


P1000800.jpg
密封できるタッパーで保存。
少し煮詰めすぎたかも。
まあ、初めてにしては上出来かな?。

人参種蒔き床作り

2013・08・23
 
 
 
ぼつぼつ、種蒔きの季節
 
 
 
夜になって、雨が降り始めました。 
“あ~、うれしいな~!!
暫く、水やり作業から解放されます。
 
今日は、3番手の人参種蒔き床を作りました。
雨が降るとの予報を期待して。


P1000787s.jpg
一番手 7月10日 種蒔き 

P1000785s.jpg
2番手 8月3日 種蒔き

P1000788s.jpg
3番手  近いうちに種蒔き予定

冬から来年の春まで収穫する人参は、梅雨時から夏の盛りに種蒔きをします。
今年は、空梅雨と酷暑の夏で人参もなんだか元気がありません。
最終間引きをした後、追肥をしてやりました。
少し気温が下がると元気が出るでしょう。
頑張って~。人参ちゃん!!span>

ニガウリのジャム・どんなお味?

2013・08・22
 
 
 
ニガウリのジャム
 
 
夏野菜の代表・ニガウリ!!
油断すると、取り残して熟している事があります。
今まで捨てていましたが、友人がジャムを作ったと言われてました。
「ジャムにするなら熟れたニガウリの方がいいんじゃないの?」
作ってみました。
フードプロセッサーにかけて三温糖で煮てみましたが、なんか足りないなあ。~。バナナを1本。レモン汁。本みりん。仕上げにブランデーを落としました。
多分、クリームチーズと合うんでないかな~。
パンかクラッカーで試してみます。


P1000774s.jpg

P1000778s.jpg
苦味はありますが、意外と美味しいです。
もう少しオレンジ色になるまで待って、作った方が色がいいかもね。

今日の収穫

2013・08・20
 
 
 
このお野菜。どうしようかな~。
 
 
今朝は、3日振りの収穫です。
ちょっと、痛い処が出てサボってました。
昨日の夕方は水やり優先でした。
この暑さでは、夕方の収穫はみんな煮えたようになっていて収穫できませんものね。
案の定、みんな取り遅れ状態です。
巨大化していま~す。      

ゴーヤ、なす、キュウリ、おくら、ピーマン、アスパラ、 その他。P1000754s.jpg

何時も、私のブログを見て戴いてる友人に野菜ボックスを2つ。
お昼からのボランティアでご一緒する方3人へのお土産。
残りの屑野菜は料理して、何とか始末が出来ました。


P1000756s.jpg

P1000757s.jpg
私の昼ごはんは、オリーブオイルで蒸し焼きにした野菜を!!
ナスは田楽味噌。トマトはそのまま。ピーマン、アスパラはポン酢で食べました。


P1000759s.jpg

P1000760s.jpg
キュウリは、今年はまっているわさび漬けを作りました。
  キュウリ      1キロ
  砂糖        100グラム
  塩         25グラム 
  わさび(チューブ入り) 1本 

2日ほどで水けをきり、タッパーで冷蔵庫で保存します。
教えて戴いた友人に感謝!!
重宝しています。
         

秋ナスの収穫

2013・08・19
 
 
 
早くも秋ナス?
 
 
 
お盆を過ぎると、朝晩の気温がぐっと下がって、「ぼつぼつ秋物の種蒔きの季節だな~。」って気分になり嬉しいのですが。
そして、秋ナス用に切り詰めたナスも、実のしまった美味しい秋ナスが収穫できます。
どうでしょう、今年の暑さは!!
7月23日に剪定した長ナスが、ぐんぐん伸びて8月16日秋ナス初収穫です。秋ナスと呼べるのかな~。   
 

P1000480s.jpg
7月23日。切り詰めた後スコップで根を切り、追肥をどっさりやりました。

P1000749s.jpg
8月16日。長ナスが収穫できました。   

青トマトの料理

2013・08・16
 
 
 
青トマト料理3種
 
 
15日に撤去したトマトに、まだ沢山の未熟果がありました。
保存用には、やはりジャムとピクルスを作りました。
青トマトと言っても、もうすぐ熟れるものなので苦くはありませんでした。
初めて作った青トマトのジャムは、何か食べたことのあるお味だな~? 
春に栽培して作ったルバーブのジャムの風味にとってもよく似ていました。
酸っぱみが少ないのでレモン汁を落し仕上げましたが、とっても美味しジャムになりました。。

P1000737s.jpg

P1000750s.jpg
こんなに美味しいんなら、もっとたくさん作れば良かったな~>

名古屋より助っ人来る。


2013・08・15
 
 
 
名古屋よりの助っ人!!
 
 
お盆休み。トルコから帰国してきた息子一家がやってきました。
何かと手助けしてくれる有難い存在ですが、今回はトマトの撤去作業をお願いしました。
熱中症になり兼ねないで、早朝から8時30分まで。
支柱からネットまで、手早く片付けてくれました。
孫も大きくなると頼りになりますね。
ありがとうね。ばあちゃん大助かりでした。

P1000709s.jpg

P1000714s.jpg

P1000732s.jpg
まだまだ青いトマトがたくさん残っていましたが、一人で後片付けをする事を思うと思いきりました。
お昼ご飯には、中2の孫が”ツナと青トマトのサラダ”を作ってくれました。
インターネットでレシピを調べると、ジャムやピクルスなどいろいろありますね~。
サラダもとっても美味しかったです。

こぼれ種マクワウリのその後

2013・08・14
 
 
 
こぼれ種・マクワウリの成長
 
 
8月6日に小蔓4本仕立てに摘心したマクワウリが、ピンポン玉ほどの着果をするほど成長しました。
成長の早さにびっくりで~す。
暑さを好む植物だったんですね。
再認識です。  
 

P1000646s.jpg


P1000656s.jpg
そして、このマクワウリたち。
5月植えのひび割れたり、腐ったりで収穫がさんざんだったマクワウリが
新しい蔓を延ばし始めたので追い肥をやりました。
なんと、ごろごろと着果しています。
名誉挽回といったところでしょうか?

すご~い!! こんなこと初めてです。
今年の猛暑がいいのかな~?   

トマトもお終いの時期に。

2013・08・13
 
 
 
トマトも終わりの時期に
 
 
収穫は6月の中旬から2か月ほどでしょうか。
今年は、施肥のやり方を変えて元肥なし、追肥での栽培に切り替えました。その為か、初期の過繁茂もなかったし、青枯れ病も出ませんでした。
だいたい、6~7果房まで収穫できたと思います。
でも、今までは過リン酸石灰や米ぬかを元肥に入れて定植をしていた分
甘みのあるトマトが収穫できていましたが、今年のお味は今ひとつでした。
追肥には、結構良い有機肥料を使ったのですが。
来年は、どういう風にしようかな~? 
 

P1000648s.jpg

P1000647s.jpg
梅雨が明けて、今年のような猛烈な暑さになると、ひび割れや日焼けなどまともなトマトが収穫
出来ません。
甘みは増してきますが、スープやソース用になります。

マクワウリとトマトのサワードリンク用甘酢漬けもよくしましたね~。 

ナスの種取り

2013・08・13
 
 
 
ナスの種取り初挑戦!!
 
 
今年のなすは4種類。
国華園から購入の千両2号、あのみのり、黒染長ナス
菜園仲間から戴いた丸ナス
この丸ナスは、毎年種取して続いている種類とか。
大きくなっても、果肉が柔らかくって田楽にすると絶品です。
市販していないという事で、種取りをしてみる事にしました。
 


P1000651s.jpg
このまま、ナスの収穫が終わる頃までおいて完熟を待つそうです。
どんな風なっていくのか、楽しみです。 

夏のお客様

2013・08・13
 
 
夏のお客様!!
 
 
 
なんか、近くで鳴いてるぞ!!
ナスに止まっていました。
そーっと、そーっと。うまく撮れました。

P1000673s.jpg
くまぜみさん!! 元気ですね~。

P1000685s.jpg
次は、トマトの支柱でも。

ど根性大根 ならぬ マクワウリ

2013・08・06
 
 
 
こぼれ種のマクワウリ
 
 
 
昨日は、羽曳野市もゲリラ豪雨に見舞われました。
幸い、家の畑は被害がなかってほっとしています。
たっぷり水を戴いて、野菜たちも喜んだことでしょう。
 
秋作用の畝、黒マルチの裾の土の上にマクワウリの芽が出て育ち始めました。
5月に定植したマクワウリは、もう終わりです。
マクワなんて、ほっといても成るとたかを括っていたものが、今年は散々でした。
さて、このこぼれ種ちゃん!!
溝の縁で頑張っています。
結構生育がいいんです。
このまま、名誉挽回と行って欲しいもので~す。
頑張ってね。こぼれ種ちゃん!!    


P1000617s.jpg
子づる4本を摘心したところです。
メロン類は、孫つるになります。

大根と白菜の予定畝の溝ですので、種蒔き時期には邪魔になるかもね~。

トマトソース作り

2013・08・01
 
 
 
トマトソース作り
 
 
8月。トマトの管理が難しくなります。
露地栽培は、水の管理がお天道さま次第です。
降りすぎても、カラカラ天気でも水の加減に悩まされています。
ひび割れたり、色付きの悪い物はトマトソースを作って、煮込み料理、スープ、炒め物など重宝します。
今年は、”ポンテローサ“ってトマトを種蒔きして7本育ったのですが、これが又、食感、味ともに悪くって、もっぱらスープ用です。
やはり、種類は大切。反省材料でした。


P1000625s.jpg
ソース用のトマト

P1000620s.jpg
湯むきして、ザクザク切った後煮詰めるだけ。
ブイヨンを1個入れただけで、酸味のきいたスープの出来上がり。
小分けして、冷凍保存もします。


P1000619s.jpg
昨年のショウガで作ったはちみつ漬けが出てきました。
痛んではいませんでしたが、煮詰めてみました。
美味しいおやつが出来ました。

わらじと座布団

2013・08・01
 
 
 
座布団のような葉っぱに!!
 
 
このところ、ギラギラの日差しが顔をひそめて、里芋の葉っぱが日焼けしないでいます。
ナスの葉っぱは、わらじのように。里芋の葉っぱは、座布団のように。
昔から言われています。
ナスも里芋も、今年は“まあまあの出来かいな” と自己満足です。
でもでも。里芋の葉が縁から焼けるのは、水不足との事で3日にあげず、
動噴をうごかせて、畝に水を溜めています。
でも焼けるんですよね~。   

P1000623s.jpg
すっごい、大きな葉っぱでしょう。     
まさしく、座布団のような!!

P1000601s.jpg
日中の気温が34度なんてなると、このように葉やけしてしまいます。 


P1000624s.jpg


Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。