FC2ブログ

Entries

かぼちゃ床

2013.03・16
 
 
かぼちゃ床つくりに一工夫!!
 
 
大丈夫かな~?と思いつつ。5月の連休までは、後1か月以上あるからな~?
さて、何の事だと思います?
 
以前、かぼちゃ植え付けの畝に野菜の残渣を埋めていたのです。
勿論、米ぬかや発酵剤をまぶしてはいますが、この時期になってもまだまだ未熟でした。
このままでは、根に障害が出てしまいます。少し耕して、上から発酵で米ぬかとIM菌
を振りかけ、保温ため透明マルチをして寝かしておきました。
 
そして、今日。
ビニールをはがし、植え付け予定のところに、いい土を運んで高床を4本分作りました。
敷藁代わりに、家の樫の剪定屑をコンポストマルチにしました。
そうして又、5月まで寝かしておくわけですが。大丈夫かな~?
 
 
P1050805s.jpg

高床、一か所につき、バケツ5杯ずつ運びました。
”百はえらい”(百姓はしんどい)って田舎でよく聞いた言葉です。

P1050814s.jpg
ビニールでぴっちり覆って。
スポンサーサイト

さといもの逆さ植え


2013・03・15
 
 
さといも 逆さ植え!!
 
 
少し早いのですが、しばらく留守にするので、「まあ、いいか!!って。
さといもの植え付けをしました。
今年も逆さ植えです。芽の出る方を下向き(少し斜め)に置きます。
芋の芽が下から上に伸び上ってくる分、小芋が畝の下の方にできるのを狙ってのことだそうです。少し数は少なくっても、大きい芋が育つとの事!! 去年は大成功でした。
 
有機肥料も今年ははりこんで、ちょっとお高い“みのり”を買いました。
菜園仲間のおじさんに「芋に使うんか?もったいない」って言われながら、元肥に!!
今年の品種は、ま芋、ほっこり芋、和歌山芋の3種類です。
 
P1050797s.jpg
深めに溝をきって元肥を入れ、間土を入れた上に芋を置きます。
芽の出る方を下にしています。そのうち、出た芽が上に伸び上ってくるのですよ。
面白いでしょう?

P1050800s.jpg
土を埋め戻し、藁を掛け(まだ寒いので)黒マルチを張って出来上がりです。
ビニールを突き上げてきたら、芽を出してやります。
P1050803s.jpg
この地域では有名なお店のオリジナル商品。
骨粉、綿実かす等ブレンドしてあります。果菜類に使うつもり。

2月11日、種蒔きの青物たち

3013・03.13
 
 
私たち,随分成長しましたよ!!
 
 
三寒四温、まだまだ寒い日の多いこの頃です。
3月7日に紹介した青物野菜たちは、健気に成長してくれていました。
 
 

P1050787s.jpg

P1050786s.jpg

P1050784s.jpg

2月11日、種を蒔いてから初めての水やりです。
穴あきトンネルに変えても、ビニールをめくるとふわっと暖かい空気が感じられました。
効果があるのを実感です。

4月に種蒔きすると虫たちも活動を始めるので、これまた大変なんです。
保温でなく、きらりんネットの出番になります。

茶色い紋を付けたちょうちょさん?

2013・03・13
 
 
おたふく豆の花
 
 
今年は、<河内一寸そら豆> の種です。
このあたりの伝統野菜で、お正月にはことことと形が崩れないように甘辛く、煮含めて
食べられるようです。
 
桜の開花ももうすぐそこに!!
私も、頑張らなくっちゃーですって!!           P1050791s.jpg

茶色い紋のチョウチョさんみたいでしょ。

トウモロコシ早出し挑戦

2013・03・13
 
 
溝底播種で1カ月早出し!!
 
 
トウモロコシの早蒔きに挑戦です。
愛読書、“現代農業”に載っていました。
芽出しをした種を深く掘った溝底播種し、透明ビニールで覆いました。
早蒔きの条件は、地温をいかに保つかですって。
 

P1050777s.jpg
24時間で、トウモロコシの根が1センチも出たのには驚きで~す。
6時間ほど水を吸わせた種を濡れ新聞紙にくるみ、あんかと毛布で保温しました。

P1050778s.jpg
3日前、割り肥えをして10センチ程の溝を切り、ぴっちり透明ビニールで保温していた畝。

P1050780s.jpg
二粒ずつ、根を折らないように慎重に種を置きました。

P1050788s.jpg
畝の中央にポリポットを並べ、空間を作って透明ビニールマルチをしました。
EM1入りの水をたっぷり掛けて、苗の成長を待ちます。

初めての挑戦! うまくいきますように。お願いよ!!


H25年種

2013・03・10
 
 
 
25年購入の種。ついつい、買い過ぎちがう?
 
 
今日のニュースは、ちょっと変?日本の気候!!
北は猛吹雪、関東は煙霧と真夏日、こちらは雨のち真冬日にと。
このところの春本番の暖かさに踊らされて、結構種蒔きをしてしまいました。
春は遅まき。秋は早まき。これは昔から言われている教えなのですが~。
 
今まで3月になると、夏野菜の元肥一発(米ぬか、発酵鶏糞、堆肥、過リン酸石灰等)を畝の下深くに投入して一か月以上寝かしておくのですが、今年は肥料のやり方を変える事にしました。
果菜類は、上根で肥料分を吸わせるやり方で、畝の上に置くことにしました。
2月からこっち、せっせとバーク堆肥と米ぬか、EM菌で土つくりをしてマルチを張って寝かせています。
 
3月半ばから旅に出る予定なもので、少し?早いけど種もまきました。少し早いじゃないな~。大分ですね。まくわうり、かぼちゃ、トマト、人参、ごぼう、黒枝豆、ふだん草、ルバーブ。勿論、不織布のべた掛け、ビニールトンネルです。
大失敗!!って報告になるかもしれませんね。
今晩から真冬の逆戻りですものね。
 

P1050776s.jpg

毎年、国華園から種や苗を買っています。珍しいものや新しい品種が手に入るからですが。
ハーブでフェンネル、チャービルも仲間入りです。

ユニークな野菜 <つぼみっこ> ちゃん。

2013・03.07
 
 
からし菜系の花蕾を食す・つぼみっこ
 
 
 
春先は畑に野菜がすくなる時期です。
花を咲かす野菜を何種類か育てていますが、その中でもユニークなのが<つぼみっこ>です。人気のある野菜ですね~。
食感は少し辛みがあって、柔らかいブロッコリーの茎の感じです。
ネットで見ると天ぷらから和え物までいろいろですが、私はもっぱらざく切りにした物を自家製のにんにくオリーブ油でさっと炒めます。
塩昆布と浅つけも良さそうですね。
 

P1050764s.jpg


P1050765s.jpg
結構大きな株になります。
中心に、花蕾の塊ができてきます。 外側から大きくなってくるので、めきっと搔き取るように収穫します。写真の白いところが取った跡です。

ビニールトンネルを穴なしから穴ありへ

2013・03・07
 
穴なしから穴ありへ
 
 
昨日のニュースで桜の開花予想が出ましたね~。
急に暖かくなった事で、一週間も開花が早まるとか。
今日の夕方、暗くまで農作業をしても、全然寒くなかったものね。
 
今年一番の種蒔きは2月17日。  <春大根、小松菜、春菊、ルッコラ、サラダミックス、二十日大根、ほうれん草、九条ネギ、一本太ねぎ>
ことのほか寒い冬だったので、防寒をしっかりしてやりました。
まず、種を蒔いたら不織布でべたがけ、トンネルには寒冷紗と穴のない厚手のビニールでぴっちりと覆いました。
10日ほどで発芽して、今では10センチほどに成長しています。
 
最高気温が18度。 さあ、大変です。
中の気温が熱くなりすぎて蒸れてしまいます。 霜も怖いけど煮えてしまうのもね!!
 
 
 P1050753s.jpg

 トンネルの中、手前がほうれん草、奥が春大根です。間引きをして、万田酵素入りの水をやりました。
 種蒔き後、初めての水やりです。
 ( ぴっちりトンネルの中の蒸発した水分は、ビニールに結露としてとどまり外に出ない。)


 P1050757s.jpg


 P1050758s.jpg

 小物野菜の畝、春大根の畝、ほうれん草ネギの畝と3本できました。  


有用微生物群EM菌

2013・03・06
 
 
土壌改良資材 EM1
 
三寒四温とはよく言ったもので、今日は暖かい一日でした。
畑も収穫物もあまりなくなり、春夏の植えものの土つくりの真っ最中です。
今年初めて、EM菌で土壌改良の手助けをして貰おうと使ってみました。
例年、自作の落葉堆肥を3月に投入していますが、今年の堆肥が完熟でないために市販のバーク堆肥と米ぬかとEM菌です。
 
EM菌1って?
自然界にいる微生物の中で、有機物を発酵させたり、太陽エネルギーを固定する微生 物。人間や農業、環境にとっても有用な乳酸菌、酵母、光合成細菌などを複合培養した土壌改良微生物資材。  
 
 
今年は野菜の残渣を畑に入れたので、なおさら微生物のお世話になろうと思いました。
 

  P1050552 - コピー


  P1050549.jpg

畝の上にバーク堆肥、米ぬかを蒔いて薄めたEM1を蒔き耕します。
堆肥と米ぬかはEM菌が活動するののエサです。  うまく働いてね!善玉菌ちゃん!


  P1050553 - コピー

黒マルチを張って、水分と保温を保ちます。
一か月後から作付ができるそうです。どうぞ、土着菌を活性化させてくれますように!!

楽しみで~す!![emoji:e-51]

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

Extra

MYブログ来訪カウンター

プロフィール

むぎわらくんちゃん

Author:むぎわらくんちゃん
私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR