FC2ブログ

Latest Entries

発芽しました。

2019・01・21


ちょっと、徒長気味です。



1月16日、プラグトレイに種蒔きしたトマト4種、なす2種、ブロッコリーの芽がいっせいに発芽しました。
早いもので3日、高温を必要とするなすが少し遅れて。
嬉しい~です。
でもでも、ぴよ~んと間延びしてますね~。
でも、発芽がそろっただけでも、良しとしましょう。

IMG_6858.jpg
麗夏(れいか)、桃太郎ゴールド
IMG_6847.jpg
こくうまチェリー(ミニ)
IMG_6846.jpg
シンディースイート、シンディーオレンジ(中玉)
IMG_6849.jpg
白なす、庄屋大長
IMG_6845.jpg
ブロッコリー

夜間の温度が高かったの?
大体20度で推移。
昼間は、お日様が当たると30度にもなっています。
IMG_6855.jpg

畑の踏み込み温床が出来上がったら引っ越ししましょうね。
ほんわかと居心地よいと思うよ!!
スポンサーサイト

冬の窓辺では!!

2019・01・20


シクラメン



今日は大寒。
外は久しぶりの雨、乾燥注意報の日々でしたからほっと一息ですね。

今年のシクラメンは、真っ赤なフリルが見事です。
友人からのクリスマスプレゼントで、超うれしく大事にしています。
私、花の中ではシクラメンが一番好きなので~す。

シクラメンさんは、居心地が良いらしい出窓で見事に咲き誇っています。
見てやってくださいな!
IMG_6817.jpg


IMG_6814.jpg

外では、ガーデンシクラメンも。
寄せ植えの色合いが気に入ってます。
IMG_6826.jpg


窓辺で冬越しの子たちも元気です。
多肉ちゃんたちです。
アルバムにリンクしております。
多肉ちゃんたちの文字をくりっくして、ご覧になってくださいませ。


予備発酵!

2019・01・19


踏み込み温床作り



今日の気温は12度とか。
ポッカポッカの穏やかなお日和で、気持ちの良い畑日和でした。

ぼつぼつ、苗立て用の温床を作りましょう。
今年も踏み込む前に、枠外で予備発酵を行うことにしました。
予備発酵をすることで、踏み込んだ時の醗酵むらが起こらないそうです。

大量の落ち葉。
友人知人も、手伝っていただき大量の落ち葉が集まっています。
本当におかげ様です。
IMG_6802.jpg

もみ殻、米ぬか、油粕、尿素が発酵の助っ人です。
IMG_6801.jpg

混ぜ混ぜ!!
お水もたっぷり!!
IMG_6803.jpg

IMG_6804.jpg

IMG_6807.jpg

保温のために、プチプチなどの保温資材で覆います。
農ビでしっかりカバーして出来上がり。
4日ほどで60度くらいまで醗酵してくれると嬉しいんです。
木枠に積み込みかえて、温床の出来上がり!!

結構、時間がかかりましたね~。
くたびれました。







2019年 初種き

2019・01・16


果菜類&葉物類



20日は大寒!!
この冬最強の寒気が下りてくるそうです。

定植時まで暇のかかる果菜の種まきをの始めました。
とまと、なすの苗は、第1果房の花が咲き始めたら畑に定植します。
発芽適温は20度から30度まで。
あんか、発泡スチロールの箱2重に、日当たりのよい窓辺に透明ビニール。
20度前後を保っているようです。
目が離せない日々になる予感!!
IMG_6778.jpg

IMG_6784.jpg
トマトは、F1こくうまチェリー(ミニ)、F1麗夏(大玉)、F1桃太郎ゴールド、シンディースイート、シンディーオレンジ(中玉)
なすは、揚げてトルコ(白なす)、庄屋大長

今月末には、踏み込み温床を手掛けるつもりです。
温度が上がってきたら、引っ越しさせてやりやりましょう。


そして畑では。
小物野菜の種まきを行いました。

不織布、農ビ0.5、黒マルチなどを利用しての初種まき。
サラダ小松菜、ルッコラ、サニーレタス、サラダレタス、パリパリりレタス、こかぶ。

少し早かったかな?
IMG_6785.jpg

IMG_6788.jpg

種の準備

2019.01.14


種の準備!



今年の種カタログも送られてきました。
先日、大阪へ出たついでに寄った四天王寺参道にある種屋さんでも気にいった種を購入してきました。 
(余談ですが、この赤松という種物屋さんは、四天王寺が参詣者でにぎわっていた当時からの創業だそうです。)

冷蔵庫のあまり種も出して検討です。

IMG_6777.jpg

IMG_6756.jpg

楽しみな時間です。







Appendix

Recent Trackbacks

Profile

むぎわらくんちゃん

私の畑だよりブログへようこそ!
家庭菜園を始めて15年ほど。
野菜たちは、毎年違う顔を見せてくれます。
お天道様とともにこの子達の手助けを如何にするか!!
楽しんでいます。